【ママ社員の旅日記】<兄が4歳、弟が10カ月の時>白浜温泉の1泊2日の旅

2017年11月14日更新

兄が4才、弟が10カ月の時に家族4人で白浜へ行きました。こどもが2人になると、どうしても上の子が楽しめるプランになります。アドベンチャーワールドはパンダをはじめ、動物や海の生きものがいるので、我が家では定番旅行地の一つになっています。
赤ちゃん連れの旅は段取りが大切です。こども連れではぐずりだすと手に負えなくなるので、急な変更にも対応できるよう必ず別プランも準備が必要!
こどもの生活リズムを考えた計画、夫婦の協力で、家族みんながハッピーな旅行に!

1.どこへ、どんな旅をした?

ホテル三楽荘客室露天風呂イメージ

当日は朝出発し、途中で昼ご飯を食べ、昼過ぎに白浜に到着。海中展望台に行く計画でしたが海が荒れていて、予備プランの白浜水族館へ。
その後お宿へ向かい、お部屋でゆっくりした後は、食事タイム。親がおいしいもを食べることより、こども重視でバイキングを選びました。赤ちゃんも食べられるものがありましたよ。

アドベンチャーワールドイメージ

翌日はアドベンチャーワールドで動物や海の生きものと触れ合い、帰りに入浴と夕食を済ませました。疲れたのかこどもは車でぐっすり。楽しい思い出と一緒に帰ることができました。

2.楽しい旅行にするためには・・・

下の子はお昼寝中

宿は早めに予約し、昼食場所や観光施設もしっかりチェックしておきます。また、長時間の車移動は下の子のお昼寝タイムになど、こどもの生活リズムに合わせたスケジュールを立てることが大事です。また、何が起こるかわからないので、余裕のあるスケジュールで別プランも用意しておきます。

アドベンチャーワールドにて

赤ちゃん連れの旅は大変だと言われますが、一緒に行く人次第だと思います。自分一人で二人の面倒を見るのは大変ですが、夫婦で協力すれば、家族みんなが楽しめます。
旅行中は家事から離れられるので、のんびりでき、時間を気にせず余裕もあるので、こどもたちを叱ることもありません。働いているので、こどもが小さいうちは一緒の時間を大切にしたいと思っています。旅行に来て、こどもが楽しんでいる顔を見られるのがうれしいです。

3.赤ちゃん旅の感想

宿のお部屋でまったり

最初は、荷物も何がいるかわからず用意が大変でしたが、慣れてくれば大丈夫。足りなくて買ったことがあるので、オムツや着替えは多めに持っていきます。荷物、準備、生活リズムを把握したスケジュールであれば、あまり困ることはありません。こどもは親と一緒に遊べてうれしそうですし、親もリフレッシュでき、家族みんながハッピーになれますよ。

赤ちゃん旅 おすすめのお宿

鳥羽グランドホテル
私のこだわりは、部屋食と露天風呂付。
露天風呂付和洋室がマスト。
ママも好きなタイミングでゆっくり入浴できます。バイキングの夕食はこどもが好きなものが食べられ、おとなには伊勢海老お造りか、あわびの酒蒸し付。鳥羽水族館も近くて便利です。

ツアー詳細はこちら

ママ社員が作りました!赤ちゃんと一緒の旅

旅のプロである現役ママ社員4名が集まり「ママプロジェクト」を発足!
会議では、今まで行った旅行や、旅行中に困ったことや良かったことなどについて話し合いました。
そんな自分たちの経験をもとにママ目線で考え、「私なら、赤ちゃんと一緒にこんな旅をしたい」という赤ちゃん宿泊プランを作成!
それぞれのママ社員のこだわり条件をクリアした赤ちゃんプランをご提案します!
※詳しい内容は各プランをご確認ください。

宿泊プラン詳細はこちら

この記事を書いた人

近畿日本ツーリストのママ社員:まゆママ
家族構成/ママ、パパ、男の子2人(7才と4才)
うちの子はこんな子/2人とも活発で元気。動物や魚など生きものが好き。
食べ物の好き嫌いが少なく食べるのも好き。