ページ内アンカーリンク

社会貢献活動

2011.8.2   KNT社員の被災地支援ボランティア活動 〜茨城・大洗海岸清掃活動について〜

 7月14日(木)〜15日(金)の2日間、茨城県大洗海岸の大洗ホテルにて、関東営業本部所属のセールスパーソン会議(参加者:関東営業本部84名、団体旅行事業本部カンパニー2名 計86名)が開催され同時に、大洗海岸の清掃ボランティア活動を行いました。

 3月11日に発生した東日本大震災は、当社が日頃お世話になっている地域の皆さまや多くの関係協力機関の方々にも甚大な被害をもたらしました。
 今回の会議開催地大洗町は、南北9kmのほとんどが太平洋に面している町で、震災当日は合計5度の津波に襲われました。本来、夏休みが近いこの時期には、サーファーや釣り人を受け入れるはずのビーチが未だ閑散としており、一部では瓦礫処理や家屋修復が続いています。大洗町の震災被害額は約150億円とも言われ、1年間の一般財源の2倍近くになるそうです。

 県全体を見渡してみても、20名を超える尊い命が失われ、17万件を超える住宅被害が発生し、現在も農作物・海産物の実害や風評被害も受けています。

 そこで、「今こそ、私たちが出来ること!」「今こそ、地域の皆さまへ日頃の恩返しを!」との熱い想いから、関東営業本部内の全セールスパーソンが集まるこの機会にボランティア活動を実施しました。

当日の様子と参加した社員の感想を紹介します。

【当日の様子:大洗海岸にて約1時間半、清掃作業をしました】

こんなに拾いました

  清掃活動1
清掃活動2   集合写真

全員が力を合わせた結果、こんなにきれいな海岸の姿を取り戻すことができました。

  こんなにきれいになりました

【参加者の感想】

大震災が起こった後、自分には何が出来るのだろうと悩んでいた時期に、全体会議で海岸清掃のボランティアをやると聞きました。ボランティア活動を終えて、一人では出来ないこともみんなで協力すれば大きな力になるのだと感じることが出来ました。また活動を通じて、自然の大切さや、人とのつながりの大切さなどを見つめ直す、とても良いきっかけになりました。


今回の清掃ボランティアを通じて、ほんの少しでも被災地の為に役立つ活動が出来たのではないかと思います。被災地に寄り添い活動することで、少しでも被災された方々の気持ちを量るきっかけになったことと思います。そして、一人ひとりの力ではなかなか出来ないことも、みんなで心をひとつにして取り組めば『必ず出来ることがある』のだと実感しました。また、清掃活動をする中で着実にきれいになっていく道路や海岸を見ているうちに清々しい気持ちとなり、逆に私達も元気をもらったと思います。


このきれいな海がたくさんの笑顔にあふれる日までは、まだまだ時間がかかるかもしれません。大変息の長い活動だと思います。
しかし、私たちは今後も色々な面から支援活動をしていきたいと思います。

KNT企業理念

KNTは世界中の人々と出会いと感動を創造し、
笑顔あふれる社会の実現にチャレンジしていきます。