01

仕事×私

  • PREV
  • 一覧へ戻る
  • NEXT

「継続は力なり」
けっして華やかな仕事ではないけれど、
一歩ずつ進み、大きな力を得ていきたい。

Profile

近畿日本ツーリスト(株)

営業(教育旅行)

  • 石川 貴
  • 1994年入社

仕事内容

東京23区内の私立小中学校高等学校、約200校をターゲットとし、13人の営業スタッフをまとめる、第1グループの営業の責任者を務めています。修学旅行や海外語学研修はもちろん、最近では学校から発生するスポーツイベント(甲子園大会や関東大会等)にも取り組みを広げています。

私の仕事

今、「行ってみたい!」と思った国、ミャンマー。
支店初の研修旅行企画に、熱意を持ってチャレンジ。

入社以来、担当してきた教育旅行営業は、本当に魅力のある仕事です。特に、東京の私学のマーケットは限界のないものであり、やればやるほど得るものは大きいと感じています。
先生との繋がりはもちろん、関係機関の皆様方の協力なしではつくりだせない内容が多くありました。
印象に残っているのは、全国初ではないかと思われる、サハリンへの修学旅行企画や、東北震災ツアー、韓国現地校との交流ホームステイプログラム、ミャンマーでの研修旅行などです。このような企画はいつも、先生との雑談の中で進みます。例えば、ミャンマーへの研修旅行企画では、軍事政権が崩壊し、目覚ましい発展の最中にある国を自分も見てみたい、という単純な気持ちが自分を後押ししました。「行くなら今しかない!」というタイミングをとらえることは、とても重要です。また、支店内でまだ誰も企画したことがなかったのが、私にとってのモチベーションとなりました。
企画の最初の原動力は、自分が興味をそそられること、単純に「行ってみたい」「見てみたい」という気持ち。誰も手掛けていない仕事は、時間がかかるし大変でもあります。でも、その分やりがいは十分です。

仕事のプロセス

  • 01情報収集、お客様からヒアリング
  • 02企画、立案
  • 03受注後、各方面に手配・調整
  • 04実施

仕事へのやりがい

今の仕事は、旅行の企画提案から添乗、精算まで一連の流れを体験することができます。一つの旅行をつくりあげながら、自分は無力であること、多くの方々がサポートしてくださっていることを、あらためて知ることにもなるのです。支えてくれる多くの方々と協力をして、誰も計画したことのない企画を実現し、同じ時間、場所をお客様と共有できた時、やりがいを感じます。もちろん、お客様にお褒めの言葉をいただいた時が一番うれしいです。

今後の目標

2020年に開催される東京オリンピックで、何か成し遂げたいと考えています。現在取り引きのある学校をステージの一つとして、観光客や出場選手が参加できるイベントを考えてみたいと思っています。
都内を巡るツアーの中に、学校を隠しステージとして用意し、演奏会やサプライズな演出ができないかなど…。2020年はもう間近ですが、いつもの営業スタイルで、先生方との雑談の中から「できること」について考えていきたいと思っています。
また、学生の南アメリカ大陸へのツアー、アフリカ大陸へのツアーを企画提案し、実施したいと考えています。なぜなら自分自身が行ったことがないからです。企画が通れば、自分の行きたいところに行けるのがこの仕事の醍醐味。なんとか実現したいと思っています。

所属会社の詳しい情報はコチラ

  • PREV
  • 一覧へ戻る
  • NEXT

募集会社一覧

  • 近畿日本ツーリスト
  • 近畿日本ツーリスト 個人旅行
  • 近畿日本ツーリスト 北海道
  • 近畿日本ツーリスト 東北
  • 近畿日本ツーリスト 中国四国
  • 近畿日本ツーリスト 九州
  • 近畿日本ツーリスト 商事
  • グループ会社

PAGE TOP