【企画担当者の旅日記】ダイバーじゃなくても楽しめる!
海・空・陸の大自然で感動体験!パラオで絶対にしたいこと7選

2017年2月10日更新

今回は私の大好きなパラオへ。せっかく行くなら海から、空から、陸からの絶景を楽しみましょう! パラオといえばダイビングですが、ダイバーじゃなくても楽しめるポイントがたくさんあります!特に10月・11月はハネムーナーのお客様にとても人気なんですよ♪
今回はパラオに行くならぜひ訪れておきたい!定番のスポットと、企画を担当する私の個人的なおすすめ体験をご紹介します。

1. ミルキーウェイ

ミルキーウェイ ミルキーウェイ

まずは、深いブルーの海に美肌効果のある白泥が流れ込んでできた「ミルキーウェイ」へ。名前の通り、乳白色のうすい水色がなんとも言えない美しさ!
研究によると、この石灰質の泥は日焼けの元になるメラニンの生成を抑える効果もあるそうです。

天然の泥パック 天然の泥パック

女性は私を含め、全身にたくさん塗っていました。笑
顔までベッタリです!

ミルキーウェイにダイブ! ミルキーウェイにダイブ!

少し時間を置いたら海にダイブ!
泥を洗い流して次のポイントへ♪

2. ロングビーチ

ロングビーチ ロングビーチ

パラオといえば!ロングビーチ!
浅瀬に浮かび上がる真っ白なビーチに感動すること間違いなしです。
ハネムーンフォトのスポットとしても人気です。

ロングビーチで記念撮影 ロングビーチで記念撮影

どのオプショナルツアーの会社も、ベストな干潮の時間を狙って上陸してくれます。記念撮影はジャンプするのが定番ですが、どこから撮っても綺麗!

3.ジャーマンチャネル

ジャーマンチャネル ジャーマンチャネル

「ジャーマンチャネル」はその名の通り、かつてドイツ人が人工的に作った水路です。
ソーダ色の水路と、周りの海のコントラストが美しい風景ですね。 ここはマンタを見られるダイビングスポットとしても有名です!

マンタの通り道 マンタの通り道

マンタ、上から発見しちゃいました!

4. パラオの海でシュノーケリング♪

シュノーケリング シュノーケリング

パラオに来たら絶対に体験したい!
シュノーケリングでは、日本では見られない盛り盛りのサンゴ、ウミガメ、たくさんのカラフルなお魚を見ることができます。

水中で記念撮影 水中で記念撮影

まるで水族館にいるようです! 頑張って素潜りしてみると、水面で見るのとまた違った風景が広がり、海に溶け込んだような不思議な気分に……。

5. セスナ遊覧

上空から見たセブンティアイランド 上空から見たセブンティアイランド

おすすめしたいのがセスナ遊覧! 空から見るロックアイランド群は絶景です。
パンフレットなどにもよく使われているこの写真の「セブンティアイランド」は、船では近づけない保護区なので、セスナ遊覧に参加した人だけが見る事ができます。

セスナ機 セスナ機

日本語パイロットが解説をしながら飛行してくれます。

ちなみに、パラオでは$10ドル(2016年9月現在)を支払えば、ドアを外して飛行してもらうことができます。私はもちろん外してもらいました!小さな窓から見るよりも、より一層絶景とスリルを楽しむことができますよ♪

6. ドルフィンズ・パシフィック

ドルフィンズ・パシフィック ドルフィンズ・パシフィック

パラオにはイルカと触れ合える施設があるんです♪ 可愛いイルカに癒されること間違いなし!

かわいいイルカと記念撮影 かわいいイルカと記念撮影

出張のため、時間がなくイルカと泳ぐのはおあずけ…… でしたが、ばっちり写真を撮ってもらいました!
ジャンプのサインを出したり、握手をしたり、なんだかイルカと心が通じている気分!とても楽しいひとときでした。
※写真撮影は一部禁止となっています。

7. ガラスマオの滝

トレッキング トレッキング

海のイメージが強いパラオですが、ジャングル探検ができるツアーもあります♪
バベルダオブ島にあるパラオ最大の滝、「ガラスマオの滝」を目指してトレッキングを楽しみます。

天然プール 天然プール

途中、川の中を歩いたり、珍しい植物や鳥に出会ったり、楽しい発見がいっぱいです。天然プールを見つけて思わずジャンプ!

その後もガイドさんから解説を聞きながらどんどん奥へ……。

ガラスマオの滝 ガラスマオの滝

約40分歩いて大きな滝に到着!
水しぶきでいろんなところに小さな虹がかかり、マイナスイオンもたっぷり浴びて癒されます。

ガラスマオの滝 ガラスマオの滝

滝に打たれてみました。なかなかの勢いです。
日本の都会に住んでいるとなかなか触れ合えない、大自然に近づくことができたとても貴重な体験でした♪

7. ナイトカヤックツアー

ナイトカヤックツアー ナイトカヤックツアー

良い意味で期待を裏切られたのが「ナイトカヤックツアー」!パラオでは数少ない夜のツアーです。
桟橋を出発し、徐々に色づく空を眺めながらカヤックでロックアイランドをお散歩します。
(通常2人でカヤックを漕ぎますが、私は出張で1人なので2倍漕ぎました!必死です!)

海の上から見るサンセット 海の上から見るサンセット

海の上から見るサンセットは感動モノ!
周りに明かりがないので、徐々に暗くなるにつれて星空に包まれて神秘的な雰囲気に包まれます。
私が参加したのは満月の日!ライトを消して、満月の明かりを頼りにカヤックを漕ぎ進めます。

海の上から見た満月 海の上から見た満月

一番の見どころ!シュノーケリングで海中にキラキラと輝く夜光虫(光るプランクトン)を見ることができます。
空には満点の星空、周りにはキラキラの夜光虫、360°を星に囲まれているような、まるでティンカーベルになったような不思議な体験でした。
※残念ながら写真には写らなかったので、これは満月をつかもうとする私の指の写真です。。。ぜひご自身の目で見に行ってください!

8. 最後に・・・

昼間のカヤックツアー 昼間のカヤックツアー

パラオでは、ここでしか見られないと言い切れる感動の絶景をいくつも見ることができます。
両替所がなかったり、深夜の外出が禁止だったり、インターネットも不安定だったりと、不便なこともたくさんあります。
……が、たまには仕事や携帯電話のことを忘れて、のんびりと大自然に囲まれて過ごす体験はいかがですか?

( 関空からパラオへ行くには?パラオへのアクセスについては、旅日記バックナンバーをご覧ください。)

おすすめツアーをご紹介します。

セブンティアイランド セブンティアイランド

青い海と緑の大パノラマ!セスナ遊覧飛行体験付のプランはこちら
これぞパラオ!という壮大なスケールの景色を空から一望できます。セブンティアイランズは野生保護区で、地上から近づくことや上陸することはできませんが、上空から見ることはできます。またミルキーウェイやロングビーチもボートからの目線で見るのとは異なった濃淡の美しいブルーラグーンのグラデーションをお楽しみいただけます。

ビーチ ビーチ

のんびり気ままに過ごしたい方へ
自由気ままに楽しみたい方にはフリープランがおすすめ。お好きなオプショナルツアーを組み合わせて、パラオらしいのんびりしたペースで滞在をお楽しみください。
関連キーワード
この記事を書いた人

企画担当者:安 裕美
パラオはプライベートでダイビングに訪れるほどお気に入りの場所です。確かにグアムやハワイに比べると田舎です……。ですが、ショッピングやネットサーフィンのことを忘れて美しい海や緑、満点の星空に囲まれる体験はここでしかできません!田舎といっても、ホテルは高級リゾートホテルがいくつかあるので、清潔なお部屋で安心して宿泊できるのもお気に入りのポイントです。次回はおすすめホテルについてもご紹介したいと思います!