• 近畿日本ツーリスト
  • 【企画担当者の旅日記・第9回】1泊2日で行ける!!絶景もグルメもショッピングも楽しめる釜山のおすすめ7選

【企画担当者の旅日記・第9回】1泊2日で行ける!!
絶景もグルメもショッピングも楽しめる釜山のおすすめ7選

2017年8月22日更新

日本から一番近い国・韓国。その中でも釜山(プサン)は日本から一番近い外国の街!
距離的にも旅行代金的にも、国内旅行感覚で海外旅行に行けちゃいます!

で、「釜山ってどんなとこ?ソウルの縮小版?」そんな方のために、今回は実際に釜山の魅力を視察してきました! 食べて良し、観て良し、遊んで良し、買って良し♪ 男同士でも女同士でも夫婦でもカップルでも楽しめるスポットが色々あるんです。
「昔行ったことあるよ〜」という方も、ここ数年でがらりと変わった港町・釜山にびっくりしますよ!
僕個人的には今からが一番おすすめの季節。日本人のお客様にとって一番の目的「カニ」を中心にご紹介します♪

1. 今回はエア・プサンを利用しました

エア・プサン

関空から釜山までの直行便は、現在3つの航空会社が運航しています。その中で今回の旅ではLCCの「エア・プサン」を利用しました!
LCCといえば、気になるのは機内サービス。
フルサービスの航空会社と比較して、無いものはブランケット(有料)、アルコール(有料のビールあり)、ビジネスクラス席&ラウンジ。
他のLCCは非常にシートの感覚が狭く、自分でも膝が前のシートにあたり、背中側も後ろの人の膝があたった感触がわかるほどでしたが、エア・プサンは通常のエコノミークラスと変わらない広さ。

エア・プサンの機内食

機内食も出ます!内容は往復とも温かいサンドイッチやホットドッグのようなもの。写真のように箱に入って提供されます。
日本から韓国への路線では温かい食事が提供されることは少ないので、好印象でした。飲み物は100%のオレンジジュースとミネラルウォーターが出てきます。

預け荷物や手荷物の制限もフルサービスの航空会社と変わらないのもうれしいポイント。たっぷりおみやげを買ってしまっても安心です!

2. 韓国と言えば!のグルメを最新おしゃれエリアで♪

マリーナエリア

たった1時間のフライトで釜山に到着!初日からたっぷり観光を楽しみましょう!!
まずは昼食を食べに、最近まで釜山に滞在していた航空会社スタッフさんイチオシのレストランに向かいます♪

「マリーナエリア」は超高層ビルが建ち並ぶ、ここ数年で一変した地域です。
目の前に広がる海、光輝く高層ビル、その景色を楽しみながら寄り添うカップル……おとなのおしゃれ空間は、今までの釜山のイメージを払拭する魅力的なスポットになっていました!
ラグジュアリーホテルの「パークハイアット」をはじめとしたビルの一部は分譲マンションとなっていて、韓国の芸能人など高所得者が別邸として所有しているのだそう。そのおかげか、周辺にはおしゃれなカフェやレストランが続々オープンしています。

大都の韓牛焼肉

そんな新しいエリアに、「THE BAY 101(ザ・ベイ101)」というおしゃれなレストランが集まった商業施設が昨年春にオープンしました。
目指すは「大都」という韓国焼肉レストラン。韓国に来たらやっぱり焼肉は食べておきたいですよね!

お肉を注文すると、カクテキやサラダなど付け合わせも多数出てきます。
このお店で食べられる肉は“韓牛”。味は非常に◎!! 脂が多すぎず、でも柔らかく、店員が皆のペースを考えながら焼いてくれて、焼き具合も絶妙。
最後に韓国風のシャーベットで口直しまで。到着早々、大満足な釜山グルメをいただきました!

3. 絶景の廃線ウォーク&日本ゆかりの松亭駅

廃線ウォーク

たっぷり韓国焼肉を堪能したら、腹ごなしに釜山観光へ!

2013年に多くの鉄道ファンに惜しまれながら廃線となった「国鉄東海南部線」の海雲台〜松亭駅間。昨年春からその線路が解放され、線路の上を歩くことが出来るようになりました!
なぜこの路線が人気だったかというと、車窓からの景色!つまり、今ではその車窓からの素敵な景色をゆっくりと歩いて楽しむことが出来るんです。
線路の全長は約3km。全てを歩くのはシンドイけれど、鉄道が好きな人じゃなくても写真のように面白いポイントが!

松亭駅

路線の西端にはトンネルや海を眺めるスポットがあり、東端では「松亭駅」という日本人によって造られた日本風の駅舎を見学することができます。
写真のとおり、まるで日本のローカル線にあるみたいな駅舎です。

線路の上を歩ける機会ってなかなかありませんが、某映画をイメージしたりして意外とテンションが上がりました!

4. 断崖に建つ絶景のお寺!

海東竜宮寺

釜山から東へ車で約30分(当日は少し渋滞していました)、機張(キジャン)へ向かいます!
機張を訪れる日本人の主な目的は市場ですが、他にもぜひ訪れていただきたい観光スポットがあります。
山寺の多い韓国にしては珍しく、海に面して建てられた絶景のお寺「海東竜宮寺」です!
海東竜宮寺の歴史は古く、約650年前に創建されたといわれています。日本でもなじみ深い観音様を祀ったお寺です。
誰もが心から祈れば必ず一つの願いを叶えてくれると伝えられ、多くの参拝客が訪れています。

海東竜宮寺からの夕景

願い事も魅力の1つですが、このお寺は何と言っても景色が抜群です!!
訪れたのは夕刻でしたが、水平線と夕景が見事にマッチしたウットリするような景色を見ることができました!!(男ばかりの旅だったことが残念な感じでしたが……)
参道には十二支の石像が建っています。是非自分の干支と記念写真を!

5. まさに旬!!釜山・機張のカニをご賞味あれ!!

機張市場(キジャンシジャン)

今回視察のメインイベント”カニ”を食します!!!
機張の市場はカニ以外も魚介類がいっぱい売られていて、食べたいものを選んでそのまま店内で調理……という店が多数並んでいます。
日本語で「オニイサン!カニオイシイヨ!」と声をかけられながら市場を散策し、目的のカニレストランへ。

おいしそうなカニを選びます!

ここではまずカニ選びから始まります!
基本的にカニはズワイガニ。値段は時価ですが、大きさや種類によって値段が設定されています。計量機で量ってお会計!

(参考に、当時は1kg=50,000ウォン/約5,400円、40,000ウォン/約4,300円、30,000ウォン/約3,200円の3種類でした。日本の相場だと冷凍のカニ足で1kg3,000円〜程度するので、新鮮な、しかもカニミソも含めたまるごとのカニを食べられるのはものすごくお得!!)

4人分の茹でガニ!

その場でワタをとってもらい、蒸し器にIN!その間にレストランの座席へ。
カニを食べる時もやっぱり韓国流で、パンチャン(キムチなどおかずの小皿盛り)を食べながら、メインディッシュの登場を待ちます!

いよいよカニが登場! 見た目は日本のカニに比べると……
いや、食べてみましょう………

美味しい!!!
決して美しい盛り付けではありませんが、やっぱりズワイガニ!肉厚、ジューシー、とっても美味です。
我々男性4人で食しましたが、1人1kgは食べきれず……残念。

カニ味噌チャーハン

そしてそして、最後はカニ味噌チャーハンでシメ!蟹味噌のコクと韓国海苔で味付けされた絶品チャーハンでした。
正直、実際に食べてみるまでは「カニなんて日本でも食べれるし……」という気持ちもありましたが、ここまで来た甲斐がありました。大満足!!

機張では一年中ズワイガニを食べることができますが、旬はもちろん日本と同じ冬。11月〜2月頃、まさに“今”が一番おいしい時期と言われています!

6. 芸術の街「甘川文化村」

まるでマチュピチュ!甘川文化村

旅のメインを堪能した後は、その他に気になっていたスポットを巡ります。
市内から車で約20分、ここ最近観光客が急増したという話題のスポット「甘川文化村(カムチョンムナマウル)」。
山の麓に形成された村で、様々な屋根の色の家々がまるで1枚の絵のように美しく立ち並んでいる風景は「釜山のマチュピチュ」とも呼ばれています。
遠景を見てもカラフルでおもしろいですが、ここは村の中を散策してもおもしろい!村中の至るところにアートな作品が隠れています。

アートなスポットで記念撮影!

たとえば背中に合わせて記念撮影が楽しめる羽のアート。
入り組んだ路地の中を、地図を片手にこういったおもしろいアートをたくさん巡っていきます。それだけでも十分楽しめますが、せっかくなので記念のポストカードがもらえるスタンプラリーに参加するとより楽しくなると思います。僕は滞在時間が短かったのであきらめましたが、ゆったり来られる方は是非スタンプを集めてみてください!!

村を見下ろす星の王子様

村のシンボル的存在の「星の王子様」の像。(星の王子様といえば、ただいま映画も公開中ですね!)
記念写真を撮ろうとする観光客の方が列を作っていました。王子様の隣に座って一緒に村を見下ろしているような写真を撮っている勇気のある方の姿も!(僕は高所恐怖症なので無理です!撮影される方はお気をつけて……)

今となっては観光客がたくさん訪れている村ですが、観光していると実際に生活していらっしゃる住民の方の姿も見られます。是非マナーには気を付けて観光をお楽しみください!

7. なんでも揃う国際市場は買い物の宝石箱やー!?

国際市場

旅の最後にたっぷりおみやげを買って帰りましょう!
国際市場はソウルでいうと、明洞、南大門市場、東大門市場を合わせたような大きなショッピングスポット!コスメ通りや韓国海苔やお土産物、衣類、雑貨などなどいろんなものがこの一箇所で揃う、とっても便利な市場です!!!

BIFF広場で有名なホットク

国際市場に隣接している「BIFF広場」は食べ歩き天国。大人気のホットク屋台……絶品です!!
ソウルの仁寺洞で食べたホットク(シナモン入りのはちみつパン)も絶品でしたが、久々に美味しいホットクをいただきました。大感激です!

その後、少し歩いてチャガルチ市場へ。いろんな魚が売られていて、ここもイートインOK! 見るだけでも楽しい市場ですよ。

関連キーワード
この記事を書いた人

企画担当者:前田 浩臣
出発前までの釜山の印象は、ソウルより小さい都市、港町、九州に近い……釜山の皆様申し訳ありませんでした!! きれいな景色、最先端のエリアや美味しい料理、買い物目的でも観光目的でも大満喫できる都市でした!!釜山・機張のカニ是非ご賞味ください!!