世界一住みやすい都市!「メルボルン」でおすすめの観光スポット7選

2017年9月20日更新

オーストラリアの「メルボルン」をご存じですか?
実は”世界で最も住みやすい都市*”に6年連続で選ばれているオーストラリア第二の都市です!
英国風の建物が連なる美しい街並み、街を行き交うトラム(路面電車)、おしゃれなカフェに、郊外にはワイナリーや蒸気機関車、グレートオーシャンロードなどなど…見どころ満載です!
初めて行くけど、どこに行ったらいいか迷っちゃう、どんな予定を立てたらいいのかわからない…そんな方に、「ここを押さえれば間違いなし!」のメルボルン旅行におすすめのスポットをご紹介します。

*英国・エコノミスト誌の調査部門が毎年世界140か国を対象に「安全性」 「医療」「文化・環境」「インフラ」 「教育」の項目を100点満点で採点をしたランキング

まずは【世界遺産】ロイヤルエキシビションビルディング!

ロイヤルエキシビションビルディング/外観 ロイヤルエキシビションビルディング/外観

まずは、メルボルン旅行に行ったら外せない、メルボルンの世界遺産からご紹介。
オーストラリアといえばコアラやグレートバリアリーフなど、自然がメインのイメージがありませんか?
実は、自然だけでなく文化遺産としての建築物の世界遺産も2つあります!!
1つはあの有名なシドニーのオペラハウス。もう一つがここ、メルボルンにある「ロイヤルエキシビションビルディング」です。

ロイヤルエキシビションとカールトン庭園 ロイヤルエキシビションとカールトン庭園

1880年に開催された万国博覧会のために建てられたこのロイヤルエキシビションビルディングは、なんと世界で最も古い展示場のひとつ。
ビザンチン、ロマネスク、ルネッサンスなど、様々な建築様式を取り入れているということもあって、ロイヤリティあふれる高貴な外観だけでも見応え十分!
また、この建物には庭園が隣接されていて、クラシックな噴水や並木道など美しい景観も楽しめます。トラムに乗って簡単に行けるので、メルボルンに行ったらぜひ訪れてみてください♪

南半球で最も高い展望台!ユーレカ・スカイデッキ

ユーレカ・スカイデッキ/外観 (写真左) ユーレカ・スカイデッキ/外観 (写真左)

次は近代的な観光スポットをご紹介♪2007年にオープンした「ユーレカ・スカイデッキ」です。
写真だけ見るとただの高層ビルのように思えますが、実はここ、南半球で最も高い展望台なんです!

ユーレカ・スカイデッキから見るメルボルンの夜景 ユーレカ・スカイデッキから見るメルボルンの夜景

88階にある展望台へは秒速9メートルの高速エレベーターで、たったの40秒で連れて行ってくれます。
そして、展望台に到着すると360度ビューでメルボルンの街を一望することができます!日中はもちろん、夜景もとても美しくておすすめです♪

ユーレカ・スカイデッキ/ザ・エッジ ユーレカ・スカイデッキ/ザ・エッジ

こちらは、天井・壁・床が突然透明に変化し、デッキから飛び出す仕掛けの「ザ・エッジ」。
全面ガラス張りで、眼下にメルボルンの街並みを堪能できます。まさにスリル満点!興味がある方はぜひ体験してみてください。
※強風など天候により入れない場合があります。

観光の途中はカフェでひとやすみ♪

カフェ通り カフェ通り

メルボルンはオーストラリアカフェ文化発祥の地。街の中心に入ればそこはカフェ文化の世界。小さなカフェがひしめき合い、テーブルと椅子がずらりと並ぶ、コーヒーの香りが広がるおしゃれな空間が広がります。 そんな見逃せないメルボルンのカフェをいくつかご紹介します♪

ホープトン・ティールーム ホープトン・ティールーム

まずはこちら「ホープトン・ティールーム」。メルボルンでは珍しく毎日行列ができる人気カフェです。19世紀から続く美しいブロックアーケードで昔から営業を続ける由緒あるティールーム。地元の人たちに愛され、ランチ、午後のティータイムと、いつでも賑わう店内では、女性たちがおしゃべりに花を咲かせています。メルボルンならではの、優雅なお茶の時間を体験してみてはいかがですか?

ロイヤルアーケード ロイヤルアーケード

こちらはロイヤルアーケード。メルボルン最古のクラシックアーケードです。
ここにはメルボルン発のカフェ「ココブラック」があります。高級プレミアムカカオを使った美味しいチョコレートドリンクが飲める店として、地元でも人気です。ゆったりと心ゆくまで、口どけのよい美味なチョコレートドリンクを楽しめますよ♪

南半球最大のマーケット!クイーンビクトリアマーケット

クイーンビクトリアマーケット

こちらは1878年から続く歴史あるマーケット「クイーンビクトリアマーケット」!野菜や果物、衣料品から日用雑貨まで、1000件ものお店が並ぶ市内最大のマーケットです。
地元のオーストラリア人で賑わっていて、メルボルン市民の生活を垣間見ることができます!

こんなカラフルで可愛い石鹸もあったり、見ているだけで楽しくなってしまいます。
歩いていると試食もすすめてくれるので、マヌカハニーやチーズなど、地元の特産品が食べられるかも!

郊外の観光スポットも必見!ヤラバレー(ワイナリー)と蒸気機関車

ワイナリー「ドメイン・シャンドン」 ワイナリー「ドメイン・シャンドン」

メルボルンの観光名所はこれだけではありません!
郊外に出ればさらに魅力的な観光スポットが数多くあります。
まずは、メルボルンから車で約1時間、オーストラリア有数のワインの産地・ヤラバレーからご紹介♪

レストラン併設のワイナリーが点在するこのブドウ畑では、ワインの試飲と食事を楽しむことができます。今回行ったのは、フランス発の名ワイナリー「ドメイン・シャンドン」。日本でも有名なモエ・シャンドンの国外産地で、スパークリングワインが有名です。

ワインテイスティング ※1種類のみ試飲できます。 ワインテイスティング ※1種類のみ試飲できます。

ここではワインの試飲ができます。♪1番のおすすめは、日本で飲むことのできない赤のスパークリングワイン(写真右端)。まさにワインレッドという感じの美しい色味で、味は赤だけどフルーティーで、フレッシュで飲みやすくとーっても美味しかったです。

蒸気機関車“パッフィンビリー号” 蒸気機関車“パッフィンビリー号”

美味しいワインを味わった後は、ヤラバレーから車で約50分の丘陵へ。
ここでは世界最古の蒸気機関車“パッフィンビリー”に乗車できます!
大人も子供も窓から足を出して乗車ができ、子供にもどったようなわくわくした体験ができます♪(もちろん普通に座って乗車してもOK)

可愛いリトルペンギンに会える!フィリップ島

※音声付き動画です。再生時の音量にご注意ください。

続いてご紹介する人気の郊外スポットは、メルボルンから車で1時間半程の場所に位置するフィリップ島。
世界最小・体長30センチほどのリトルペンギンが生息しています。
日没後にリトルペンギンが海から上がり巣に戻っていく様子をみれるのはここだけです!

※音声付き動画です。再生時の音量にご注意ください。

日没後、いっせいに巣へ戻って行くリトル・ペンギンの行進は、海岸の見学用スタンドから間近で見られます♪
赤ちゃんみたいにヨチヨチ歩く姿や、転びそうにふらつきながら進む様子は、たまらなく可愛いです!
旅先でかわいいペンギンに癒されるのはいかがですか?

世界で一番美しい海岸線!グレート・オーシャンロード

グレートオーシャンロード グレートオーシャンロード

最後にご紹介するのは地球上で最も美しいと言われる海岸線!“グレート・オーシャンロード”。
車のCMやアーティストのPVで使われているので「見たことある!」という人も多いのではないでしょうか?
約260キロ続く海岸線沿いでは、自然が作り上げた雄大な景観を楽しむことができます。

グレートオーシャンロード/奇岩群 (C)Roberto Seba グレートオーシャンロード/奇岩群 (C)Roberto Seba

そして、このグレート・オーシャンロードで注目したいのが、海岸線に点在するアートのような“奇岩群”です。
中でも有名な奇岩群“12人の使徒”は海から現れる神々しい姿から、イエスの12人の弟子になぞってその名が付けられました。

グレートオーシャンロード/奇岩群 グレートオーシャンロード/奇岩群

“12人の使徒”のポイントでは、車を駐車場に止めて奇岩群沿いの道(ビューポイント)を歩きながら写真撮影が可能です。間近にみる奇岩群は迫力満点!
ぜひ旅のしめくくりにグレートオーシャンロードを訪れてみてください。きっと忘れられないメルボルン旅行になります!

おすすめのツアーをご紹介します。

JAL直行便で行くメルボルン 5日間
2017年9月1日より、JAL・成田〜メルボルン線が毎日就航!日系の航空会社で乗継ぎなしでメルボルンへ♪自由な滞在を楽しめるフリープランコースです。

インターネット限定 フリープランメルボルン
・インターネット専用ツアー
・ホテル・飛行機・空港〜ホテル間の送迎のみのシンプルプランです。
・カンタス航空利用
この記事を書いた人

Web担当者:堀江
メルボルンは今回初めて行きましたが、街歩きも楽しい!郊外も楽しい!1度で2度美味しい都市という印象を抱きました。おしゃれなカフェや、可愛い動物が大好きな私にとって、メルボルンは最高の都市です♪みなさんもぜひ訪れてみてください。