【11月がベストシーズン】海外旅行先におすすめ10選【秋の旅】

2018年9月3日更新

暑かった夏も過ぎ、心地よい風が吹き始める秋。どこかに行きたい!そんな意欲が湧いてきますよね。
今回は11月出発がおすすめ海外旅行先を10ヵ国ピックアップ。11月に開催されるお祭りや、季節的にベストなタイミングのエリアをたくさんご紹介します。

乾季のハワイ

1.年に一度の「タイ・ロイクラトン祭り」を満喫!
■最低日数:3日間〜
■羽田からの所要時間:約7時間
■予算:☆
■時差:日本より2時間遅い
■チェック:2018年11月22日開催。多くの人々が願いを込めた、無数の天燈が夜空に上がっていく光景は圧巻です!

人気アニメ映画のモデルになったといわれている「ロイクラトン祭り」はタイのチェンマイ各地にて、1年に1度行われます。「コームロイ」と呼ばれる天燈そのものは想像以上に大きいので周りの人と協力して火を点けて、十分に膨らんでから願いを込めて夜空に放ちます。灯りが夜空に消えるとき、苦難も一緒に消えると言われているそうです。一生に一度はぜひこのお祭りに参加して、光の絶景を体感してほしいです。

ロイクラトン祭りをもっと詳しく

景福宮内にある香遠亭の紅葉(イメージ) 景福宮内にある香遠亭の紅葉(イメージ)

2.行楽シーズン到来!秋の「韓国」
■最低日数:2日間〜
■成田からの所要時間:約2時間30分、羽田:約2時間20分。
■予算:☆
■時差:なし
■チェック:秋の韓国は一年でもっとも過ごしやすい気候です。あったかグルメは要チェック!

韓国にも日本と同じように四季があり、ソウル市内は毎年11月ころから木々が色づきはじめます。気候も良いのでお散歩がてらカフェめぐりをしてゆっくり過ごすのもオススメ♪また、韓国のハワイと言われる済州島や韓国第2の都市である釜山では、この時期だから見られる紅葉した自然豊かな風景を楽しめます。
秋のソウルの過ごし方はこちら>>

韓国をもっと詳しく

グラフトンのジャカランダ並木 グラフトンのジャカランダ並木

3. 南半球では11月は春 「オーストラリア」
■最低日数:5日間〜
■成田からの所要時間:約9時間(直行便)
■予算:☆☆
■時差:日本より1時間早い(ゴールドコースト)
■チェック:毎年10月下旬〜11月上旬にジャカランダ祭が開催されます。

1934年にスタートしたジャカランダ祭り。ジャカランダは世界三大花木の1つで、オーストラリアの春の訪れを知らせる花として愛されています。桜のように2週間程度で散ってしまいますが、散った花弁が作り出す青紫の絨毯もまた美しく、むしろ満開より少しあとの方が見ごたえがあるかもしれません。

※2018年のジャカランダツアーは受付終了しました。

オーストラリア特集はこちら

ルピナスの群生とテカポ湖(C)Earth&Sky Ltd ルピナスの群生とテカポ湖(C)Earth&Sky Ltd

4. 色彩豊かな春の「ニュージーランド」
■最低日数:5日間〜
■成田からの所要時間:約10時間半(直行便)
■予算:☆☆
■時差:日本より3時間早い(9/30〜4/6はサマータイムで4時間早い)
■チェック:南半球は9月〜11月が春。テカポ湖のルピナスやクライストチャーチの庭園など、色華やかな景色を楽しむことができます。

星空のイメージの強いテカポ湖ですが、11・12月になると湖畔にピンクや紫のルピナスが開花します。湖の青、山の緑とのコントラストがとても美しい季節です。また、クライストチャーチには緑豊かな公園やバラ園、国内最大級の植物園もあり、ニュージーランドが一番華やかに色づきます。

ニュージーランドをもっと詳しく

タージ・マハール タージ・マハール

5.人生で一度は行ってみたい!神秘の国「インド」
■最低日数:4日間〜
■成田からの所要時間:約9時間半〜10時間(直行便)
■予算:☆
■時差:日本より3時間半遅い
■チェック:現地到着からお帰りまで日本語ガイドが同行するツアーなら、はじめての方でも安心。ひとり旅も人気です!

様々な文化が融合する神秘の国インド。タージ・マハールや聖なる河ガンジスなど魅力的なスポットが満載です。地域柄、インドは常に暑い!と思っていらっしゃる方が多いかもしれませんが、実はそれは間違い。インドは10月〜6月の乾期、7月〜9月の雨期に概ね分けられ、乾期の中でも最も暑くなるのは4月〜5月。逆に12月〜1月は北部では10度以下に冷え込むこともあります。11月頃は気温が落ち着き、雨も少なく年間を通じて最も快適に過ごせるシーズンとなります。

インドをもっと詳しく

(C)ニューカレドニア観光局 (C)ニューカレドニア観光局

6.南太平洋のプチフランス「ニューカレドニア」
■最低日数:5日間〜
■成田からの所要時間:約8時間30分
■予算:☆
■時差:日本より2時間早い
■チェック:10〜12月は一年のうち一番雨が少なく観光しやすい季節です。

ニューカレドニアには、世界遺産に登録された美しいラグーンがあり、シュノーケリングやダイビングが楽しめます。また、個性溢れる離島は宿泊するからこそ見られる絶景があります。世界遺産の海に囲まれた「イルデパン島」は天然プールという意味の「ピッシンヌ・ナチュレル」があり、透明度は抜群です。また、映画「天国にいちばん近い島」の舞台としても有名な「ウベア島」やニューカレドニア唯一の水上バンガローがあり珊瑚に囲まれた美しい島「メトル島」など一度は訪れたい憧れの場所です。

ニューカレドニアをもっと詳しく

カンクン カンクン

7.カリブ海リゾートのベストシーズン!「メキシコ」
■最低日数:6日間〜
■成田からの所要時間:約12時間半(直行便)
■予算:☆☆
■時差:日本より14〜16時間遅い
■チェック:乾季のベストシーズン!メキシコならではのお祭り「死者の日」も見どころ。

9〜10月のハリケーンシーズンが過ぎ、11月頃からメキシコは乾季を迎えます。絵に描いたようなターコイズブルーの海が美しい「カンクン」では、ビーチでの遊泳が可能になります。12月には欧米からの観光客が増えるため、狙い目の時期と言えます。また、10月31日〜11月2日の3日間は日本のお盆にあたる「死者の日」。カラフルなドクロがあちこちに飾られ、メキシコらしい陽気さで死者たちを迎えます。

ウユニ塩湖ウユニ塩湖

8.いよいよ鏡張りのシーズン到来!「ボリビア・ウユニ塩湖」
■最低日数:8日間〜
■成田からの所要時間:約21〜23時間
■予算:☆☆☆
■時差:日本より13時間遅い
■チェック:11月下旬から雨が降り始め、「天空の鏡」が姿を現します。

雨季のウユニ塩湖は一面が水で満たされ、「天空の鏡」と呼ばれる幻想的な風景が広がります。雨季の始まる11月下旬頃は10,000平方km(秋田県と同じくらい)もの広大な湖の中で、“鏡張りの世界”と“真っ白な塩の砂漠の世界”、そのどちらも楽しめる可能性があるシーズン。雨の降り始める時期は例年異なりますが、トリック写真や塩のホテルなど、ウユニでしか出来ない体験は素晴らしい思い出になること間違いなしです。

ジュメイラビーチ 写真提供:ドバイ政府観光・商務局 ジュメイラビーチ 写真提供:ドバイ政府観光・商務局

9.世界一のアラビアン・リゾート「ドバイ」
■最低日数:5日間〜
■成田からの所要時間:約11時間半(直行便)
■予算:☆☆
■時差:日本より5時間遅い
■チェック:世界一の高さのビルや世界一美しいスタバなど、フォトジェニックなドバイを観光するベストシーズン。

気温が50度を越える真夏を過ぎ、日本の秋のように爽やかな気候になる11月のドバイ。世界一高いビル「バージュ・カリファ」をはじめ、ドバイには数多くの世界一があります。そんな驚きにあふれたドバイの名所めぐりや、砂漠を4WDでスリリングに走り抜けるデザートサファリなどの観光を楽しむにはこの時期が最適です。

きらめく100万ドルの夜景/ビクトリアピーク きらめく100万ドルの夜景/ビクトリアピーク

10.世界三大夜景の街「香港」
■最低日数:3日間〜
■成田からの所要時間:約4時間半(直行便)
■予算:☆
■時差:日本より1時間遅い
■チェック:空気が澄んだ晴天の日が増え、一年で一番美しい夜景とイルミネーションが楽しめるシーズン。

秋の香港は湿気も少なく、日本の9〜10月頃の服装で過ごせる観光のベストシーズン!100万ドルの夜景もこの時期が一番きれいに見えると言われています。11月下旬にはクリスマスイルミネーションの準備が始まり、街の雰囲気はさらに煌びやかに。人気の香港ディズニーランドでもクリスマスイベントが始まります!
著者

Web担当者:関
朝、家から駅に歩くだけで汗だく、どこにも遊びに行っていないのに通勤だけで日に焼ける、道を歩けばセミを踏み、暑さを理由にビール腹。そんな切ない夏を経てようやく訪れる待望の秋。秋というと「行楽」という言葉がよく使われますが、行楽とは本来「野や山に出かけて楽しみ遊ぶこと」という意味だそうです。山はともかく野とは。話が逸れましたがともかく秋は出かけるのに最適の季節、南半球は春、というイレギュラーも頭に入れつつ地球上の山や野で楽しみ遊んでください!