ホーム > 会社案内・IR情報 > ニュースリリース

サイト内検索 サイト内検索

会社案内・IR情報

ニュースリリース


広報No27
平成21年3月31日

 
販売好評につき、追加設定!
ホリデイ中国「上海で皆既日食を見よう!」第2弾発売中!
東京・名古屋・大阪 に加え、岡山、福岡からも発着
  
 近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都千代田区 社長:吉川勝久 以下、KNT)は、「ホリデイ中国」から、本年7月22日に今世紀最長といわれる皆既日食を中国・上海から見る「上海で皆既日食を見よう!」の第2弾の販売を、3月30日より開始しました。
 
 2月に販売開始した第1弾はお陰さまで完売し、お客さまから追加設定のご要望を多くいただきました。そのため、今回の第2弾では、前回の、東京・名古屋・大阪発着に、新たに岡山、福岡発着分を加えるとともに、お部屋からゆったり見学するプライベートプランとして、ビジネスクラス利用(東京発着のみ)で、パーク ハイアット 上海 滞在の新企画「皆既日食at パーク ハイアット上海3日間」の商品を設定。さらに皆既日食を見学するホリデイ専用屋外会場2箇所を追加手配し、ツアー内容をより充実させました。
  約5分間にも渡り陸地から皆既日食が楽しめ、しかも日本からもアクセスが便利という好条件にある上海市内で、本格的な観測・撮影のためというよりも、“皆既日食を体感したい、楽しみたい”という方のための、お気軽なツアーに、ぜひご参加ください。
 
<第2弾ツアーのポイント>
@
2009年7月20日・21日出発4日間と、7月21日出発3日間の3コースを設定。
A
地方発着枠が充実:新たに岡山、福岡発着分を追加設定。地方からもより行きやすく便利に。
B
お部屋からゆったり見学するプライベートプラン設定:パーク ハイアット 上海 に滞在。
C
皆既日食見学会場
7月20日出発: 豫園戯苑(よえんぎえん)4〜5階屋上テラス・・・オールド上海の街並が残る、豫園戯苑にある建物の4〜5階にあるテラスから、日食を見学します。
7月21日出発: 恒昇半島国際酒店27階「North Bund Midnight Bar」屋上テラス・・・外灘エリアに程近いホテル「恒昇半島国際酒店」の27階にあるバーのテラスから、日食を見学します。
 
<上海へ皆既日食を見に行こう!4日間 > 
 
【日程】
1)2009年7月20日〜7月23日、
2)2009年7月21日〜7月24日
【利用航空会社】
大阪発着、上海航空他、
名古屋・岡山・福岡発着、中国東方航空
【旅行代金】
1)7月20日発、123,000円 〜 165,000円 
  〔大人お一人様 2名一室利用 〕
2)7月21日発、119,000円 〜 165,000円 
  〔大人お一人様 2名一室利用 〕
※東京(成田・羽田)発着コースは
  3月30日18時現在、完売済み
豫園戯苑
   
<お部屋からゆったりと見学するプライベートプラン、皆既日食atパーク ハイアット 上海3日間>
【日程】
2009年7月21日〜7月23日
【利用航空会社】
成田発着、全日空他、大阪発着、
日本航空他、 名古屋発着、中国東方航空
【旅行代金】
183,000円 〜 340,000円 
(いずれも大人お一人様、2名一室利用)
恒昇半島国際酒店27階
「North Bund Midnight Bar」
屋上テラス