プログラム

プログラム(予定)

日程 午前 午後 夕方
9月6日
(水)
一般研究発表
特別集会1
技術セミナー 学生会員発表
ポスター発表
(一般及び若手・学生セッション)
日中韓国際交流シンポジウム
分科会
環境機器展
9月7日
(木)
一般研究発表
特別集会2,3
技術セミナー 総会、受賞記念講演
特別講演
シンポジウム
懇親会
環境機器展
9月8日
(金)
一般研究発表 一般研究発表 (口頭)
市民公開フォーラム、合同分科会
 
特別集会4,5,6
環境機器展

なお、期間中は全日、環境機器展を開催しています。様々な最新機器が展示されますので情報収集などの機会としてご参加ください。

上記に掲載の日程表・プログラムは現時点のものであり、今後、予告なく更新・変更になる場合がございます。

■ 特別講演
浅野 直人(福岡大学名誉教授、中央環境審議会前会長)
  「今後の環境政策の方向―第5次環境基本計画案、長期低炭素ビジョンなどを踏まえて-」
■ シンポジウム「大気環境の安全とリスク」
春名 克彦(兵庫県農政環境部環境管理局長)
  「兵庫県の大気環境保全の取組と今後の展開」
中野 孝司(国家公務員共済組合連合会大手前病院顧問・呼吸器センター長、兵庫医科大学名誉教授)
  「アスベストなどの大気粉塵が及ぼす生体影響」
丸本 幸治(国立水俣病総合研究センター 環境・疫学研究部環境化学研究室長)
  「水銀に関する水俣条約の有効性評価における環境モニタリングの役割」
伊藤 和男(大阪府立大学工業高等専門学校教授)
   「森林土壌の酸性化-樹木への影響とリスク、関西の事例を中心に-」
■ 日中韓国際交流シンポジウム
“First step of cooperation among JSAE, CSES, KOSAE”
(日中韓大気環境学会交流の第一歩として)”
■ 特別集会1
PM2.5高濃度の地域別特徴と近年の動向
(環境大気モニタリング分科会、全国環境研協議会共催)
■ 特別集会2
大気汚染の健康影響に関するフィールド研究
■ 特別集会3
都市大気中窒素酸化物濃度の現状と今後の課題
― 光化学オキシダント汚染との関係から
■ 特別集会4 (一般公開)
福島事故による放射性物質の大気環境影響はどこまで明らかになったか(仮題)
(放射能動態分科会)
■ 特別集会5
中国北京市におけるPM2.5大気汚染の実態と動向(仮題)
■ 特別集会6
産学官における大気環境研究へのドローン活用の最前線
■ 市民公開フォーラム (準備中)

大気環境学会行事

準備中

お問い合わせ

【第58回大気環境学会年会に関するお問い合わせ先】
兵庫医科大学 公衆衛生学教室
第58回大気環境学会年会事務局
〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1−1
TEL: 0798-45-6566(事務局直通)FAX: 0798-45-6567
Email: jsae58@hyo-med.ac.jp
【参加登録・宿泊・交通に関するお問い合わせ先】
近畿日本ツーリスト株式会社  関西MICE支店(旧:関西イベント・コンベンション支店)
「第58回大気環境学会年会」担当デスク
〒556-0017大阪市浪速区湊町1-4-38 近鉄新難波ビル6F
TEL:06-6635-2627 / FAX:06-6641-0072
E-mail:eckansai11@or.knt.co.jp
(営業時間:月~金 9:15~18:00 土日・祝祭日は休業)

ページの先頭へ