【話題沸騰中!】ミャンマーってどんな国?遺跡だけじゃない魅力をお伝えします!

【話題沸騰中!】ミャンマーってどんな国?遺跡だけじゃない魅力をお伝えします!

昨年からニュースで取り上げられることが増えたミャンマーですが、まだまだどんな魅力があるのかご存じない方もいらっしゃるのでは!?
実は世界三大仏教遺跡のひとつ「バガン遺跡」はもちろん、それ以外にもたくさんの魅力が詰まった旬な国です。

1.世界三大仏教遺跡のひとつ!バガン遺跡は圧巻の風景

バガン全景 イメージ

バガン全景

カンボジアのアンコール遺跡、インドネシアのボロブドゥール遺跡と並ぶ世界三大仏教遺跡のひとつがミャンマーにあるバガン遺跡です。
この遺跡はなんといっても仏塔が無数に広がっている風景に圧倒されます。こんなにもたくさんの仏塔が見れるところはなかなかありません!

シュエジゴンパゴダ

シュエジゴンパゴダ

シュエジゴンパゴダミャンマーには、金ピカの寺院がたくさんあります。天気がいい日はそれはそれはまぶしいほど輝いております。こちらはシュエジゴンパゴダで、仏陀の歯と遺骨が納められていると言われています。

願いが叶う仏像

願いが叶う仏像

シュエジゴンパゴダの敷地内に、現地の方にも大人気の「願いが叶う仏像」があります。金箔を買って、自分の治したいところ、調子の悪いところに貼るとよいと言われています!私はお腹が緩くなりやすいのでお腹にペタっとさせていただきました。おかげさまでミャンマーにいる間はお腹調子を崩さずよかったです♪

アロピィ寺院

アロピィ寺院

まだ日本人どころか欧米人にもあまり知られていない隠れおすすめスポットがこのアロピィ寺院です。地元の方がバガンに来たときには必ず訪れるという寺院で、名前を訳すと「アロ(願い)ピィ(叶う)」となります。境内では宝くじも売っていますが、ご利益はいかほどに!?私の願いがいつ叶うかわくわくしているところです。

エーヤワディー川

エーヤワディー川

バガンはエーヤワディー川(イラワジ川)のほとりにある遺跡です。 エーヤワディー川クルーズでは、天気がよければ夕日も見ることができます。

2.ミャンマーの自然を満喫できるインレー湖

インレー湖

インレー湖

インレー湖はイギリス植民地時代に避暑地として栄えた街です。周囲を山に囲まれた湖で、遺跡とはまた一味違うミャンマーの魅力を感じていただけます!
インレー湖の周りにはインター族という少数民族が暮らしており、漁業や農業で生計を立てています。ボートの片足漕ぎは彼らの得意技!採れた魚なども見せてくれます。

水上集落

水上集落

インレー湖では水上で生活している人々の暮らしを見ることができます。彼らは水上浮き畑を作り、農業をしながら暮らしています。一番の名産品は太陽の光をたっぷりと浴びたトマトです!一年中採れるので、インレー湖ではパスタやピザなどのイタリア料理を食べることができます♪本格的な味ですよ!

水上コテージ

水上コテージ

インレー湖のホテルには、水上コテージのお部屋もあります。水上コテージと言えばタヒチやモルディブのイメージですが、インレー湖の水上コテージは山も一緒に見ることができるのがポイント!ぜひ早めにホテルに入って、ベランダから山に沈む夕日を見てください。インレー湖は「のんびり滞在」という言葉が似合うところです。

カックー遺跡

カックー遺跡

最近インレー湖で話題のスポットがカックー遺跡です!インレー湖から車で2時間のところにあるカックー遺跡は、何千もの仏塔が天へと伸びる光景が圧巻です。800年物歳月をかけて2,000を超える仏塔が建てられました。このあたりには少数民族のパオ族が住んでおり、パオ族のガイドが案内します。

3.地元の人にも人気のパワースポット ゴールデンロック

チャイティーヨー(ゴールデンロック)パゴダ

チャイティーヨー(ゴールデンロック)パゴダ

仏陀の頭髪が納められているというゴールデンロック。落ちそうで落ちない不思議な岩です。地元の人にも大人気で、週末になるとヤンゴンからこぞって人が集まってきます。2016年3月に、3年に1度の金箔貼り換え工事を行ったばかりなので、ピカピカです!

チャイティーヨー(ゴールデンロック)パゴダ

チャイティーヨー(ゴールデンロック)パゴダ

地元ではパワースポットとして有名なゴールデンロックですが、ゴールデンロックの写真をパソコンの壁紙にすると願いが叶う!?と私の周りでは言われています。結婚した人や子どもを授かった人が続々!?ぜひ自分の目でゴールデンロックを見て、写真を撮って壁紙にしてみてください!

4.ミャンマーの人にとって大切な生まれ曜日

シュエダゴンパゴダ

シュエダゴンパゴダ

日本では、占いといえば血液型占いや星座占いがメジャーですが、ミャンマーでは生まれ曜日で占いをします。しかも、占いが非常に大事にされていて、就職や結婚も占いを必ずしてもらうそうです。名前も生まれ曜日が表されています。
ちなみにミャンマーでは生まれ曜日のことを「八曜日」と言いますが、これは水曜日だけ「午前」と「午後」に分かれているためです。

曜日の神

曜日の神

ヤンゴンのシュエダゴンパゴダには、各曜日の神様が祀られています。ぜひ自分の生まれ曜日を調べて、神様詣でをしましょう。私は日曜日生まれなので、神様は火の鳥「ガルーダ」です!ミャンマーの人はシュエダゴンパゴダを訪れる度に必ず自分の生まれ曜日の神様に挨拶をしていくそうですよ。

この記事は2016年4月14日時点の情報です

おすすめプラン

ミャンマーに行くツアーはこちら

この記事を書いた人

たなかまき

NO LIFE NO SAKE 企画担当者

たなかまき

きれいな海を見ながら、おいしいお酒を飲むのが最高の幸せ。
好きなビーチリゾートはカンクン。
オールインクルーシブのホテルが多く、たくさんお酒を飲めるから。
世界のいろんなお酒を制覇したいなぁ・・・。