ワイルドな彼らに会いにいこう!アニマルウォッチングツアー

ビッグファイブ in 南アフリカ・クルーガー(南アフリカ)

ビッグファイブ in 南アフリカ・クルーガー

サファリ観光中に是非見つけたい人気の大型動物「ライオン・ゾウ・サイ・バッファロー・ヒョウ」をビッグファイブと呼んでいます。クルーガー私営動物保護区では国立公園とは違い、ドライバーガイドの経験と判断でより動物たちに近づくことが出来るので、満足度が違います!

ケニア・タンザニア

かわいい動物たちの子育てシーズン

10月末~11月にかけて、ケニアのマサイマラにいたヌーたちがタンザニアのセレンゲティへ戻る頃。肉食動物たちも活発になるので迫力あるサファリが楽しめるシーズンです。1・2月になると動物の赤ちゃんたちが誕生し可愛らしい子連れの動物たちに遭遇するチャンスが、4~6月頃は恵みの雨が降り緑と動物の色彩コントラストが美しいシーズンで、子育てをする動物たちの様子が見られるかもしれません。7・8月頃はヌーの大移動シーズンです。

エクアドル

イグアナやガラパゴス固有種

1978年にユネスコが世界で最初に世界自然遺に指定したのがガラパゴス諸島です。ガラパゴの名前はスペイン語の「カメ」に由来しています。固有の動植物が多く生息し独自の進化を遂げています。ガラパゴスゾウガメの保護で有名なダーウィン研究所のあるサンタクルス島、リクイグアナの繁殖地として有名なプラザ島など、島ごとに見どころがあることも魅力です。

マダガスカル

キツネザル・カメレオンやマダガスカル固有種

ユニークな自然が魅力のマダガスカル。バコナ自然保護区やペリネ自然保護区にはマダガスカル固有種の代表とも言えるキツネザルが多種生息しています。横っ飛び姿が可愛らしいシファカやワオキツネザル、キツネザル最大種のインドリなどを探すウォーキングサファリをお楽しみいただけます。

オーストラリア

土ボタル

オーストラリアとニュージーランドにしか生息しないといわれる珍しい土ボタル。世界で8番目の不思議と言われる神秘的な青白い光を放つ生物で、一説ではあの映画「天空の城ラピュタ」に登場する飛行石のモデルになったとも言われています。夜になると、数えきれないほどのたくさんの土ボタルたちが、青白い神秘的な光を放ちます。その光景はまるで天然のプラネタリウムのようで、感動すること間違いなしです。

ベリーズ

国鳥トゥーカンやベリーズならではの動物

ベリーズの隠れた人気スポット「ベリーズ動物園」は、比較的小さな動物園ではありますが、野生動物をなるべく自然に近い状態で飼育しており、 日本ではなかなか見られない動物達を観察できます。中でもベリーズの国鳥トゥーカンはカラフルで大きな口ばし、人懐っこくおしゃべり好きで人気者です。 他にもホエザル、ジャガーや国獣のバクなどと出会うことも出来ます。 自然豊かな亜熱帯のベリーズには実に多種多様な動物たちが生息しています。

ベリーズ

マナティ

人魚のモデルともされているマナティは、成長すると体長3~4m、体重300~1,000kgにもなる巨大な哺乳類です。 草食で大きな体に似合わず、穏やかな性格がマナティの魅力でもあります。 ベリーズには世界第2位の大きさを誇る広大なサンゴ礁保護区があり、世界自然遺産にも登録されており、その付近は 絶滅危惧種マナティの生息地としても有名です。ツアーでは船に乗り海上からマナティ探しをお楽しみいただけます。

ニュージーランド

ペンギン

ニュージーランドの南島は野生動物の宝庫。ダニーデン市街地より少し離れたオタゴ半島には、珍しい野生動物が生息しています。ニュージーランドにしか生息していない絶滅危惧種のイエローアイドペンギンやブルーペンギンの姿が見られるかもしれません。また、南島海岸線のカトリンズコーストでもオットセイや、世界で最少かつ希少なヘクターズ・ドルフィンと出会うチャンスもあります。