ページ内アンカーリンク

ニュースリリース

近畿日本ツーリスト関東 × TVアニメ「BANANA FISH」コラボ企画
「オフィシャルツアー in NY」 本日より受付開始!

広報No.21
2018年(平成30年)11月5日

 KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山隆司)のグループ会社である株式会社近畿日本ツーリスト関東(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:髙川 雄二)は、テレビアニメ「BANANA FISH」に登場するアメリカ・ニューヨークをめぐる「BANANA FISHオフィシャルツアー in NY」を企画し、本日17:00からインターネットの専用ページにて受付を開始いたします。
http://www.knt-kt.co.jp/ec/BANANA_FISH/

「BANANA FISH」(バナナフィッシュ)は、吉田秋生による漫画作品(小学館 フラワーコミックス刊)を元にしたテレビアニメで、2018年7月よりフジテレビのノイタミナ枠(※)ほかにて放送されています。
※ノイタミナ枠:フジテレビほか同系列地上波一部局で放送されている日本の深夜アニメ放送枠の名称

本年放送が始まったアニメ版は、時代設定を現代とし、原作漫画から大胆なアレンジが加えられています。原作漫画では登場することのなかったスマホやタブレットが随所に登場する一方で、落書きだらけの地下鉄が登場するなど現代のニューヨークですら過去のものとなった情景が見事に織り交ぜられているなど、BANANA FISHの独特な世界観とアレンジの奥深さにも改めて触れることができます。

Ⓒ吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH

 

 そこで当社では、このテレビアニメ放送を記念し、シリーズが終了する後の2019年2月に、アニメゆかりの地を訪問するツアーを企画いたしました。

 ニューヨーク・マンハッタンを中心に点在するアニメの舞台となった場所を実際に訪問することはもちろん、ツアー参加者限定のオリジナルコラボグッズや、ツアー中の貸切ディナーパーティー、バス車内でのオリジナルボイスを取り入れるなど、アニメの臨場感を味わっていただけるさまざまな企画をご用意しています。漫画に親しんだ世代と、アニメでこの作品を知る世代と幅広世代、あらゆる角度からのファン層に対応した企画です。
ポイント及びツアーの概要は下記のとおりです。

~「BANANA FISH オフィシャルツアーin NY」の主なポイント~

① 「BANANA FISH」の舞台となったニューヨークの地をめぐります。
物語の重要な局面の舞台となる地「アメリカ自然史博物館」、第11話『美しく呪われし者』に登場した「グランドセントラル駅」、第12話『持つと持たぬと』で登場する、アッシュと英二が夕焼けの中に映える摩天楼を眺めながら会話を交わした場所、「エクスチェンジ・プレイス」周辺、第3話『河を渡って木立の中へ』から登場する、ショーターをはじめとした物語のカギを握るチャイニーズ勢の本拠地「チャイナタウン」、自由の女神へと向かう「スタッテンアイランドフェリー」など。

② 市内観光のバス車内では、アッシュと英二の「オリジナルボイス」付き!
キャラクターたちと一緒に旅をしている気分に。ツアーの雰囲気を盛り上げます。

③ ツアー参加者限定の「オリジナルコラボグッズ」付
他では手に入らない当企画限定のグッズです。

④ 貸切ディナーパーティーにて「最終回」特別上映会
「BANANA FISH」最終回の特別上映会。

~商品概要~
◆行程
2/20:成田空港発。空路ニューヨークへ。 (ニューヨーク泊)
2/21:終日:バスにてニューヨーク市内観光(「BANANA FISH」ゆかりの地をめぐります)
   夜 :貸切ディナーパーティー (ニューヨーク泊)
2/22:午前:ニューヨーク市立図書館見学後、自由行動。(ニューヨーク泊)
   ★オプショナルツアー:アッシュの軌跡をたどるディープな街歩きツアー(別料金)
2/23:空路帰国の途へ (機内泊)
2/24:成田空港到着

◆出発日:2019 年2月20 日限定
◆利用予定航空会社:ユナイテッド航空
◆利用予定ホテル:ワトソンホテルまたはウェリントンホテル
◆食事:朝食3回、昼食1回、夕食1回付  ※この回数に機内食は含まれません
◆添乗員:同行 ◆最少催行人員:30名
◆旅行代金:264,000円(2名1室利用/おとなお一人様)

~申込受付~
◆受付期間:2018年11月5日(月)17時~12月14日(金)17時まで
◆受付:専用サイトにて  http://www.knt-kt.co.jp/ec/BANANA_FISH/

 当社では、さまざまなお客様に旅をお楽しみいただけるよう、今後も独自性のあるツアーを企画し、多様なニーズにお応えするとともに、海外旅行需要の喚起に努めてまいります。