ページ内アンカーリンク

ニュースリリース

スマートツーリズム推進 HMD向けVRコンテンツ『仁徳天皇陵古墳ツアー』
~堺市博物館で実施の体験ツアーの運営支援業務を担当~

広報No.13
2017年(平成29年)7月19日

 近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田ヶ原 聡、以下KNT)は、平成29年8月1日より開始するヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)向けVRコンテンツ『仁徳天皇陵古墳ツアー』(堺市博物館内)の運営支援業務に取り組みます。
 『仁徳天皇陵古墳ツアー』は(公社)堺観光コンベンション協会(大阪府堺市、会長:前田 寬司)と堺市(大阪府堺市、市長: 竹山 修身)が、世界文化遺産登録を目指す百舌鳥古墳群への理解と関心を深めるために取り組む、百舌鳥古墳群を上空から見渡せる疑似体験ツア-です。

■『仁徳天皇陵古墳ツアー』とは
 VR技術を活用することにより、地上から上空300mまで上昇し、仁徳天皇陵古墳の現在と約1600年前の古墳築造当時の雄大な姿を、HMDを装着し、360度映像でご覧いただくことが出来ます。また、普段立ち入ることの出来ない古墳内部の石室をCG映像で再現しており、実際に石室に入ったかのような臨場感溢れる映像を体験出来ます。
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 眞吾)がVRコンテンツ制作業務を受託し、ツアーの運営支援業務をKNTが担当します。


『仁徳天皇陵古墳ツアー』
製作:堺市・堺観光コンベンション協会
制作:凸版印刷株式会社

■『仁徳天皇陵古墳ツアー』 概要
開始日:平成29年8月1日(火)
場所:堺市博物館
料金:1人800円(堺市博物館常設展観覧料含む)
時間:10:00~12:00、13:00~17:00(各枠00分、30分スタート)
定員:各回20名(21名以上の団体は2枠に分けます)
対象:13歳以上
受付:当日、堺市博物館にて直接申込。
    但し、10人以上の団体は5日前までにメールまたはFAXにて
   (公社)堺観光コンベンション協会へ予約が必要です。

【KNTのスマートツーリズムの取り組み】
KNTは2014年11月以来「スマートツーリズム」を推進してまいりました。スマートツーリズムとは、ウェアラブルやパーソナルモビリティをはじめとする最先端技術と旅の融合による次世代ツーリズムです。
今後、KNTはワンストップでウェアラブル端末、コンテンツ、プロモーションをトータルな形でご案内するとともに、スマートグラスを核に様々な「最先端技術と旅」を展開し、新たな付加価値を生み出し、地域活性化の提案を進めて参ります。
今後スマートツーリズムについては、様々な展望が期待されます。

①実空間・仮想空間の複合型観光
失われた文化財や街並みを復元・再現をはじめ、アニメ・映画のロケ地、震災・防災など様々なシーン仮想世界と現実世界が融合する複合現実感を味わうことで観光と学びを体験する手法提案。

②多言語対応
2020年に向け、各地に訪れる訪日観光客への言語対応と、観光地や日本文化の解説を行うことによる、日本への理解の深耕。

③ユニバーサルツーリズム、サスティナブルツーリズムとの連携
旅に出ることが叶わない人達への仮想旅行体験や、環境・文化保護と観光を共生させるなどの新たな切り口として、国籍・年代を超えたあらゆるお客様への旅の提案。