ここから本文です

泊まれる美術館!? 数々のアートの囲まれて過ごす休日「ウェスティン都ホテル京都」

エリア:岡崎・哲学の道

ホテル

秋も終盤。。。「ウェスティン都ホテル京都」は東山の高台に位置し、徒歩圏内には京都市美術館・細見美術館はじめ数々の美術館が立ち並び、アート好きにはたまらない好立地です。

上質で快適な滞在が約束される事で定評のあるこのホテル、実は“アートコレクション”もなかなかのもの☆ いつもホテルは“夜遅く部屋に戻って寝るだけ”という方も、たまにはゆったりと館内でアート巡りを楽しんでみませんか?

 

IMG_17591119_1.jpg

地下鉄東西線蹴上駅から徒歩2分と便利な立地ですが、京都駅にサテライトコンシェルジュを設け、手荷物回送サービス(有料)も実施。また京都駅⇔ホテル間の無料シャトルバスもありとっても便利☆

私は今回、シャトルバスで楽々到着

 

DSC007651119_2.jpg

約25分でホテルに到着。スタイリッシュなオブジェが迫力あります! ロビーは2階まで吹き抜けになっていて開放的☆

 

DSC007681119_3.jpg

今日の宿泊は東館のデラックスルーム・グランドビューです☆ 広々とゆったりしたインテリアにもセンスの良さが感じられます。

 

DSC007481119_4.jpg

DSC007491119_5.jpg

スタイリッシュなデザインの鏡が印象的なバスルーム。上質なアメニティがたくさん用意されています☆ バスローブもあって、気分は上々☆

 

DSC007841119_6.jpg

ベッドはウェスティンがこだわりにこだわって開発した“ヘブンリーベッド”です☆☆☆ “雲の上の寝心地”が約束されるんですって!

柔らかなリネン類に、フカフカのベッド。。。本当に気持ちいいです。。。おやすみなさい

 

DSC007421119_7.jpg

おはようございます☆☆☆ 今日はいい天気! 明るい陽射しが差し込み、テラスから眼下に古都の景色を一望!

左前方には平安神宮の大鳥居、右手には南禅寺の三門が見えます。 この三門は歌舞伎で石川五右衛門の名台詞「絶景かな絶景かな」の舞台になっている場所です。

このお部屋からの眺めこそ、まさに「絶景かな!」です☆☆☆

 

DSC000861124_2.jpg

朝食後、館内をゆっくりクルーズしてみました。館内の至る所に美し絵画や書が展示されていますが、その中でもお勧めの物を数点ご紹介します。

こちらは4階・葵殿前の「杉本哲郎画伯 壁画 “清水寺縁起”」。かなり大きいので迫力があります。

 

1130_1.jpg

こちらはレストラングランドビュー前の杉戸襖。元は葵殿で使用されてたそうです。きれいです! 

 

DSC000971124_4.jpg

〇〇 の「樋口富麻呂 舞妓」

 

DSC000981124_5.jpg

こちらも同じく〇〇  の「香蘭社製 磁芸 御所車」 美しい色合いにうっとり。。。

舞妓、御所車と、京都ならではのモチーフですよね!

 

DSC001041124_8.jpg

こちらはケースの中に陶磁器がずらり☆ 中には皇族の方が使用されていた食器も展示されています。

まだまだ他にもたくさんの作品があり、ゆっくり見ていると時が経つのを忘れてしまいます。。☆

アート好きな方には絶対おススメです!

 


ここからフッター情報です

ページはここまでです

トップへ戻る