ホーム > 会社案内・IR情報 > ニュースリリース

サイト内検索 サイト内検索

会社案内・IR情報

ニュースリリース


広報No.73
平成18年8月24日
   「第4回焼酎文化フォーラム」を韓国・安東(あんどん)にて開催
 近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都千代田区、社長:太田孝)の文化事業部門の一つである「旅の文化研究所」(*1)(所長:神崎 宣武)は、10月28日(土)「第4回焼酎文化フォーラム」を韓国・安東(あんどん)で開催します。
 
 当研究所では、近年とみに見失われつつある日本文化のアイデンティティを模索する試みとして、平成11年度から4年にわたって、伊勢参宮をテーマとした「伊勢文化フォーラム」を開催しました。また、平成15年からは、身近な「米の焼酎」をテーマに都内・沖縄県久米島・熊本県人吉市で、日本における焼酎の醸造文化、そして飲酒にまつわるさまざまな文化を考える、「焼酎文化フォーラム」を3回開催し、あらためて東アジアにおける「米焼酎の文化」を多面的に論じ、清酒とは発展の異なる文化的なアイデンティティを確認しました。
 
 そこで、本年は、これまで焼酎文化フォーラムにおいて取り上げてきた日本における焼酎の醸造文化や飲酒文化についてさらに深く検証し、韓国の民俗酒である安東の焼酎との比較、考察を行うために、韓国安東市にて開催します。
 安東市は、韓国の代表的な民俗酒で無形文化財にも指定されている安東焼酎の醸造地でもあり、伝統的な韓国の生活文化を残す河回村など多くの文化財を有することでも知られています。
 
 また、近畿日本ツーリストは本フォーラムご参加いただく方のために、焼酎をはじめとする安東の食文化を現地の同人の案内によって見学や体験するツアーを販売します。
 
*1「旅の文化研究所」: 「旅の文化」の質的な向上に寄与することをめざして平成5年に開設され、旅の文化研究の分野で優秀な業績を上げた個人や団体に対して「旅の文化賞」や「旅の文化研究奨励賞」を設け、また「公募研究プロジェクト」や各種旅の文化に関するフォーラムの開催を行なっています。
 
第4回焼酎文化フォーラム
 
〈日時〉 平成18年10月28日(土)  15:00〜18:30
〈会場〉 安東パーク観光ホテル (慶尚北道安東市雲興洞324番地)
〈内容〉
・挨拶 神崎 宣武(民俗学者・旅の文化研究所 所長)
   
・シンポジウム 「韓国の焼酎・日本の焼酎―祭りと米の酒を中心として―
 
パネラー 李 相日((社)ダウム研究所 理事長)
    朴 貞鎬(韓・日文化遺蹟踏査研究所 所長)
    林 史樹(神田外語大学 専任講師)
    山本 志乃(旅の文化研究所 研究員)
コーディネーター   神崎 宣武(民俗学者・旅の文化研究所 所長)
・交流会 *パネラー・テーマ等は都合により変更になる場合があります
 
主催 旅の文化研究所
共催 (社)ダウム研究所、韓・日文化遺蹟踏査研究所、NPO法人五十鈴塾
後援 近畿日本ツーリスト株式会社
協賛 韓国観光公社
 
昨年、熊本県人吉市で開催された「第3回焼酎文化フォーラム」には、総勢160名様が参加されました。
 
第4回焼酎文化フォーラムに参加される方のためのツアー
 
【ツアーのポイント】
(1) 焼酎文化フォーラムで現地の方々との交流を深めます。
(2)   朝鮮の貴族階級「両班」の伝統を色濃く伝える歴史と文化の町慶尚北道の「安東」を巡ります。
(3)   世界遺産の町水原(スオン)では水原華城(スオンファソン)を訪ねます。
(4)   朝鮮王朝時代のドラマ「テ・チャングム(大長今)」ロケ地を訪ねます。
(5)   安東でのお食事は、地元コーディネーター「朴先生」吟味のレストランとメニューです。
 
【ツアー概要】
ツアー名 旅の文化研究所 神崎先生同行 韓国歴史の旅 韓国・安東を訪ねて4日間
日程 2006年10月27日(金)〜10月30日(月)3泊4日
出発地・旅行代金 成田発着…10万9,800円、  名古屋発着…11万1,800円
(2名1室利用の場合のお一人様の旅行代金)
観光 安東焼酎博物館・河回村仮面博物館・世界遺産水原華城の他、ソウルではチャングム(大長今)ロケ地ツアーをお楽しみいただけます。
宿泊地 安東2泊、ソウル1泊 (安東はソウルから東南に約300km、4時間の所です。)
食事 朝3回・昼3回・夕2回付