1936年に始まり、現在は毎年12/1~3/31の冬期間のみ運行している「ストーブ列車」。運行している津軽鉄道は、津軽五所川原駅~津軽中里駅間の約20kmを走る、人気のローカル線です。レトロな各駅舎や車内は風情もばっちり。代名詞の石炭燃料のダルマストーブでは、車内販売のスルメ(別料金)も焼く体験もお楽しみいただけます!あったかストーブ列車と車窓からの雪景色をお楽しみください。

2019-2020シーズンの販売は終了しました

津軽鉄道「ストーブ列車」(イメージ)

津軽鉄道「ストーブ列車」(イメージ)

津軽鉄道「ストーブ列車」ダルマストーブ(イメージ)

津軽鉄道「ストーブ列車」スルメ焼き(イメージ)

現地観光プラン

近くのスポット

太宰治記念館「斜陽館」 (だざいおさむきねんかん「しゃようかん」)

明治の大地主であった父が建築した作家・太宰治の生家。青森ひばを使用した重厚感のある建物です。現在は記念館として太宰治の愛用品や初版本、書簡など貴重な資料を展示しています。

  • 青森県五所川原市
  • 入館料/一般:個人500円(400円)、高・大学生300円(200円)、小・中学生200円(100円) ※2020年4月1日より、一般:個人600円(500円)、高・大学生400円(300円)、小・中学生250円(200円) となります。また、( )内は団体料金となります。(2020年3月25日現在の情報です)
  • 開館時間/4~9月:9:00~17:30(最終入館17:00)、10~3月:9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 休館日/12月29日
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/青森県五所川原市金木町朝日山412-1
  • お問い合わせ/0173-53-2020(太宰治記念館)