ここから本文です

自分へのご褒美☆ 憧れの「ザ・リッツ・カールトン京都」で楽しむアフタヌーンティー

エリア:烏丸御池・四条河原町

グルメ

今まで“和のアフタヌーンティー”を2件紹介しましたが、京都のアフタヌーンティーで絶対はずせないのが「ザ・リッツ・カールトン京都」のアフタヌーンティー。“和”のテイストではありませんが、別格のアフタヌーンティーとして女性の圧倒的な支持を得ています。

 

IMG_17571023_2_1.jpg

2014年2月のオープン以来“憧れのホテル”の地位を確立している「ザ・リッツ・カールトン京都」。風光明媚な鴨川のほとりに位置し、祇園や先斗町へのアクセスも便利。

景観に配慮された建築です。東山三十六峰を望むロケーションは贅沢この上ありません☆

 

IMG_18221023_2_2.jpg

ゲートをくぐり水の流れに沿ってアプローチを進みます。

 

IMG_18241023_2_3.jpg

こちらが入口。到着です。

 

IMG_18251023_2_4.jpg

一歩中に入るとそこには別世界が広がっていました! 静かで華やか、かつ上質な時間が流れていました。

 

IMG_18261023_2_5.jpg

IMG_18271023_2_6.jpg

館内には京都の伝統文化が現代と見事に融合したラグジュアリーな空間が広がり、、、

大きな松やガラスの琵琶など、洗練されたデザインのオブジェも目を見張る物ばかり!

 

IMG_18281023_2_7.jpg

アフタヌーンティーは1階の「ザ・ロビーラウンジ」でいただきます。ここは町家建築特有の光のコントラストが美しい☆

和のテイストを巧みに取り入れ、落ち着いた雰囲気。優雅な時間が過ごせそうです!

 

IMG_18311023_2_9.jpg

明るくゆったり寛げるお席。

 

IMG_18301023_2_8.jpg

まるでライブラリーのようなお席もありました。

 

IMG_18291023_2_10.jpg

今回、私は外の景色が望める窓側席へ。陽気のいい季節は滝を望むテラスでアフタヌーンティーを楽しみ事も出来るそうです。(ただし事前に席の指定はできません)

ここからは春は桜、秋は紅葉と四季の移ろいを眺める事ができます。

 

IMG_18321023_2_11.jpg

いよいよアフタヌーンティーが出てきました!(4,500円、税金・サ―ビス料13%別・要予約)

使用されている食器はフランスのコケー、このマットな質感がとっても上品☆ ドリンクはカップが空くとすぐにスタッフのかたがサーブしてくれます。まるでお姫様になった気分☆

アフタヌーンティーのテーマは月替りで、毎月行っても違うメニューが楽しめます。今回のテーマはシトロン。

 

DSC_21821023_2_12.jpg

1段目・・・スコーン2種

2段目・・・マカロン、シュークリーム、パウンドケーキ、アイスクリーム、サブレ等全部シトロン風味のスイーツ

3段目・・・フォアグラのパルフェ、ビーフと夏野菜のサンドイッチ、ズワイガニとチェリートマトのタルト等、極上の食材で丁寧に作られたセイヴォリー

セイヴォリーはかなり充実していて、ブランチとしても十分なボリュームがあります。スイーツは全て“ピエール・エルメ・パリ”のもの。見た目も華やか!お味はもちろん究極レベルに美味しい!!!

素敵な空間、おもてなし、そして美味しいお料理の数々、大満足のアフタヌーンティーでした。


ここからフッター情報です

ページはここまでです

トップへ戻る