• 近畿日本ツーリスト
  • 【企画担当者の旅日記】シンガポールといえばココ!ついに泊まってきました!マリーナ・ベイ・サンズ宿泊体験記

【企画担当者の旅日記】シンガポールといえばココ!
ついに泊まってきました!マリーナ・ベイ・サンズ宿泊体験記

2018年1月12日更新

いまやマーライオンと並んでシンガポールの象徴となった「マリーナ・ベイ・サンズ」。
一度はあの宿泊者限定の天空のプールに入ってみたい……!という方も多い憧れのホテルですよね。私も担当者になってから泊まりたい……と思い続けて約一年。なかなか機会が訪れなかったんですが、昨年ついに!念願叶ってマリーナ・ベイ・サンズに宿泊してきました!
プール・客室・食事・エンタメ施設など、その時感じた魅力やこれから宿泊を検討している方におすすめの情報をご紹介したいと思います!

1. プール

天空プール(昼)

まずは、マリーナ・ベイ・サンズといえばやっぱりこのインフィニティプール。
宿泊者しか利用できないこのプールは、全長150mで本当に巨大!
エントランスに入ってプールを見た瞬間、「お〜ついに来たぞ〜!」と高揚感が高まるのと同時に、すごく感動しました!

天空プール(夜)

朝に行って本気で泳ぐのもよし(朝8:30までは競泳プールのように区切られているんです)、昼間に行ってくつろぐのもよし、夕刻に行って夕景にうっとりするのもよし……。
いつ行っても楽しめるプールですが、一番のおすすめはやっぱり夜!
シンガポールは本当に夜景がきれいな街ですが、やっぱりプールからの夜景はその感動もひとしおです!プールの水面からキラキラ輝く高層ビル群がすくっと立ち上がってる景色は最高でした!

(C) Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2016. All rights reserved.
Informationis subject to change.

マリーナ・ベイ・サンズのプールは、このメインのインフィニティプールに加え、子供用のキッズプールやあたたかいジャグジーもあります!そして、バスタオルの貸し出し所もあり、水着やゴーグルを購入するショップもあり、喫煙所もあり、トイレもあり……すごく便利!
ただ、貴重品を預けるロッカーはないので、お財布などはお部屋の金庫に置いておいたほうが安心です。

(C) Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2016. All rights reserved. Informationis subject to change.

このプール、少しでも長く使いたい〜!という方に朗報です。なんと、チェックイン前・アウト後でも使用することができます!
ホテルのレセプションで「プールに行きたい」といえばカードキーを貸してくれますので、そちらを係員に見せればアクセス可能です。着替え場所とシャワーに関しては空いていればホスピタリティルーム(他の利用者と共同使用)を貸してくれることも。ただし、空いていない場合は利用できないので、ご注意を(その場合は着替えはトイレで、シャワーは諦めるしかありません。。)

2. お部屋の中は?……こんな感じです!

プレミアルーム

今回は、「プレミアルーム」というお部屋に宿泊しました。
お部屋に入ってカードキーを差し込むと自動でカーテンが開き、「おお!」とテンションがあがります♪お部屋の広さは約47uで非常に広々としていました!

バスルーム

個人的に楽しみにしていたのがバスタブ。大きくて広々としているとよく聞いていたのですが……ドーン!
噂通り、非常に存在感のあるバスタブでした。
バスタブ横にハンドシャワーがあるのも日本人に嬉しい造りですね♪(これとは別にシャワーブースもあります!)
※ちなみに「デラックスルーム」というカテゴリにはバスタブはありません。

アメニティ

アメニティはこんな感じ。ヘアゴムからピンセットまで置いてあるから何かあった時でも安心です!
この他にもシャンプーやコンディショナー・歯ブラシセットやTWGのティーパックやコーヒーなどのリフレッシュメント等も用意されています♪

お部屋の電源

シンガポールのコンセントは細長い穴が3つのBFタイプ。
1つだけですが、変換プラグがあり便利でした。ただし、電圧は違うので、変圧器は忘れないようにお気を付けください♪

3. ホテルの食事も楽しみがいっぱい!!

「RISE」

マリーナ・ベイ・サンズには、有名シェフのお店から軽食まで40店舗以上のレストランがあり、食事も多彩に楽しめます。
まず、こちらは朝食レストランとしてメジャーな「RISE」レストラン。

インターナショナルビュッフェ

いくつもステーションがあり、オイスターなどの海鮮からインド料理、飲茶、お寿司、パン、フルーツ、ケーキなど、色んな種類の料理が楽しめるインターナショナルブッフェです♪
とにかく数が多く、味も、抜群に美味しい!! 毎日通い続けても飽きなさそうです。
(尚、クラブルーム以上のカテゴリーにご宿泊のお客様は朝食会場が別になります。)

(C) Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2016. All rights reserved. Informationis subject to change.

次に紹介するのは、「Sky on 57」。
マリーナ・ベイ・サンズの屋上にあるレストランで、地上200mからシンガポールの街並みや海を眺めながら一流シェフのお料理が楽しめるのがポイントです。
私は一日だけ、朝食を「RISE」ではなく、こちらの「Sky on 57」を予約し、食べてみました!(通常の朝食会場とは異なるので別途料金を払いました)
シンガポールの景色を一望しながら、ボーッとおいしい朝食を食べて……とても贅沢なひと時でした♪

「チーズ&チョコレートバー」

最後に、外せないのが「チーズ&チョコレートバー」!こちらはメディアでもよく紹介されるので有名ですね。
甘いからすぐ気持ち悪くなって食べれないかな〜……と思ってましたが、さすが高級チョコレート、全くそんなことはなく、バクバク食べれます。笑
こちらのレストランについては、他の旅日記で詳しく紹介しているのでそちらをチェックしてください!(東南アジアの美食シティ シンガポールで食べた必食ごはん&スイーツ5選+1

4. カジノを体験!

カジノの入り口

そしてやっぱりマリーナ・ベイ・サンズといえばカジノホテル!ということで、今回カジノに初挑戦してみました!!
入口でパスポートを提示してカジノ内に入場!1階では皆さん何やら難しそうなテーブルゲーム等をされていました……
私みたいにちょっとだけ雰囲気を楽しんでみたい、という方におすすめなのは2階。禁煙フロアでスロットがメインなので女性だけでも行きやすい雰囲気です!
無駄遣いはしたくなかったので、「安いのをちょっとだけやりたい!」とスタッフさんに声をかけ、2シンガポールドルから賭けれるスロットを体験!少しだけ(10シンガポールドルだけ……笑)遊び、カジノも満喫しました!

5. ホテル内&周辺のエンターテイメントも充実!

(C) Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2016. All rights reserved. Informationis subject to change.

まだまだ、楽しみが多いマリーナ・ベイ・サンズ。(紹介しきれない……)
滞在したらぜひチェックしてほしいのが、イベント広場で毎晩開催されるワンダーフルショー!「人間の一生」がテーマのショーが、噴水と音楽とレーザーを使って表現されています。無料なのでぜひチェックしてください♪

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

また、シンガポールで有名な「ガーデンズ・バイ・ザベイ」にもホテルの外にある連絡橋を渡ってすぐいけます。
ここでも毎晩夜に「ガーデンラブソティーショー」というショーが開催されています。巨大なスーパーツリー(人口の木)が音楽に合わせて光り輝くロマンチックなショーです。ワンダーフルとはまた違った独特の雰囲気で面白いのでこちらも要チェック!

(C) Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2016. All rights reserved. Informationis subject to change.

最後はホテルに隣接するショップス@マリーナ・ベイ・サンズ。有名ブランドショップからレストランまで300店以上のショップが有り、1日中いても飽きません。
買物好きの女性には、帰国前にここで心ゆくまでたっぷりとショッピングするのがオススメです♪

おすすめのシンガポールツアーをご紹介します。

マーライオンとマリーナベイサンズ

3つのお部屋タイプから選べるフリープラン
マリーナベイサンズの宿泊は、お好みに合わせて3〜4つの客室タイプから選べます。弊社ツアーで唯一「クラブルーム」の指定ができるプランです♪

プレミアルーム

1泊だけマリーナ・ベイ・サンズに泊まる
予算は厳しいけど、せっかくのシンガポール旅行だから1泊だけでも滞在したい……そんな方におすすめのプランです!もちろん1泊だけでも宿泊者限定の天空プールに入場可能です♪

マリーナ・ベイ・サンズ特集はこちら!

この記事を書いた人

企画担当者:犬飼 智尋
マリーナ・ベイ・サンズはとても巨大な複合型施設。見どころが沢山ありすぎて、ここで紹介したのもほんの一部でしかありません。特に人気なのはやはり一番最初に紹介したプールですが、実際、宿泊してみて、「高級だけど、このプールに入れるだけで価値あるな……!」と実感しました。一泊だけ、というプランもありますので、気になる方はぜひ宿泊してみてください!
アジア企画担当者の旅日記 バックナンバー