旧奈良監獄は監獄施設の近代化を目指して、明治五大監獄(千葉・金沢・奈良・長崎・鹿児島)の一つとして、1908年、数多くの刑務所や裁判所の設計を手掛けた山下啓次郎氏の設計によって建てられました。現存する明治ロマネスク様式のレンガ建築は施工から100年あまりの時が過ぎた現在もなお、その威厳と美しさが衰えることはありません。

旧奈良監獄(イメージ)

旧奈良監獄 中央看守所(イメージ)

旧奈良監獄 中庭(イメージ)

奈良公園(イメージ)

現地観光プラン

現地観光プラン(1名予約可能)

交通セットプラン

首都圏発

中部発

北海道発

東北発

北陸発

中国四国発

九州発