ページ内アンカーリンク

ニュースリリース

外国人観光客の受入体制整備に協力します!“富士の国やまなし通訳ガイド特区”
『地域限定特例通訳案内士 研修』5月20日(金)より受講生募集開始

広報No.21
2016年(平成28年)5月20日

 近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都千代田区、社長:田ヶ原 聡 以下、KNT)は、山梨県より委託を受け「富士の国やまなし通訳ガイド特区」の地域限定特例通訳案内士研修の受講生の募集について、本日5月20日(金)13時より受付を開始しますのでお知らせ致します。(申込みはこちらから:http://www.tex.co.jp/yamanashi/

 山梨県では、世界遺産の富士山等の観光資源に恵まれ外国人観光客が急増しております。昨年11月に「富士の国やまなし通訳ガイド特区」の認定を受けたことにより、山梨県限定の地域限定特例通訳案内士を養成できることになりました。この度、当社がこの研修事業を受託し、インバウンド観光推進に欠かせない通訳案内士の養成に協力させていただくことになりました。

 通訳案内士は、報酬を得て外国人観光客に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をすることができる資格で、通訳案内士法では国家試験に合格する事が必要とされています。

 山梨県が認定された山梨県構造改革特別区域計画「富士の国やまなし通訳ガイド特区」により、山梨県が実施する研修を履修し口述試験に合格すれば、国家試験を受けることなく、県内で報酬を得て通訳案内業務を行うことができることになりました。

 外国人観光客が急増し、通訳案内士の絶対数が不足する中、世界遺産富士山等の意義・みどころ、豊かな自然、地域の食など、地域の魅力を熟知した地域限定特例通訳案内士の養成が求められており、こうした取り組みにより、通訳ガイドの供給体制充実や需要掘り起こしに努め、インバウンド観光の推進を図るものです。今回の研修では、7月~9月の3か月間で、語学、ホスピタリティ、ガイドスキル、観光資源、旅程管理、救命救急、現場実習の各研修を行い、タイ語を始め、中国語、英語の3言語の通訳ガイドを養成します。

 当社は地域誘客交流を注力事業とし、地域が抱えるあらゆる課題や目標を「観光」の視点でとらえ、今後も課題解決へ繋げる様々な提案をしてまいります。

【 概 要 】 <「富士の国やまなし通訳ガイド特区」地域限定特例通訳案内士研修>
募集期間: 平成28年5月20日(金)~平成28年6月30日(木)
募集人員: 各言語40名程度 募集要項および申込方法:特設ページより http://www.tex.co.jp/yamanashi
事業受託: 近畿日本ツーリスト株式会社 甲府支店
       (事務局は、グループ会社の株式会社ツーリストエキスパーツが担当します。)

<ご参考>

■山梨県:通訳ガイドのネットワークづくりの取り組み

 世界遺産の富士山等の観光資源に恵まれた山梨県では、平成26年には外国人宿泊者数の対前年伸び率で全国1位を記録しました。このような状況を受け、山梨県では、通訳ガイドの需要にタイムリーに対応するため、地域限定の特例通訳案内士の養成とともに、(公社)やまなし観光推進機構と協働して、地域限定特例通訳案内士や通訳案内士・通訳ボランティアから成る通訳ガイドのPRネットワークを構築し、観光事業者等のニーズに対応できる体制づくりに取り組むこととしています。
 〔山梨県構造改革特別区域計画〕
 https://www.pref.yamanashi.jp/kokusai/documents/honbun.pdf

■KNT:地域誘客・交流ビジネス事業

 KNT-CTホールディングス「持てるリソースを地域のために」
 http://www.kntcthd.co.jp/chiiki/
 ※当社は、KNT-CTホールディングス グループの事業会社です。