ページ内アンカーリンク

ニュースリリース

観光遊覧船で元アスリートとの交流
~東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた新しい教育旅行プログラムを開始~

広報No.11
2017年(平成29年)6月23日

 近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田ヶ原 聡)は、教育旅行事業における新しい取り組みとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)開催に向けて整備が進むメディア関連施設や選手村、各競技会場が集中するお台場・有明地区を観光遊覧船で巡りながら、元アスリートの方を講師に迎え、船内でトークセッションを行う新しい教育旅行プログラムの販売を本年5月より開始しました。


<観光遊覧船の一例>

 本プログラムは、単なる観光ではなく元アスリートとの交流を行うことでスポーツに興味・関心を持っていただき、夢を持って将来の自分をイメージするきっかけ作りにしていただくことを目的としています。旅行という観点から、修学旅行や校外学習を通じて、オリンピック・パラリンピックを身近に感じていただくきっかけとして本プログラムの販売を計画しました。また、東京2020大会の関連施設予定地を実際に観ることで、3年後にはこの思い出とともに東京2020大会の感動を実感いただけるのも魅力です。今年度は年間3,000名を目標とし、2020年に向けて来年度以降も継続して実施してまいります。

【プログラム概要】所要約90分。
■行程:
日の出桟橋~~~東京ビッグサイト(国際メディアセンター)、選手村建設予定地(晴海)、競技場建設予定地(有明)~~~(途中船内にてトークセッション45分)~~~日の出桟橋
■船内での学習内容:
①スポーツへの興味・関心を持ってもらう。
②夢を持つことの大切さを知ってもらう。
③文武両道の大切さを知ってもらう。
④東京2020大会に興味を持ってもらう。
(出航時刻は貸切船運航可能時間帯の範囲内で設定。)

 これまで、岩崎恭子さん(バルセロナ1992オリンピック水泳・競泳女子200m平泳ぎ金メダリスト)や大山加奈さん(アテネ2004オリンピックバレーボール女子日本代表)など、元アスリートの方に講師として参加いただいています。来たる6月30日(金)には伊藤華英さん(北京2008オリンピック100m、200m背泳ぎ、ロンドン2012オリンピック400m、800mフリーリレー日本代表)に講師として参加いただく予定です。今後も継続してこのプログラムをおすすめし、多くの生徒の皆様にスポーツに興味・関心を持っていただき、スポーツの振興に寄与するとともに東京2020大会の成功に貢献してまいります。

【近畿日本ツーリスト株式会社は東京2020大会を応援しています】


※近畿日本ツーリスト株式会社は東京2020大会オフィシャルパートナーである
KNT‐CTホールディングス株式会社のグループ会社です。