【企画担当者の旅日記】どこに行く?初めてのクアラルンプール旅
市内も、郊外も、夜も楽しむ!おすすめ観光スポット10選

2017年11月20日更新

日本人のロングステイ希望先、10年連続1位のマレーシア! そんなマレーシアの首都・クアラルンプールから行けるおすすめの観光スポットをご紹介します!
「行ってみたいけど何を見たらいいか迷う……」「どんなところがあるの?」と悩まれている方必見です!

1. クアラルンプールの象徴的スポット

ペトロナス・ツインタワー ペトロナスツインタワー 写真提供:日本アセアンセンター

まずは、こちら!クアラルンプールといえばここを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? ツインタワーとしては世界一の高さを誇る、地上88階建て・高さ452mの「ペトロナス・ツインタワー」!
イスラム教の象徴、モスクの尖塔をモチーフにした近代イスラム建築です。
2つのタワーの内の1つ(タワー1)は、なんと日本企業が建設しました!(もう片方のタワー2は韓国企業が建設しました。)
このペトロナスツインタワー、遠くから眺めても物凄い存在感ですが、近くで足元から眺めると更に圧巻!「うわ、高〜!!」とその迫力に圧倒されます。

スカイブリッジからの景色。既に高い! スカイブリッジからの景色。既に高い!

外から眺めて楽しむのもいいですが、おすすめは86階の展望台!

まずは展望台ツアーのチケットを購入します。一度のツアーに参加できる人数が限定されているので、事前にチケットをオンラインで購入しておくか、展望台入場を含むオプショナルツアー等に参加する方が安心。チケットブースは朝から長時間並ぶ場合もあるそうです。
ツアーは約45分間。エレベーターで昇ると、まずは、2つのタワーを結ぶ41階のスカイブリッジに案内されます。(ちなみにこのブリッジはフランスの企業が建設したそうです。)

ツインタワーのてっぺん ツインタワーのてっぺん

その後、86階に案内され、20分間の自由行動♪
展望台からは市内を見渡せるのはもちろん、もう1つのタワーの展望台のてっぺんが見えて、面白いですよ!ツインタワーならではの景色ですね♪
外観を眺めるのもいいですが、今回初めて昇ってみてすごく楽しかったので、ぜひ展望台への入場をおすすめします!
(※展望台は有料、月曜日は休館です。)

2. クアラルンプール市内のおすすめスポット!

青い屋根が綺麗な国立モスク♪ 青い屋根が綺麗な国立モスク♪ 写真提供:日本アセアンセンター

クアラルンプール市内には他にも見どころがあります!
「国立モスク」はクアラルンプール駅から徒歩5分のところにある国内最大規模のモスクです!気軽に立ち寄れる立地から旅行者に人気のスポット♪
おすすめは、ドームの中の見学!ステンドグラスが外の光で輝くのがとっても綺麗なんです…!
モスクの中に入るには、肌を隠すためにローブの着用が義務で、入口で貸出があります。簡単な民族衣装体験みたいです♪
(※毎週金曜日と礼拝の時間帯は内部の見学できません。)

歴史を感じる独立広場 歴史を感じる独立広場 写真提供:マレーシア政府観光局

続いてのおすすめは、独立広場周辺のヘリテージエリア。ここのエリアは、徒歩で移動可能な範囲内にいろんな見どころがつまっています♪
まず、写真の独立広場は、名前の通り1957年8月31日にマレーシアの独立が宣言された歴史的な場所。世界一の高さを誇る100mの掲揚塔に国旗がはためいています。

私もここで写真を撮りました! 私もここで写真を撮りました!

独立広場の道を挟んで南にある「クアラルンプール・シティ・ギャラリー」には写真の「I ♥ KL」のモニュメントがあり、絶好の撮影スポット!
シティギャラリーの中には、クアラルンプールの歴史の展示説明や民族衣装の展示、また、市街を再現した大きなジオラマやギフトショップがありました♪
ジオラマでは、クアラルンプールの歴史・これまでの発展、そしてこれからの都市化計画のムービーを見た後、カラフルなライトでジオラマのイルミネーションショーが始まります!短いショーでしたが光り輝くジオラマがとても綺麗で、少し感動しました。

イギリス様式の建築物「スルタン・アブドゥル・サマドビル」 イギリス様式の建築物 写真提供:日本アセアンセンター

また、独立広場の道を挟んで東には「スルタン・アブドゥル・サマドビル」という1897年建設の旧連邦事務局のビルがあります。 イギリス統治時代に行政の中枢となったビルで、時計塔が印象的です。
市内には植民地時代の面影を残すこのような建物も残っていて、歴史を感じることができます。

3.クアラルンプールナイトを楽しむ!夜のおすすめスポット

色んな種類をちょこちょこ楽しむのがおすすめ♪ 色んな種類をちょこちょこ楽しむのがおすすめ♪ 写真提供:マレーシア政府観光局

続いては夜のオススメスポット!まずは、夕食に屋台に行ってみましょう♪
おすすめはブギッビンタンにある「アロー通り」です!
こちらは市内で最も有名な屋台街!夜には約800mくらいの道の両側が屋台に埋め尽くされます。
屋台を見渡してみると、混んでいるお店とそうでない店で結構差があります。やはり地元でも「おいしい!」と評判のお店が混んでいるそうなので、それを目印においしいお店をチョイスしましょう!活気のある、THE・東南アジア!の雰囲気を楽しみたい方におすすめのスポットです♪

噴水ショーとツインタワーをパシャリ★ 噴水ショーとツインタワーをパシャリ★ 写真提供:マレーシア政府観光局

やっぱり、クアラルンプールと言えば夜景★ということで、次は夜景の名所をご紹介します!
まずは、足元からのツインタワーの夜景!スリアKLCCショッピングセンターの入口近くの公園からの夜景がおすすめです。光り輝くタワーがドーンと天に向かって伸びる姿を足元から眺めるのはド迫力…!
また、公園ではカラフルな噴水のライトアップショーが行われているので、ペトロナスツインタワーと噴水ショーが両方とも楽しめます♪

一押しのスカイバー 一押しのスカイバー

そして一番のおすすめは、トレーダーズホテルの33階にある「スカイバー」。
先ほどは足元からだったのに対し、こちらは目の前からドーン!とツインタワーの夜景を見ることができます。
もちろん、バーなので、夜景観賞だけではなく、アルコールやソフトドリンクもお楽しみいただけます。 ドリンクを片手に夜景に酔いしれる、なんてオシャレな夜がここでは実現できますよ…!(ホリデイの夜景ツアーではここにご案内します!!)
※窓側席は予約必須。ミニマムスペントがあります。

4.クアラルンプール郊外・市外の見どころ♪

存在感のある黄金の神像 存在感のある黄金の神像

郊外にもたくさん見どころのあるクアラルンプール。
市内から高速道路で30分〜1時間ほど車を走らせたところに、ヒンドゥー教の聖地「バトゥ洞窟」があります。
バトゥ洞窟は、洞窟の中に神々が祭られている不思議なスポットです。入り口には高さ42mもの黄金の神像が…!そして、その神像の横から続く272段もの高〜い階段。洞窟にたどり着くには、この階段を登らなければならないのです…!

洞窟内の神様 洞窟内の神様

なんとか上りましたが、こんな高いところから転げ落ちたらどうしよう…と内心ドキドキの体験でした。。
階段を登りきった洞窟内はこんな様子です。

太陽の光がさします 太陽の光がさします

洞窟の中で神様が祀られている姿は、荘厳な雰囲気で、洞窟の天井の穴から入る太陽の光がとても神秘的でした。普段の日常で触れることがなかなかないようなパワーを感じるスポットでした。

世界遺産の街マラッカ 世界遺産の街マラッカ

また、クアラルンプールから車で2時間いくと、世界遺産の街、マラッカへも行けます!
先進国入りを目指して発展している大都会のクアラルンプールとは異なり、昔ながらの姿を残す古都マラッカは違った魅力を味わうことができます。 クアラルンプールにいったなら、マラッカヘも足を伸ばして日帰り観光がおすすめです!
マラッカに関する観光情報は【企画担当者の旅日記】シンガポール&マレーシア 1度に2ヵ国を巡るよくばり旅行のススメ♪【観光、食事、世界遺産】をご覧ください。

おすすめツアーをご紹介します。

 写真提供:マレーシア政府観光局 写真提供:マレーシア政府観光局

ちょこっと贅沢なマレーシア&シンガポール周遊
クアラルンプール&世界遺産マラッカ観光は専用車&専属ガイドがご案内♪ご自身のペースで気兼ねなく観光をお楽しみいただけます。市内観光中には今回ご紹介したツインタワーの展望台にも上ります!
夜は「ベスト・マレーレストラン賞」を受賞した名店でのディナーと、今回ご紹介したスカイバーへ♪ロマンチックな夜をお楽しみ下さい。

ツアー詳細はこちら

 写真提供:マレーシア政府観光局 写真提供:マレーシア政府観光局

1〜3月出発限定のおトクなフリープラン!
クアラルンプールで自由に過ごすフリープランが期間限定でお買い得!
宿泊はお手頃価格のホテルから5つ星ホテルまで、お好みで4軒から選べます。飛行機はもちろん直行便利用!

ツアー詳細はこちら

クアラルンプールツアー一覧はこちらから!

この記事を書いた人

企画担当者:犬飼 智尋
5月にクアラルンプール行ってきました!行ってみて感じたことは…想像しているより都会!そして、治安が落ち着いてて旅がしやすい!!女子旅にも良さそうだな、と感じました♪(実際、最近クアラルンプールの予約は女性同士のご旅行が増えています!)
アジア企画担当者の旅日記 バックナンバー