海外でしか見れないウォールアートを探す旅

街角に突如現れるウォールアート。日常の中の非日常とも言えるその存在は、インスタを通して若者に人気を集めています。ここでは、他にはないウォールアートが見られる海外のスポットを紹介します。

美しいウォールアート

海外のウォールアートスポット3選

  1. ワンワールドトレードセンター(ニューヨーク)
  2. リークストリートトンネル(ロンドン)
  3. 彩虹眷村(台湾・台中)

1.ワンワールドトレードセンター

ニューヨークはグラフィティ(今で言うウォールアート)発祥の地。街の至るところで、ウォールアートを目にすることができます。

ロウアーマンハッタンに新設されたワンワールドトレードセンターの北側にある一角は、何組かのアーティストによるウォールアートで彩られています。

街中のウォールアートはストリート感があり、「怖い」という印象を持つかもしれません。しかし、ここはポップな色使いのものが多く、絶好のインスタスポットとなっています。

2.リークストリートトンネル

世界的なアーティスト=バンクシーを生んだことで知られるロンドン。街中のいろいろな場所でウォールアートを確認できます。

「リークストリートトンネル」はランベスにある高架下のトンネル。一面がウォールアートで埋め尽くされるさまは圧巻です。バンクシーは2006年にここで世界のアーティストを集めたエキシビジョンを開き、以降注目を集めるようになりました。

最寄りはウォータールー駅。付近にはギャラリーやカフェもオープンし、観光にもおすすめです。

3.彩虹眷村

台湾の台中市には、家の壁や道路の一面が色鮮やかな壁画で覆われた地区があります。その場所は彩虹眷村、日本語では「虹の村」と呼ばれている地区です。

このカラフルな絵を描いたのは、実は一人のおじいさんなんです!その黄永阜さんは、元国民党の兵士。趣味として描き始めた絵が評判となり、今や台中でも有名な観光スポットとなりました。

絵には「萬事成功」「百年好合」など心温まる言葉が添えられており、撮影にもピッタリ!台中駅からバスで「彩虹眷村」下車。徒歩10分でアクセスできます。

ニューヨーク(アメリカ)

ロンドン(イギリス)

台中(台湾)

ワンワールドトレードセンター(ニューヨーク)へのアクセス

src=

■住所
 285 Fulton St, New York, NY 10007 U.S.A.
■電話番号
 +1 844-696-1776
■電車でのアクセス
 地下鉄A/C線 Chambers St駅より徒歩6分
 地下鉄E線 World Trade Center駅より徒歩2分
 地下鉄R線 Cortland St駅より徒歩4分
 地下鉄2/3線 Park Place駅より徒歩18分
 地下鉄4/5/J/Z Fulton St駅より徒歩8分

リークストリートトンネル(ロンドン)へのアクセス

src=

■住所
 York Rd, Bishop's, London SE1 7ND UK
■電車でのアクセス
 地下鉄ウォータールー駅より徒歩2分

彩虹眷村(台湾)へのアクセス

src=

■住所
 408 台中市南屯區春安路56巷25號
■電話番号
 +886 4 2380 2351
■バスでのアクセス
 台鉄 新烏日駅より [56番]のバスで約10分

彩虹眷村の現地情報ブログ

台中

台北から新幹線で約50分、SNSで話題沸騰中!フォトジェニックな「台中」に行ってきました

絶景・自然

フォトジェニック

スイーツ

関西空港からわずか約3時間。
近くて気軽に行くことができ、リピーターの多い人気の台湾!!
今回は台北から新幹線でわずか約50分で行くことができる台中へ行ってきました。
台中は今、TVや雑誌でフォトジェニックなスポットとして取り上げられ、話題沸騰中!
写真には自信ないものの、流行には目がない私は、早速話題のスポットへ行ってきました~♪
SNSに上げたい!と思っていただけたら幸いです!(*^-^*)

この記事を読む >>

流行大好き!ツアープランナー

福嶌亜矢

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集