ホーム > 会社案内・IR情報 > ニュースリリース

サイト内検索 サイト内検索

会社案内・IR情報

ニュースリリース


広報(関西)No.08
平成18年4月24日

現地まで飛行機、現地でクルーズ
アラスカグレーシャーハイライト
「フライ&クルーズ10日間」 発売のお知らせ

 近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京、社長:太田 孝)では、カナダ・バンクーバーまで飛行機で行き、現地ではアラスカ・アンカレッジ近郊のウィッティアまでの8日間を11.6万トンの豪華客船で巡るアラスカグレーシャーハイライト「フライ&クルーズ10日間」を発売しています。
 
 外航クルーズ人口は、2000年をピークに、2001年同時多発テロ以降減少傾向のなか、2004年より増加傾向にあります。また泊数では、2泊〜3泊のショートクルーズの参加者が減少する反面、純粋に船旅を楽しむ4泊〜13泊の参加者(全体の44.5%)が増加しおり、その大半は、個人旅行としてクルーズに参加される傾向が続いています(全体の90%)。<数値は、国土交通省海事局外航課資料に基づく。>
  今回の「フライ&クルーズ10日間」は、日頃クルーズに興味がありながら時間的に余裕のない方にとっても、10日間でありながら現地までの行程を短縮することにより、手軽に8日間の本格的なクルーズが体験できます。また、クルーズ中の8日間では船内の豊富なイベント、アクティビティでの楽しみに加え、途中寄港地でのショート観光もお楽しみいただけます。
 
ツアーの概要は、以下のとおりです。
 
★アラスカグレーシャーハイライト フライ&クルーズ10日間
出発日 平成18年7月15日、22日、8月12日、26日 計4本
旅行代金 お一人様368,000円〜558,000円
         ※2名1室利用:船内7泊、ホテル1泊(バンクーバー)
         ※利用船室により代金は異なります。
募集人員  各出発日 40名様
添乗員 全行程同行
 
<コース>
 カナダ・バンクーバーより、2004年就航の豪華客船「サファイア・プリンセス号」または「ダイヤモンド・プリンセス号」にて7泊8日のクルーズ。両客船は、日本で建造された客船としては最大で、海洋に廃棄物を投棄しない処理装置が採用され地球環境に配慮した客船として注目されています。
 
☆見どころ        ⇒   アラスカで唯一世界自然遺産に登録されているグレーシャーベイでの氷河クルーズ、カレッジフィヨルドを周遊します。そのほかケチカン、ジュノー、スキャグウェイなど人気のある湊町に立ち寄ります。
     
☆ここがポイント ⇒   利用船室によるレストラン、利用施設に区別はありません。
 
以上