28

仕事×私

  • PREV
  • 一覧へ戻る
  • NEXT

楽は苦の種、苦は楽の種。
苦難を乗り越えた時の達成感は、
たとえようがありません。

Profile

(株)近畿日本ツーリスト九州

営業(教育旅行)

  • 梅田 亨
  • 2013年入社

仕事内容

営業が中心ですが、中学校と高校への営業・修学旅行等の添乗が私の仕事です。また、先生方のご出張や私用の旅行の手配も行います。先生方との会話から学ぶことも多々あり、添乗では、たくさんの生徒様の笑顔を目にすることができ、その瞬間は、大きなやりがいを感じることができます。

私の仕事

歴史的な瞬間に立ち会えた、甲子園への添乗。
無事に終わった時には、幸せに満たされました。

春の選抜甲子園に添乗したことが忘れられません。その学校は、鹿児島県内の離島の高校勢で初めての出場校であり、歴史的な瞬間に立ち会うことができたからです。
島から鹿児島市内へのフェリー移動、鹿児島市内から甲子園へのバス移動、そして甲子園での応援と、その帰路に同行させていただきました。県内離島勢初ということで、移動にはテレビ取材が密着し、テレビ放送されるほど、注目されていました。
長距離の移動にも関わらず、生徒の皆様は、車内でも楽しみを隠し切れない様子でした。車内での応援練習にも楽しそうに取り組んでいました。球場内での応援は、練習の甲斐もあって、相手である強豪校の応援を凌駕するほどで、鳥肌が立ちました。島民の方々も大勢応援に駆け付けて、野球をやっていた身からすると「この応援の中でプレーできるなんて幸せだろうな」と思わされたほどでした。
島に到着した時には、添乗が無事に終わったことに対する安堵感と、歴史的な瞬間に立ち会うことができた幸せで満たされました。この企画は、これから先も、私の中で忘れられないものになると思います。

仕事のプロセス

  • 01出場校決定のニュースを確認
  • 02出場校へのセールス
  • 03企画書提出、プレゼン
  • 04実施決定

仕事へのやりがい

一つ目は、お客様から旅行後に「ありがとう」と一言いただく瞬間。二つ目は、添乗中にお客様の笑顔を目にすることができた瞬間に、やりがいを感じます。
個人旅行後、確認のご連絡を入れた時に、「ありがとう」と言っていただけたり、修学旅行では学校に到着した後に、「楽しかったよ」と言っていただけたり…。この言葉をいただいた瞬間は、鳥肌が立つような嬉しさがこみあげてきます。
特に修学旅行は、人生でも3回ほどしかない貴重な機会です。それに携わることができることの幸せを感じます。「修学旅行を通じて、生徒様にいい変化があった」というご報告を先生方からいただけることもあります。
これらのやりがいは、この仕事ならではの喜びではないでしょうか。これからも、このような瞬間に立ち会うことができるよう、尽力していかなければと思います。

今後の目標

母校の修学旅行を担当することが、今後の目標です。私が旅行業界を志すきっかけとなった出来事が、母校(高校)でのシドニーへの修学旅行だったからです。
この修学旅行を機に、それまで得意なだけだった英語が本当に好きになり、その後の人生に多大な影響を及ぼしてくれました。この修学旅行が経験できたことで、「この高校に入学してよかった!」と思ったほどです。
この経験の恩返しとして、いつか、母校の生徒の皆様にいい影響を及ぼせるような修学旅行を担当したいです。その時には、経験も知識も十分な、先生方から信頼される営業になっておきたいと思います。そのために、日々勉強をし、精進していきたいです。

所属会社の詳しい情報はコチラ

  • PREV
  • 一覧へ戻る
  • NEXT

募集会社一覧

  • 近畿日本ツーリスト
  • 近畿日本ツーリスト 個人旅行
  • 近畿日本ツーリスト 北海道
  • 近畿日本ツーリスト 東北
  • 近畿日本ツーリスト 中国四国
  • 近畿日本ツーリスト 九州
  • 近畿日本ツーリスト 商事
  • グループ会社

PAGE TOP