【お客様の体験談:まんぞくまんぞく ハワイ島とホノルル8日間旅行記 その1】

2016年12月16日更新

結婚32周年目を迎え、定年退職する今年。
もう一度、出発地点に戻ろうと思い計画したハワイ旅行。
近畿日本ツーリスト千葉営業所にて、ホリデイツアーに申し込みをしました。
ハワイ島とオアフ島を大満喫のまんぞくまんぞく旅行記のはじまりはじまりです!

第1日目 成田空港〜ホノルル空港〜コナ空港〜ハワイ島ホテル

チェックインカウンター チェックインカウンター

成田空港までは、32年前は福岡空港からの乗継でしたが、今回はJRで直行でした。
空港到着後、近畿日本ツーリストのカウンターにて、搭乗手続き等に関する説明を受けました。
航空会社のカウンターで荷物を預け、手荷物検査と出国手続きを済ませば、あとは機内に乗り込むだけ!

機内 機内

今回の利用航空会社はデルタ航空。外国の航空会社であり、機内でのコミュニケーション等に不安がありましたが、スタッフは日本語に堪能であり、機内放送も日本語訳され、機内食も適量で美味しく、全く不自由はありませんでした。
約7時間の空の旅を終えて、到着したのは常夏の楽園オアフ島のホノルル空港。

ハワイアン航空(ホノルル〜コナ間)/マイタイ ハワイアン航空(ホノルル〜コナ間)/マイタイ

ホノルル空港で入国後、現地の係員さんにすぐに見つけて頂き、ハワイアン航空のカウンターへ案内して頂きました。
3日目にまた訪れることになるオアフ島に一時別れを告げ、航空機でハワイ島コナ空港を目指します。
到着後、現地係員に案内されて荷物を受取り、ワンボックスカーでホテルに向かいチェックイン。
夕食はコース料理でとてもおいしかったです。ドリンクの注文は、英語で初めての名前のものばかりで迷いました。
ここまで来て「バドワイザーはない。」と思いましたので「マイタイ」をオーダーしたところ、これが結構効きました。

第2日目 ハワイ島観光

キラウエア火口/ボルケーノ溶岩ウォーク キラウエア火口/ボルケーノ溶岩ウォーク

★ボルケーノ溶岩ウォーク
コナ周辺とは風景が一変し、荒涼とした溶岩の中をひたすら進みます。映像でしか見たことのなかったキラウエア火口に自然の凄さを感じました。
溶岩の大地は凹凸で不安定ですので、歩きやすい靴をお勧めします。
また、溶岩の中に宝石の原石を含んだものがありますが、持ち帰りは禁止です。

オニヅカ・ビジターセンター/マウナケア山頂サンセット オニヅカ・ビジターセンター/マウナケア山頂サンセット

★マウナケア山頂サンセットと星空観賞
登山前に「オニヅカ・ビジターセンター」で体慣らしと夕食。
事前の慣らしのおかげか体調も特に変わったところはなく、サンセットを十分に満喫できました。
パンフレットに記載の参加注意事項はよく守り、体調管理をしっかりすることは大切です。
星空観賞はまさに満天の星で別世界。
北斗七星や北半球では見ることのできない南十字星、設置された天体望遠鏡で見た「土星の環」は絶品です。


※2016年6月6日出発 まんぞくまんぞくハワイ島とホノルル8日間コースにご参加された松尾剛志さん、千恵美さんご夫婦
(当旅行記に記載の内容には、一部松尾様ご自身でお申込み・ご手配されたオプショナルツアーおよび食事等が含まれます。)

おすすめのハワイ島へ行くツアーをご紹介します。

ワイピオ渓谷展望台

【10月〜2017年3月出発】ロイヤル・コナ・リゾートに泊まる ハワイ島 5日間
カイルア・コナの南端に位置する大型ホテル。
1階のレストランからの夕陽は大変美しく地元でも人気。
レストランやショッピングなどの店が集まるカイルア・コナの中心エリアまでは徒歩圏内で便利なロケーションです。 お手頃価格でハワイ島を楽しみたい方へおすすめ。

ツアー詳細はこちら

コーヒーの実

【2017年4月〜5月】ハワイ島(3泊)+ホノルル(2泊) 7日間
ゴールデンウイークに行くハワイ島
ハワイ島で毎朝食(ホノルル移動日を除く)とホテル内レストランの夕食1回付です。
ハワイ島⇒ホノルル到着時と帰国日は、バス送迎付き。

ツアー詳細はこちら

マウナケア

【2016年4〜10月出発】ハワイ島+ホノルル 6日間
世界遺産の火山と星空の島 ハワイ島2泊と、ホノルル2泊のプラン。
ハワイ島では広大な敷地にラグーン、スパ、ゴルフコースなど遊びとくつろぎを両方楽しめるヒルトン・ワイコロア・ビレッジに宿泊

ツアー詳細はこちら

上記以外のハワイのおススメツアーはこちら

関連キーワード