ホーム > 会社案内・IR情報 > ニュースリリース

サイト内検索 サイト内検索

会社案内・IR情報

ニュースリリース


広報No.69
平成21年8月17日

 
「田舎暮らしワーキングホリデー」の実証実験に参加
田舎暮らしの体験者を募集します


 
 近畿日本ツ−リスト株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉川勝久 以下、KNT)は、JOIN(移住・交流推進機構、会長:島田晴雄*1)の移住・交流ビジネス創造に向けた「新ビジネス創造研究委員会(委員長:千葉県)」(以下、「研究会」*2)のメンバーとして、ボランティアで働く「田舎暮らしワーキングホリデー」の実証実験に参加します。研究会のテーマは「田舎暮らしワーキングホリデー支援サービス」で、移住・交流機会の提供として、ワーキングホリデーという形態を活用した田舎暮らし体験ニーズを把握し、課題を抽出、さらには今後のビジネスモデルを構築していくことを目的としています。

 今回の実証実験のモデルプランは4県8地域10コースあり、移住・定住、二地域居住などに関心のある方が、仕事を通じて地域と交流を図り、田舎暮らしを体験できるようなプランになっています。

 KNTグループでは、日本各地に残る豊かな自然・文化と、新たな交流を求める人々をつなぐ場として、地域での農林業や漁業体験など、日本最大級の体験型旅行商品を扱うサイト「旅の発見」を運営しています。今回、10コースのプランのうち5コースをKNTが実施し、このトラベルサイト「旅の発見」http://tabihatsu.jp)で田舎暮らし体験モニターの募集を行います。

 KNTは田舎暮らし体験プログラム(地域のファンづくり)の企画・販売を通じて、地域の交流人口拡大のためのプロジェクトに取り組んでいます。各自治体や地元の方々と連携して、田舎暮らし体験の受け入れ先や素材の発掘とともに、体験プログラムの開発を進めていきます。

*1JOIN(移住・交流推進機構)
企業と全国の地方自治体が連携し、移住・交流希望者への情報発信、移住・交流のニーズに応じた地域サービスを提供するシステムの普及などを行うことを目的として、2007年10月に設立された団体。
http://www.iju-join.jp/

*2研究会
この研究会に参加しているJOIN自治体会員は、茨城県、栃木県、山梨県、和歌山県、島根県、広島県、香川県、千葉県の8県、また参加している法人会員は、鰍`NA総合研究所、近畿日本ツーリスト梶A兜x士通総研の3社。

今回KNTが実施するプランは別紙のとおりです。