グアムの伝統グルメ「チャモロ料理」を食べに行こう!

グアムに伝わる伝統料理は「チャモロ料理」と呼ばれています。ここでは、スペインやアメリカ、日本や東南アジアの国々の影響を受けた、人気のチャモロ料理をご紹介。グアム旅行でぜひ味わってください!

グアムのチャモロ料理

グアムのチャモロ料理

グアムのご当地グルメ3選

  1. 辛くないです!レッドライス
  2. ブチ・ブチなどスナックも充実!
  3. グアムのトルティーヤはデザートだった!

1.辛くないです!レッドライス

名前の通り、真っ赤なレッドライスは代表的なチャモロ料理の一つです。グアムで行われる村のお祭り「フィエスタ」などの催事をはじめ、日常的に食べられています。

ビタミンAが豊富なアチョーテの実に水を加え、真っ赤に染まった水を使ってレッドライスは作られます。ケチャップライスに間違えられるほどの色合いですが、実は味に大きな変化はなく、香ばしくなったご飯の風味を楽しむ感覚です。

チャモロ料理の有名店としては「チャモロ亭」「プロア」「キングス レストラン」などがあります。

2.ブチ・ブチなどのスナック

グアム料理は軽食やデザートも充実しています。

写真のブチ・ブチは、パイのような生地でカボチャのペーストを包んで香ばしく揚げたグアム定番のスナック。かぼちゃ本来の甘みが際立つ素朴な味わいです。地元のベーカリーでは揚げずに焼いたブチ・ブチが売られています。

伝統的なデザートのアピギギは、タピオカ、ココナッツミルク、ココナッツの実、砂糖を煮込み、バナナの葉で包み焼きにしたもの。お餅のような食感は日本人にもなじみやすいはず。グアム旅行の食べ歩きにも最適です。

3.グアムのトルティーヤ

トルティーヤはメキシコから伝わった、デザート・お菓子類に分類されるグルメです。元々はすりつぶしたトウモロコシから作る薄焼きパンのことを指しますが、グアムでは小麦粉から作ったものも「トルティーヤ」と呼ばれています。

グアムでは、ココナッツミルクや細かく砕いたココナッツの実のパウダーがふんだんに使われており、朝食時のパンケーキ代わりによく食べられています。ほんのりとした甘さがは朝食にぴったりです。

グアムのトルティーヤは日本で食べられるお店も少ないので、ぜひ現地で味わってみてください。

グアムのおすすめツアー

チャモロ亭へのアクセス

src=

■住所
 1433 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 Guam
■電話番号
 +1 671-646-2400
■シャトルバスでのアクセス
 パシフィック・プレイス(Pacific Place)バス停より徒歩2分
■駐車場
 あり(無料)

プロア タモンへのアクセス

src=

■住所
 Oceana Tower A, 210 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 Guam
■電話番号
 +1 671-646-7762
■シャトルバスでのアクセス
 イパオパーク/グアム政府観光局(GVB)前バス停より徒歩2分
■駐車場
 あり(無料)

キングス レストランへのアクセス

src=

■住所
 Chalan Premier Outlets, Tamuning,, Chalan San Antonio, Tamuning, 96913 Guam
■電話番号
 +1 671-646-5930
■シャトルバスでのアクセス
 グアム・プレミアアウトレット(Guam Premier Outlet)バス停より徒歩1分
■駐車場
 あり(無料)

グアムの現地情報ブログ

注目の特集