TRAINING

人こそが最大の財産。『お客様』に心の満足を与える人財を育成していきます。人こそが最大の財産。
『お客様』に
心の満足を与える人財を
育成していきます。
Employee training to satisfy the customer.

近畿日本ツーリストは、創業以来、一人ひとりの社員が持てる力を最大限に発揮し、お客様の心を動かす挑戦を続けています。挑戦の源泉は、「人」であり、「人」こそが、我々が誇る最大の資産=「人財」であると考えています。刻々と変わる社会環境、ビジネス環境の中で、どんなときにも個々の知力、能力、マインドを発揮し続け、『お客様』に心の満足を与えることができる人財を育成していきます。

成長が実感できる2つの観点【OJTとOFF-JT】を育成の柱に成長が実感できる
2つの観点
【OJTとOFF-JT】を
育成の柱に

近畿日本ツーリストは、社員自らが自己の成長を実感できる2つの観点からの育成プログラムを整えています。
その一つが「OJT」です。「人は仕事を通じて成長する」という考え方に基づき、人財育成の柱の一つとして注力しています。OJTを受ける新入社員も指導側であるOJT担当者も、双方が日々の仕事を通じて、実務スキル、ホスピタリティーマインド、そして近畿日本ツーリストに脈々と受け継がれるDNAを継承していきます。
そして、もう一つの重要な柱である「OFF‐JT」では、新入社員向け研修プログラムから管理職研修に至るまで、職務階層ごとに求められる役割を遂行するために必要なスキル、知識を体系的に習得します。また、事業別、職種別研修プログラムでは、日々の業務に直結する知識、スキルを身につけられるよう、より実業務に即した実践的なプログラムを実施します。

TRAINING01

新しい力を大きく、強く育てる[新入社員向け育成・研修プログラム]新しい力を大きく、
強く育てる
[新入社員育成・
研修プログラム]

新しい力をより大きく、より強く育て、柔軟な組織、風土をつくるため、近畿日本ツーリストでは新入社員の育成、研修プログラムを充実させています。学生から社会人となることの不安を取り除き、近畿日本ツーリストの社員として、自信と情熱を持って業務に臨むことができるよう新入社員をバックアップしています。
入社時から1年間は、基礎対応力養成期間(OJT期間)とし、お客様への接客マナーを徹底的に身につけるとともに、業務知識(観光素材・商品・各種端末操作など)の蓄積と販売スキル(セールス力・コミュニケーション力)の向上に努めていただきます。

新人社員教育・研修プログラムの概要

  • 新入社員導入研修
    (4月)
    社会人、近畿日本ツーリスト社員としての基礎研修
  • 新入社員フォローアップ(入社半年後)
    それまでの成長を見つめ、今後の課題に向き合う集合研修
  • OJT期間(入社後1年間)
    OJT担当者による先輩からのレクチャー、サポート

TRAINING02

スペシャリストを養成する[事業別・職種別研修プログラム]スペシャリストを
養成する
[事業別・職種別
研修プログラム]

近畿日本ツーリストには、幅広い事業領域があります。「団体営業」「旅行商品の企画・造成」「店頭販売」「Web販売」「訪日旅行」など、それぞれの事業に必要な営業力、企画力、販売力を強化し、社員が自信を持っ日々の業務に邁進するための事業別・職種別の研修プログラムを実施しています。

事業別・職種別プログラムの例

  • 販売スキルアップ研修
  • 予約端末操作研修
  • ホテル、旅館視察研修
  • 国内・海外現地視察研修
  • MICE販売担当者研修
  • コールセンター研修 など

TRAINING03

求められる役割と期待に応えるために[年次別・階層別研修]求められる役割と
期待に応えるために
[年次別・階層別研修]

近畿日本ツーリストでは、入社2年目以降も、年次別・階層別研修を実施しています。入社2年目・3年目、その後も中堅社員から管理職まで、それぞれの年次、それぞれのキャリアに求められる役割、期待に応える力を持った人財を育成します。自分自身を見つめなおすキャリアデザイン研修、後輩を育成するための実務を学ぶコーチング研修、マネジメント力を身につけるマネージャー研修など、事業や職種を横断したプログラムによる人財育成を継続します。

TRAINING04

自ら学ぶ「人」を支援する[自己啓発サポートプログラム]自ら学ぶ「人」を
支援する
[自己啓発サポート
プログラム]

人の成長には、自らが学び、向上する姿勢が不可欠です。近畿日本ツーリストでは、全社員共通の育成、研修プログラムに加え、より自立した、多方面に感性を持った社員を育成するため、自己啓発サポートプログラムを用意しています。

自己啓発サポートプログラムの例

  • 通信講座(年2回開講)受講費用の会社補助
  • 総合旅行業務取扱管理者資格取得支援
  • エリアスペシャリスト受講、受験費用の会社補助
  • クルーズアドバイザー資格取得支援 など