広島 三段峡

三段峡

三段峡・三段滝

世界遺産に登録されている宮島や広島ドームに続き、平成27年にフランスの権威ある旅行専門誌で最高格付け「三ツ星」を獲得した「三段峡」。三段峡入口から聖湖まで全長約16kmにおよぶ大峡谷で、国の特別名勝にも指定されています。美しい清流と緑、安らかな自然音に包まれるこの地は、日常の喧騒から離れてマイナスイオンをチャージするのにぴったり。
なかでも有名なスポットが、出合橋(水梨)から約1.5kmに位置する、ポスターでもおなじみの「三段滝」です。全長約30mにわたる三段からなる滝で、その豪快さ、自然の偉大さに驚かされることでしょう。

三段峡・蛇杉橋

三段峡は、山水画を思わせる世界を徒歩で楽しめる西日本有数の秘境です。特に春の新緑や、秋の紅葉の美しさは、まさに大自然がつくりだす芸術。季節・天候・時間によって移り変わる絶景を眺めながら散策するのは、何とも贅沢な時間です。三段峡入口から徒歩約5分の「竜の口」まで来たら、この地の美しさに魅了され、奥へ奥へと自ずと足が進んでいくことでしょう。
三段滝へと続く遊歩道の途中には、峡谷にかかる吊り橋「蛇杉橋」があります。吊り橋を渡りながら、豊かな自然美とともにスリルを味わうのも、このスポットならではの楽しみです。

三段峡・二段滝

三段峡のもう一つの魅力は、2つの人力渡し舟「黒淵渡舟」「猿飛渡舟」があることです。古の山水画のような世界観が漂う変化に富んだ地形を、渡り舟に乗って進むと、そこからしか見ることのできない景色や、他では味わえない風や空気の心地よさに満たされます。
猿飛渡舟で渡ったところにあるのは、黒淵・猿飛・三段滝・三ツ滝と並んで三段峡の五大景観の一つに数えられる「二段滝」。落差約11m、幅約5mのこの滝は、元々はその名の通り二段でしたが、昭和63年の集中豪雨によって上段が崩れて一段になってしまいました。それでも轟音を響かせ、水煙をあげる様は迫力満点。三段峡に訪れたら、ぜひ堪能していただきたい絶景スポットです。

三段峡

住所:

広島県山県郡安芸太田町柴木

アクセス:

JR広島駅より広電バス三段峡線で「三段峡」下車、徒歩1分

【お知らせ】

工事のため一部通行止めになっております。また、冬季(11月下旬~3月は)渡船の営業が休業となります。お出かけ前に必ず公式サイトをご確認ください。
人力渡し舟「黒淵渡舟」「猿飛渡舟」や森林浴ガイドツアー等もご案内ができます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

おすすめする人
近畿日本ツーリスト中国四国 才田

広島のプランを探して
元気・笑顔になろう!