ページ内アンカーリンク

ニュースリリース

大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード
♯SASS2021 応募開始!
企業賞の提供で中高生のSDGsに関する活動を支援します。

2021年(令和3年)11月9日

 近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都新宿区 取締役社長:髙浦 雅彦、以下 近畿日本ツーリスト)は、第2回#SASS2021「大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード」に「近畿日本ツーリスト賞」を提供し、この活動を支援いたします。これは近畿日本ツーリストが推進するSDGs活動の一環であり、企業賞を提供することで、同アワードが目指す「社会を変える広がり」を創出する取り組みに貢献いたします。(URL:https://www.sdgs-award.com/)
 なお、当社は昨年の本アワード第1回実施時より協賛しております。

#SASS2021「大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード」は、大学生が運営するSDGsをテーマとする動画コンテストです。これからの未来を担う中高生のメッセージを、映像を通してメッセージを世の中に伝え、中高生、大学生、企業が双方向につながり、「社会を変える広がり」を創出します。第2回を迎える今年度はより広く活動を展開し、全国の中学・高校に向けた探究学習やSDGs教材としての発信、つながりの場の創出、社会課題解決に向けたアイディアの募集・表彰を行います。

当社が提供する企業賞「近畿日本ツーリスト賞」のテーマは、以下のとおりです。

SDGsで観光に関連する目標は【8.働きがいも経済成長も】【12.つくる責任つかう責任】【14.海の豊かさを守ろう】をはじめとして、17すべての目標に関連する可能性があります。自分の住んでいる地域の観光への取り組みや、地域ならではの自然環境や文化・遺産、特産品、雇用に関してなど、観光に関連するテーマで調べてみよう!近畿日本ツーリストが推進するSDGs目標の中で最重点テーマとして設定している【3.すべての人に健康と福祉を】【4.質の高い教育をみんなに】の観点からも考えてみよう!

第1回♯SASS 2020「近畿日本ツーリスト賞」を受賞した作品は
こちらをご覧ください⇒

高校生が取り組むSDGs
広島県立油木高等学校

SDGs×地方創生を消滅可能性都市に住む高校生の視点から考え、具体的な提案もしっかりとされており、等身大の真摯な姿と多くの地域で参考になるテーマとして高い評価を得ました。

#SASS2021「大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード」開催概要
~SDGs関連のテーマなら内容は自由!中学生・高校生ならどなたでもご参加いただけます~

主 催 : #SASS2021実行委員会、株式会社横田アソシエイツ、武庫川女子大学経営学部、一般社団法人アンカー
後 援 : 外務省 、農林水産省、神戸市、札幌市、金沢市、北九州市
審査員 : 池本 修悟(公益社団法人 ユニバーサル志縁センター専務理事、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部教授)
      大原 浩(近畿日本ツーリスト株式会社 取締役事業推進本部長)
      金井 隆行(株式会社TOKYO EDUCATION LAB代表取締役)
      高堰 うらら(東京大学大学院 工学研究科2年)
      田島 翔太(千葉大学大学院国際学術研究院 助教・博士(工学))
      中島 秀敏(株式会社三菱地所住宅加工センター代表取締役社長)
      福井 誠(武庫川女子大学 経営学部長・教授)
      山田 基靖(学校法人 摺河学園 学園長) ※外務省より官民人事交流派遣
      横田 浩一(横田アソシエイツ代表取締役、慶應義塾大学大学院特任教授)※50音順

【募集要項】
◆募集テーマ : 「SDGsを考え行動して発信する」
◆募集対象 : 地域活性化、環境保全、エネルギー、教育、ジェンダーなどSDGsに関連するものであれば内容は自由。
         SDGsに関する調査、問題提起、提案、自分たちで行動したもの等をまとめた2〜5分の動画
◆応募資格 : 全国の中学生、高校生(中高混合チームも可)、1〜8名の個人またはチーム
◆応募期間 : 2021年11月1日(月)〜2022年2月15日(火)
※審査基準・方法や、応募方法等、その他の詳細は、#SASS公式サイトからご確認ください。
https://www.sdgs-award.com/

 KNT-CTホールディングスグループの近畿日本ツーリストは、「世界中の人々の夢と感動のため、私たちは常にチャレンジします」をビジョンに掲げ、修学旅行をはじめとした全国の学校行事での旅行を取扱いさせていただいており、質の高い教育に寄与する旅行やプログラムの企画・提案を行ってまいりました。これからも、“旅”を通じて社会課題の解決を図り、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成およびサスティナブルな社会の実現に向けて貢献していまいります。