今年の夏は避暑地に旅行してみませんか?

近年、夏の季節は、最高気温が40℃を超えることも少なくありません。暑い日中は、部屋にいるだけで体力を消耗していまいます。夏を優雅に過ごしたいなら、涼しい避暑地に旅行してみてはいかがでしょう?さわやかな空気につつまれて、ゆっくりとお過ごしください。

避暑地への旅行をおすすめする理由

1.涼しいので快適にレジャーを楽しめる

避暑地とは、標高が高く涼しい場所のことを指します。例えば北海道の富良野であれば、8月の平均気温は20.9℃、山梨県の山中湖なら20.7℃です。

真夏の暑さを忘れて、快適に屋外でのレジャーを楽しめます。

宮崎県のパワースポット・高千穂で涼しく水遊びするのもおすすめです。

2.「何もしない」ぜいたくなひと時を過ごせる

「何もしない」というのは、最もぜいたくな過ごし方の一つです。窓から入ってくる風を感じながら、ワイン片手に読書はいかがでしょう?

伊豆・箱根には温泉を備えた施設も多く、ゆったりとお湯に浸かって涼むなんて、最高のぜいたくだと思いませんか?

3.避暑地ならではの自然を楽しむ

高原や湖など、避暑地には涼しさを感じさせる自然が豊富です。澄んだ空気やマイナスイオンがあなたを癒してくれるでしょう。

六甲山、軽井沢などでは、夜は満天の星空を眺められます。またカナダのバンクーバーやフィンランド、日本とは季節が逆になる南半球のニュージーランドなど、「涼しさ」を求めて海外旅行に出るのもおすすめです。

おすすめプラン

富良野(北海道)

北海道屈指の避暑地。ラベンダー畑や青い池に訪れて、美しい景色を眺めながら涼んでください。

上高地(長野県)

美しい自然あふれる、日本屈指の山岳リゾート!

箱根(神奈川県)

神奈川にある日本有数の温泉地です。標高が高くて清涼。美術館巡りや温泉でのんびりと過ごしてください。

六甲山(兵庫県)

神戸の避暑地。六甲高山植物園や六甲山牧場などのスポットがあります。ドライブもおすすめです。

高千穂峡(宮崎県)

宮崎の避暑地。ボートから眺める柱上の岩肌が特徴的です。九州で涼を感じたいのなら足を運んでみませんか?

ヘルシンキ(フィンランド)

ヘルシンキは日本から一番近いヨーロッパの都市。涼しく過ごしやすい北欧の夏は、街歩きに最適です。

フィンエアー直行便で行く ヘルシンキステイ 6日間 <追加代金で選べる食事プランをご用意>

1名様より催行保証!直行便でらくらく。追加代金で、夕食またはカフェクーポンを手配できます。ホテルは2プランからお選びいただけます。

旅行代金
139,700円~302,700円
設定期間
2019年5月1日~ 2019年10月31日

【2名催行】ヘルシンキステイ 6日間 <フィンエアー直行便利用/カフェクーポン付!>

全出発日2名様より催行保証!チョコレートブランドとして有名なFAZER(ファッツェル)が運営するカフェのケーキセットまたは日替わりランチに使えるクーポン1回付です。ホテルは2プランからお選びいただけます。

旅行代金
189,800円~333,800円
設定期間
2019年4月26日~ 2019年10月20日

(C)Moomin Characters TM Theme park created by Dennis Livson

【6/7~8/24出発・2名催行】ヘルシンキとムーミンワールドプラン 6日間 <ムーミンワールド入場チケット付>

全出発日2名様より催行保証!福岡空港⇔ヘルシンキ直行便就航!期間限定オープンのムーミンのテーマパーク、ムーミンワールドへ!リゾート地ナーンタリでは、ゆったりスパホテルにご宿泊。

旅行代金
259,800円~366,800円
設定期間
2019年6月7日~ 2019年8月24日

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集