下呂温泉への旅行におすすめの老舗温泉宿

日本三名泉の1つ、岐阜県・下呂温泉への旅行におすすめできる昭和6年創業の温泉宿です。木造3階建ての本館と玄関、渡り廊下が、国の登録有形文化財に指定されています。温泉は、下呂温泉の源泉を大浴場・露天風呂・家族風呂・足湯など、さまざまな場所で堪能できます。全室お部屋出しの夕食で、家族や友人とゆっくり食事の時間を楽しめます。

湯之島館 3つの魅力

  1. 建設当時のまま残る名建築の宝庫
  2. シャワーまで源泉を利用!「美人の湯」を堪能
  3. 全室お部屋出しで、ゆっくり夕食を楽しめる

1.建設当時のまま残る名建築の宝庫

5万坪の広大な敷地には、木造3階建ての本館のほか、和風建築の別館、洋風建築の娯楽館が軒を連ねています。

山の斜面に沿って、なるべく自然を壊さないように作られた建物は、各館が廊下で繋がっており、まるで迷路のよう。

国の登録有形文化財に指定された本館、玄関、渡り廊下はもちろん、天皇陛下が滞在された本館特別室や、昭和ロマンを感じられる洋館のダンスホールなど、建物内を散策すれば、いたるところで名建築に出会えます。

2.源泉を利用!「美人の湯」を堪能

「美人の湯」として親しまれる下呂温泉の源泉を、さまざまな場所で堪能できます。

大浴場や露天風呂はもちろん、部屋に付いている内湯や露天風呂、空いている時間に利用できる4つの家族風呂のほか、なんとシャワーや洗面台に至るまで、源泉をそのまま利用しています。

さらに、館内スタンプラリーや散策の途中に休める「山の足湯」にも源泉を使用しており、夜、ビールやワインを片手に、足湯につかりながら一息つくこともできます。

3.全室お部屋出しで夕食を楽しめる

夕食は、全室お部屋出しのため、家族や友人とゆっくり食事の時間を楽しめます。

献立は、厳選された飛騨牛のサーロインや、時期によっては地元の益田川(飛騨川)で獲れる鮎や天魚(あまご)などの川魚、さらには湯之島館特製の「焼き寿司」などの懐石料理を提供。

各種取りそろえた飛騨地方の地酒と一緒に、四季折々の土地の恵みを味わえます。

湯之島館のおすすめプラン

湯之島館へのアクセス

src=

■住所
 〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島645
■電話
 0576-25-4126
■電車でのアクセス
 JR高山本線 下呂駅よりタクシーで約5分
■車でのアクセス
 中央自動車道 中津川ICより約1時間
■送迎車
 送迎(送り):あり
 送迎(迎え):あり(下呂駅より)
 ※特急列車の到着時間に合わせてお迎え。
 ※事前連絡が必要です。
■駐車場
 あり
 

湯之島館周辺の観光スポット

温泉寺 (おんせんじ)

薬師如来の化身といわれる白鷺が舞い降り、新しい源泉を村人に知らせたという言い伝えが残る名刹。境内からは下呂のまち並みを一望できます。

  • 岐阜県下呂市
  • 拝観料/無料
  • 拝観時間/日没まで拝観自由
  • 定休日/なし
  • アクセス/JR下呂駅より徒歩約15分
  • 所在地/岐阜県下呂市湯之島680
  • お問い合わせ/0576-25-2465

下呂温泉合掌村 (げろおんせんがっしょうむら)

白川郷などから移築した10棟の合掌家屋が佇み、村内では様々な体験ができる他、人形歌舞伎「竹原文楽」に関する資料の展示や足湯などもあります。

  • 岐阜県下呂市
  • 料金/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 営業時間/8:30~17:00
  • 定休日/年中無休
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/岐阜県下呂市森2369
  • お問い合わせ/0576-25-2239

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る