【企画担当者の旅日記】朝から晩まで遊べるリゾート!
シンガポール・セントーサ島の厳選アトラクション6選

2017年8月24日更新

シンガポールといえば、都会!というイメージが強いかと思いますが、実はリゾート滞在も楽しめるというのをご存知ですか? シンガポールの中心地・マリーナエリアから車で20分のところにある「セントーサ島」は、島全体がまるごとリゾート地!なんです。
東西約4km、南北約1.5kmの小さな島の中にビーチはもちろん、様々なアトラクション、アミューズメントパーク、カジノが集まるのがセントーサ島の魅力! 3〜4日滞在しても飽きないほどのエンターテイメントをご紹介するため、今回は現地まで足を運んできました!「何をして遊んだらいいの?」という方のためにおすすめアトラクション情報をご紹介します♪

1. 島内の主な移動手段は3つ!

セントーサ・エクスプレス

セントーサ島に到着したら、島内は「ビーチトラム」「シャトルバス」「モノレール(セントーサ・エクスプレス)」の3つが主な移動手段。
ビーチトラムとシャトルバスは誰でも無料で利用可能です!
セントーサ・エクスプレスはセントーサ島宿泊者は無料、宿泊者以外は4シンガポール$(入島料込)で1日乗り放題です♪

マウントフェーバーライン 写真提供:シンガポール政府観光局

また、セントーサといえば、こちらのケーブルカーが有名!
ケーブルカーは入島料込みで往復26シンガポール$!少しお高めですが、絶景も楽しめるのでおすすめですよ! 2つのラインがあるのですが、おすすめはシンガポール市内から出ているマウントフェーバーライン。このラインでは写真のようにセントーサ島を一望することができます♪

たくさんの鈴!

ちなみに、始発駅であるマウントフェーバーのケーブルカー乗場の近くには、この写真のように鈴がいっぱい柵についていました!
なんと“お願いごとを書いてくくりつけると叶う!”といわれているスポットなんだとか♪(私も、もちろんくくりつけました!!)一度訪れてみてはいかがでしょうか?

2. 厳選!おすすめテーマパーク&アトラクション

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

まずは「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」!日本に続いてアジア第2のユニバーサルスタジオとして、2010年にオープンしました。
「トランスフォーマー」や「マダガスカル」など日本にはないアトラクションやグッズがあるので、映画ファンは必見です!
日本にもあるからわざわざ行かなくても……なんて方におすすめしたいのが、待ち時間があまり長くない点!人気アトラクションでも通常20分、混雑時でも大抵40分ほどで乗れます!(もちろん日によって変動はありますが……)
私が行ったときは半日ほどでパーク内のアトラクションをほとんど全て楽しめました♪(絶叫系は怖くて乗りませんでした。。)

TM/(C) 2015 Sesame Workshop. Jurassic Park TM & (C) Universal Studios/Amblin Entertainment. All rights reserved. Madagascar (C) 2015 DreamWorks Animation L.L.C. TRANSFORMERS and its logo and all related characters are trademarks of Hasbro and are used with permission. (C) 2015 Hasbro. All Rights Reserved. (C) 2015 DreamWorks L.L.C. and Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. UNIVERSAL STUDIOS, UNIVERSAL STUDIOS SINGAPORE, Universal Globe logo, and all Universal elements and related indicia TM & (C) Universal Studios. All Rights Reserved. (C) 2015 Genting International Management Limited. All rights reserved.

アドベンチャーコーブウォーターパーク

次は「アドベンチャーコーブウォーターパーク」!
海がテーマのウォーターパークで、東南アジア最長の流れるプールや波が出るプール、スライダーなどプール施設が充実しています。
いちおしは、「レインボーリーフ」!サンゴに住む2万匹以上の魚が泳ぐプールでシュノーケリングが楽しめます!!海だと波酔いしてしまう方も、ここなら安心♪

メガジップ・アドベンチャー

最近TVでよく取り上げられるので、見たことある方も多いんじゃないでしょうか?「メガジップ・アドベンチャー」はおとなのアスレチックパークのような施設で、アクティブ派におすすめ!
いくつかアトラクションがありますが、一番人気はこの「メガジップ」!丘の上からシロソビーチまで、時速約60kmでターザンのように下ります!絶叫が飛び交うスポットです。思いっきり叫べばストレス解消できそうですね♪

マーライオン・タワー

お次はこのドドーンと大きなマーライオン!この「マーライオン・タワー」は全長37mで、シンガポールで一番大きいマーライオンなんです。
なんとこのセントーサ島のマーライオンは身体の中に入ることができちゃいます!一番上は展望台になっていて、マーライオンの口からセントーサ島を一望することができますよ♪

3. ファミリーにおすすめのアトラクション!

スカイラインリュージュ

おすすめアトラクション6選、残り2つはお子様連れにおすすめのアトラクションです!
「スカイラインリュージュ」はカートにのって坂を駆け下りるアトラクション。小さいお子様は大人と一緒に二人乗りすることもできます♪
最初に簡単ではありますが、トレーナーからレクチャー&練習もあるので安心。スピードも自分で調節しながら走れるので、スリルを楽しみたい方は早く、ゆったり楽しみたい方はゆっくり……と好みに合わせて自由自在!

4Dアドベンチャーランド

「4Dアドベンチャーランド」は新感覚の4Dアトラクション!シートの振動に加えて、いろんな体験が楽しめます♪
3つのムービーがありますが、おすすめは「Desperados」。ポニーの形をした乗り物にまたがって、シューティングゲームが楽しめるんです!的に当てるのが難しいですが、お子様もカウボーイになった気分でワクワクできるはず♪

4. 一日の締めくくりはナイトショーで!

ウィングス・オブ・タイム

セントーサ島は夜までたっぷり遊べます!
おすすめは一番人気のナイトショー「ウィングス・オブ・タイム」!海辺で行われる歌と映像と光のショーです。
学生2人がタイムスリップして歴史を旅する……というストーリーなのですが、映像や水しぶきは迫力満点!物語は英語ですすみますが、言葉がわからなくても、見ているだけで楽しめるショーになっています。

クレーン・ダンス

他におすすめしたいショーは「クレーン・ダンス」。
恋に落ちた鶴が愛のダンスを踊るというショー。約30mの巨大クレーンを鶴(=crane)に見立てたロボットと光、水、音による演出がド迫力!こちらのショーのうれしいポイントは無料で楽しめてしまうこと!(※ウィングス・オブ・タイムは有料) 無料だとは思えない迫力・内容なので、滞在される方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?
(【上演日時】金〜月曜、祝日、祝前日の21:00)

5. おすすめリゾートホテル

シャングリ・ラ・ラサ・セントーサ・リゾート

セントーサ島にはいろんなホテルがあります。シンガポール市内に泊まって日帰り観光も出来ますが、ぜひ宿泊して楽しんでください!
まずは、小さいお子様連れのファミリーにおすすめなのが「シャングリ・ラ・ラサ・セントーサ・リゾート」。
シロソビーチが目の前にある、セントーサ島で唯一のビーチフロントホテルです!

キッズクラブ

こちらのホテルは子ども向け施設が充実しているのがポイント!子ども用のプールはもちろん、ウォータースライダー付プールやキッズクラブ(有料)もあります♪
朝食レストランでも離乳食コーナーやキッズコーナーが充実しています。キッズコーナーは子どもの目線にビュッフェが並べられていて、自分で考えてとれるように……と、子どもの学習を考えてつくられているそうです。

ソフィテル・シンガポール・セントーサリゾート&スパ

カップルや忙しい社会人におすすめしたいのが「ソフィテル・シンガポール・セントーサリゾート&スパ」。ホテル敷地内の中心にある広々としたプールが印象的なリゾートホテルです。
2015年10月末よりソフィテルブランドを冠し、モダンでヨーロピアンな風貌のホテルに生まれ変わりました。白を基調とした建物で、洗練された印象です。

座って食べられるスペースもあります

中庭には、なんとクジャクが歩いていました!(木の前です……見えますか?笑)
ホテル内はとっても静かで、ただのんびりとホテルで過ごす……そんな時間も贅沢に楽しめてしまいます♪リゾートで日常を忘れてゆったりしたい、という方におすすめのホテルです!

おすすめのセントーサ島ツアーをご紹介します。

パラワンビーチ

2〜3日滞在しても回りきれないセントーサを自由に満喫!
とにかく好きなスポットで遊びたい!という方はこちら。セントーサ島のホテルはお好みにあわせてお選びいただけます。

セントーサを訪れるツアー一覧はこちら!

関連キーワード
この記事を書いた人

企画担当者:犬飼 智尋
セントーサ島は、シンガポール市内にも車で20分と近いのも魅力の1つ。滞在中の1日は市内で遊んでみる、というのも気軽にできます。シンガポールにいるとは思えないようなリゾート感を満喫できるホテルも多くあるので、ゆったり時間を忘れて過ごしたい……というかたは、ぜひセントーサに宿泊してみてください!