ここから本文です

糺の森に佇む「さるや」 約140年ぶりに復元された葵祭の名物"申餅"で一息

エリア:下鴨神社・京都御苑

グルメ

京都を代表する神社の一つ、世界遺産の下鴨神社境内に佇む「さるや」。下鴨で“あずき処”として知られる「宝泉堂」が手掛けています。

いにしえより下鴨神社に受け継がれてきたお菓子が約140年ぶりに復元され、評判になっています。

 

IMG_18081029_3_1.jpg

下鴨神社の境内、糺の森に溶け込むように佇む「さるや」。“茶店”の風情が心和みます。

 

IMG_18091029_3_2.jpg

店内の北東角には猿神様が祀られていました。古来より北東は邪気のこもる方角“鬼門”と呼ばれています。そこで下鴨神社は参拝者の平穏無事を祈願して建物の北東に猿神様をお祀りしているのだとか。それに因んでいます。

 

IMG_18121029_3_3.jpg

「さるや」は季節ごとにさまざまな甘味を提供していますが、こちらの名物はなんと言っても“申餅”でしょう! 明治まで葵祭期間の申の日に、小豆を焚いた茹で汁で搗いたお餅をお供えし、それを“申餅”と呼んでいたそうです。

明け方の一瞬、空がほんのり茜色に染まる様子を“はねず色”と呼び、命が誕生する瞬間を表しているとされています。“申餅”はその色がはねず色なのでこのお餅を食べて邪気を払い、無病息災を祈ったとか。

約140年ぶりに復元されたありがたいお餅!!! 食べずにいられようか!?いや、いられはしまい。

 

IMG_18111029_3_4.jpg

私は申餅を冷たい黒豆茶付でお願いしました(冷たい黒豆茶付650円税込)。 黒豆茶はポットの中で5分位蒸らしてからいただきます。申餅は単品でも楽しめます。(ほうじ茶付・350円税込)

この黒豆はお茶を飲み終わった後、食べる事ができるんです☆ 葵文様の小皿に取り、お好みで一緒に出される塩を付けて食べるのですが、香ばしくて美味しい!!!

下鴨神社をゆっくり参拝して、一息つくのにぴったりです。 絶対おススメです☆


ここからフッター情報です

ページはここまでです

トップへ戻る