関連リンク

特許法第30条では、新規性の喪失の例外を規定しています。すなわち、特許庁長官が指定する学術団体が開催する研究集会等で発表した内容については、発表後6ヶ月以内に所定の手続きを取ることにより,新規性喪失の例外取り扱いを受けることができます。但し例外措置を受けるためには、当該団体が発行する証明書が必要となります。

日本生薬学会は、昭和48 (1973)年2月24日付けで特許法第30条等(新規性の喪失の例外)に基づく学術団体として特許庁長官より指定を受けております。

詳細は以下を参照ください。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/shiryou/kijun/kijun2/hatumei_reigai.htm

発表証明書申請

プログラムは2013年7月中旬に年会ホームページにて公開予定です。
講演要旨集の発行日は2013年8月20日(火)の予定です。
講演要旨集の発送は2013年8月下旬の予定です。

※ 当学会ならびに第60回年会は特許申請のための学会発表証明書の発行はいたしますが、特許申請の実務には関与いたしません。

発表証明以外についての責任は負いかねます。必要書類を整えて郵送によりご請求ください。
申請の実務については弁理士事務所などの専門の方とご相談ください。

必要書類

(a) 講演要旨集に記載された範囲の内容について発表証明が必要な方:

「様式例A1」を参考にして書式を作成し、必要事項を記入のうえ講演要旨の写しとともに、 日本生薬学会第60回年会実行委員会事務局まで郵送してください。発表を確認のうえ、証明書を発行いたします。

1) 証明願    PDF 様式例A1(-PDFファイル)     Word 様式例A1(-Wordファイル)

2) 要旨集の写し

  • (1) 表紙
  • (2) 目次
  • (3) 当該の要旨が掲載されている頁
  • (4) 発表原稿等
    @ 必要に応じて,口頭の場合は発表時の原稿の写し
    A 必要に応じて,ポスターの場合は掲示した原稿の写し
  • (5) 奥付頁
  • (6) 背表紙

(b)ポスター発表で、講演要旨集に記載されていない部分の内容についても発表証明が必要な方: 

※本来は上記の要旨公開による申請となりますが、特に発表当日のポスターにのみ申請事項が含まれて いる場合。

1) 証明願    PDF 様式例A1(-PDFファイル)     Word 様式例A1(-Wordファイル)

2) 要旨集の写し

  • (1) 表紙
  • (2) 目次
  • (3) 当該の要旨が掲載されている頁
  • (4) 発表したポスターの写し、ポスター発表当日の写真
  • (5) 奥付頁
  • (6) 背表紙

3) 実行委員会による発表証明
      PDF 様式例B1(-PDFファイル)     Word 様式例B1(-Wordファイル)

当日、会場の実行委員会事務局において、上記写しと様式例B1との余白に実行委員会からの証明を記します。
(例)「9月8日発表を証明する。日本生薬学会第60回年会実行委員会 署名 捺印」

※発表日当日には、上記のうち2)、3)(当日の写真を除く)が一式必要になりますので、前もってご準備ください。当日は総合案内までお越しください。

(c)口頭発表で、講演要旨集に記載されていない部分の内容についても発表証明が必要な方:

※本来は上記の要旨公開による申請となりますが、特に発表当日のパワーポイントにのみ申請事項 が含まれている場合。 

1) 証明願    PDF 様式例A1(-PDFファイル)     Word 様式例A1(-Wordファイル)

2) 要旨集の写し

  • (1) 表紙
  • (2) 目次
  • (3) 当該の要旨が掲載されている頁
  • (4) 口頭発表したパワーポイント原稿の全ての写し
    必要により、発表内容を記載した文書
  • (5) 奥付頁
  • (6) 背表紙

3) 担当座長による発表証明書
     PDF 様式例B2(-PDFファイル)     Word 様式例B2(-Wordファイル)

当日、会場の担当座長へ証明書の発行を依頼してください。

講演後、担当座長(シンポジウムの場合はオーガナイザー)に内容を確認してもらい、上記写しと様式例B2との余白に座長の署名・捺印をもらってください。

※発表日当日には、上記のうち2)、3)が一式必要になりますので、前もってご準備ください。
座長(オーガナイザー)に署名・捺印をお願いしてください。

書類の版型

A4版一括綴り

必要部数

2部(申請者返送分1部、学会保管用1部)
*書類を申請者へ返送するため、相当額の切手を貼付した返信用封筒を同封してください。

送付先

日本生薬学会第60回年会実行委員会事務局
北海道医療大学 薬学部 生薬学研究室内
〒061-0293 北海道当別町金沢1757
Tel/Fax: 0133-23-1261
E-mail:jsp2013@hoku-iryo-u.ac.jp
日本生薬学会第60回年会 実行委員長 高上馬 希重 宛

様式例 ダウンロード

ページの先頭へ