ホーム > 会社案内・IR情報 > ニュースリリース

サイト内検索 サイト内検索

会社案内・IR情報

ニュースリリース


【共同プレスリリース】
平成18年1月16日
近畿日本ツーリスト株式会社
株式会社マーキュリー22
外国人向け国内宿泊予約サイト「Japan Hotels Online」を全面リニューアル
マーキュリー22と共同で開発及びプロモーションを展開
 近畿日本ツーリスト株式会社(代表取締役社長:太田 孝/本社:東京都千代田区、以下「KNT」)は本年1月16日より、外国人向け国内宿泊予約サイト「Japan Hotels Online」(http://japanhotelsonline.net/ 以下、JHO)を全面的に改訂いたしました。今回、サイトを改訂した主な目的は、(1)顧客の利便性向上、(2)プロモーション等を考慮したサイトの見直し、(3)拡張性の高いシステム及びコンテンツの蓄積等です。
<主に改訂した内容>
(1) 顧客の利便性向上:サイト利用者がいち早く、簡単に目的に適した宿泊施設を検索、予約するためのデザイン及び画面遷移の改修
(2) プロモーション等を考慮したサイトの見直し:検索エンジンで上位表示するためのSEM(検索エンジンマーケティング)、リスティング広告等に対応したサイト内容及び画面遷移の改修
(3) 拡張性の高いシステム及びコンテンツの蓄積:取り扱い商品の増加または多様化に対応したデータベース構築及び利用者にとって便利な関連情報の提供
 
 また、この度のサイト構築から今後のネットマーケティング及び販売促進プロモーションにおいては、昨年5月から業務提携している株式会社マーキュリー22(代表取締役社長:岩崎 徹/本社所在地:東京都港区、以下「M22」)と共同で行い、訪日需要の掘り起こしを図ってまいります。
 JHOは現在、旅館やホテルなど国内約300施設を取り扱っておりますが、4月までに約700施設、2006年度中には国内約1000施設に取り扱い施設を拡大する予定です。また、現在は英語のみの展開ですが、今後は中国語、韓国語など諸外国語による展開も検討しております。
 KNTが海外市場においてJHOを展開する主な狙いは、外国に在住している顧客が海外の宿泊予約サイトでは取扱いが少ない日本国内の旅館や温泉地の宿泊施設のオンライン予約を可能にすることで、日本への観光を目的とした個人旅行者の増大を図るものです。
 また、KNTが海外で展開する現地法人等のネットワークを有効に活用することにより、日本へ旅行される顧客への利便性向上を図ります。
 KNTは今後、M22と共同でプロモーションするとともに、M22が保有するインターネット上のネットワーク及びインターネット・マーケティング等を利用することで、2006年は両社で利用者数1.5万人、売上3億円を見込んでおります。
 今後とも何卒、宜しくお願いいたします。
 
<株式会社マーキュリー22の概要>
社名 株式会社マーキュリー22(マーキュリー・トゥエンティトゥ)
会社概要 株式会社サイバー・コミュニケーションズ(代表執行役社長:新井 敏夫/本社:東京都中央区、以下「cci」)グループ、株式会社インビジブルハンド(代表取締役社長:百田 浩志/本社:東京都港区、以下「IH」)傘下にあり、インターネット上のネットワークおよびチャネルを活用したe-commerce(電子商取引)事業、メディア事業、広告事業を行う。
代表者 代表取締役社長兼CEO 岩崎 徹
住所 東京都港区東新橋二丁目7番7号 汐留スクエアビル7F
主な事業内容 トラベル&コミュニティサイト『tabi2【旅ツウ】』の運営、旅行業、コミュニティ事業、メディアコンテンツ事業、広告事業など
URL http://www.mercury22.co.jp
 
<業務提携について>
 2005年5月1日より、新たな旅行事業モデルの構築を目的として業務提携を締結し、インターネット旅行商品の企画、流通および販売システムの構築、ネットマーケティング展開等において積極的な連携を進めています。
 M22が運営するトラベル&コミュニティサイト『tabi2【旅ツウ】』は、2005年7月1日に試験運用を開始して以来、2005年12月までに登録会員数5万人を超え、2006年度中に会員数50万人、約50億円の売上を見込んでおります。