• 近畿日本ツーリスト
  • 【ハワイ企画担当者の旅日記・第5回】絶景!ハワイ島を大満喫するヘリコプター遊覧のススメ

【ハワイ企画担当者の旅日記・第5回】一生に一度は見たい絶景!
ハワイ島を大満喫するヘリコプター遊覧のススメ

2017年8月31日更新

ハワイ島はハワイ諸島の中でも一番大きい「BIG ISLAND」(ビッグアイランド)の愛称で呼ばれている島です。 オアフ島のホノルル空港から国内線を利用して約40分で到着する場所に位置し、2016年12月には羽田空港からハワイアン航空、2017年9月からは成田空港からJALの直行便が運航しています。

ハワイ島の1番の魅力は、2つの気候が織り成す大自然!
島の西側はほとんど雨が降らない乾燥地帯が広がる火山性気候、東側は雨が多く緑が生い茂る熱帯性気候。そんな自然の神秘が造りだす自然を体感できるのがここ、ハワイ島なんです!
今回ぜひオススメしたいのが、活火山のキラウエア火山を上空から眺めるヘリコプター観光!
乾燥地帯と熱帯地帯の変化を上空から見ることが出来て、ハワイ島のおいしいとこどりが出来ちゃうことに加えて、絶対に誰もが「すごい。。。」と口を揃えて言ってしまうような、大迫力の体験が出来るんです!

1. ヘリコプターにいざ搭乗!

最新機種のヘリコプターで出発!

ヘリコプターはパイロットを含めて8人乗りの最新機種!
とても窓が広いので、窓際の席でなくても十分景色を見渡すことが出来ました!
席の配列は、残念ながら自分で指定することはできません。チェックインの時に体重測定をされるので、その体重のバランスによってヘリコプター会社が決定するんです。ちなみに私は前列の真ん中でした。

ヘリコプター前列真ん中の席からの景色

イケメンのパイロットさんの操縦のもと、いざ出発♪
飛行機とは違い、ふわ〜っと真上に浮き上がっていく感じはヘリコプターならではの感覚!どんどん高度があがっていくと、今まで地上からでしか見てこなかった月面のような殺風景な火山地帯が広がります。溶岩が流れて固まった後なんかも見ることが出来て、異世界にきたみたいで興奮!
……でもあんまり写真映えはしないんですよね。笑
この光景は絶対に自分の目で見るべき!

2. 世界遺産キラウエア火山国立公園に到着!

ハレマウマウ火山口

遠くにモクモクと地上から煙が出ている場所を発見!
これは世界遺産キラウエア火山国立公園にある「ハレマウマウ火山口」です。
この火山口は展望台からも見ることが出来ますが、ヘリコプター遊覧のならではのポイントはここ!展望台からは地上からの目線なので火山口の詳細は見ることが出来ませんが、ヘリコプターなら火山口をはっきりと上から見ることが出来るんです!

火山口から出る噴煙

ちなみにこのハワイ島にある火山から出る噴煙。日本の火山から出る噴煙と大きな違いが1つあります。
それは「火山灰の少なさ」。言われてみると、煙がそこまで真っ白ではないですよね?
日本の火山は一度火山が活発化すると、周辺が火山灰なんかで被害を受けたりしますが、ハワイ島はそれがないんです。
だからこんなに近くで見たりすることが出来るんですね!

上空から見たハレマウマウ火山口

このハレマウマウ火山口を上から見るとこんな感じ!
よ〜くみると、モクモクと噴煙を上げている奥の方で赤く光る溶岩も発見!こんな経験、火山が多い日本でも体験出来ないですよね。。。
このハレマウマウ火山口は比較的落ち着いた火山口なので展望台などでも見ることが出来るんですが、次に紹介する火山口は周辺が立ち入り禁止区域になっている、今最も活発化している火山口です!

3. 大迫力!!なプウオウ火山

プウオウ火口

ハレマウマウから約5分東へ進むと、先ほどの火山口とは様子が違った火山が現れます!
これが「プウオウ火口」。ハレマウマウと同じキラウエア火山の中でも活発に活動中の火口です。
2年ほど前、ハワイ島で噴火のニュースがあったことを覚えてらっしゃるでしょうか?
溶岩が街を飲み込む寸前にまでなり、日本でもニュースになったあの火山が、このプウオウ火口です!

プウオウ火口からの噴煙

ものすごいスピードで噴煙が大地から吹き出てきます!
このプウオウ火山をほぼ真上からぐるっと2周、パイロットさんが飛行してくれました!
実はこの時、装着していたヘッドホンからもドキドキするようなBGMが流されていました。このヘリコプター遊覧の中でも興奮度MAXなポイントです!

プウオウ火山上空をヘリコプターでぐるっと旋回

※音声付き動画です。再生時の音量にご注意ください。

私がスマートフォンで撮影してきた動画です!
ちょっと雨が降っていたので、窓に水滴が付いて見づらいかもしれませんが…大迫力ですよね!!!!こんなに近くで生きている火山を見ることが出来るんです!!
この時はニュースになった時ほどの勢いはありませんでしたが、この火山口の近くではまだ赤く流れる溶岩なんかも少し観察できました!

4. 熱帯雨林地帯に突入!

ハワイ島東側へ

ここで約1時間の飛行が終了。約10分の休憩を終え、次は熱帯雨林地帯が広がるハワイ島の東側に迫ります!
さっきまで赤茶けた大地が続いていたのに、徐々に緑が増えてきました。よーく見ると滝が連なる川なんかも見えます!
まるで違う島に来たみたいでびっくりしました!

上空からクジラを発見!

海の上も飛行します!
私が行った3月は、ちょうどザトウクジラがハワイにやってくる季節。(ザトウクジラは冬から春にかけて子育てのためにハワイにやってきます)
「クジラ、見れたらいいなぁ」なんて思いながら海面を見ていると、パイロットさんが「ホエール!!!!」と見つけてくれました!
しかもブリッジング(そり返って海面を飛ぶ、あの姿です!)していて、感動です!!

5. 最後の見どころ!ハマクア渓谷へ!!

ハマクア渓谷

ハワイ島独特の溶岩が砕けて出来た黒い砂浜を越え、滝に削られてできた渓谷をぬぐっていきます。
ベルベットのように緑が広がる渓谷に細く長く流れる滝が印象的。
パイロットさんは安定した飛行で滝や滝壺あたりを飛行してくれます。

渓谷の間を飛行!

すり鉢状の渓谷の中を飛行していると、大自然に包まれているような、そんな感覚に。そしてこのハマクア渓谷でもヘッドホンからBGMが流れていて(この時はエンヤのしっとりとした音楽が流れていました)、何百年もかけてこの渓谷が形成されてこの美しい景色となっていると思うととても感動しました。

ハワイ島の雄大な景色を眺めながら飛行場へ

そしてこの渓谷を越えていくと、急に青空が出てきて乾燥地帯へと戻っていきます。
約2時間の空の旅でしたが、大地の変化や景色の変化、気候の変化も体感することが出来、とても貴重な体験が出来ました!
もちろんヘリからでしか出会えなかった、あの大迫力の絶景も是非見ていただきたい!実際に自分が体験してみて、必ずおすすめ出来ると感じました。

おすすめのハワイツアーをご紹介します。

満天の星空

ビッグアイランド・ハワイ島絶景紀行
ハズせないマウナケアの星空観賞とハワイ島の見どころ3名所を、日本語ガイドがコンパクトにご案内します。追加代金にて、世界遺産キラウエア火山遊覧飛行にもご案内!

ツアー詳細はこちら

ハワイ特集はこちら!

この記事を書いた人

ハワイ企画担当者:河村 愛美
実は企画担当者になって、初めてのハワイ島訪問!そこでこのヘリコプター遊覧を体験してきました!普通では見られない角度からの絶景に感動の連続でした。でもちょっとだけアドバイス…!色んな角度から火山口や渓谷を見せてくれるので、ヘリコプターは結構ぐるぐると回ります。酔いやすい方は是非酔い止めを飲んでからご参加くださいね!