夜景都市の美しい光景を見に行こう

時代が変わり、街が変われば夜景も変わるものです。夜景観光の活性化のために定められ、3年ごとに更新される「日本新三大夜景」。ここでは2018年に指定された、日本新三大夜景をご紹介します。

長崎市の夜景

長崎市の夜景

日本新三大夜景の魅力

  1. 新しい1位は長崎市(長崎県)
  2. 根強い人気の札幌市(北海道)
  3. 工場地帯の夜景も魅力!北九州市(福岡県)

1.長崎市(長崎県)

全国にいる夜景観賞士が投票して、都市ごとに分類した結果、日本新三大夜景で1位になったのが長崎です。

長崎港を取り囲むすり鉢状の地形が、夜景観賞に適しています。「稲佐山」や「鍋冠山」、「風頭公園」などの多方向から長崎市街を一望できます。大浦天主堂、出島、女神大橋、眼鏡橋などはライトアップされ、さらに夜景観光パンフレットも用意されています。毎年1~2月には、約100万人の来場者を誇る「長崎ランタンフェスティバル」が開催され、街は一層まばゆい光に包まれます。

日本随一の夜景都市へ、ぜひ一度訪れてみてください。

2.札幌市(北海道)

日本三大夜景の第2位に輝いた札幌市は、年間を通して多くのファンが訪れる観光都市でもあります。

さまざまな高さから夜景観賞できるのが特徴です。標高531mの藻岩山、標高307mの大倉山、160mのJRタワーなどから、「光の絨毯」とも「煌めく宝石箱」とも呼ばれる人口200万人の大都市を眺められます。また冬には、日本のイルミネーションの元祖的イベント「さっぽろホワイトイルミネーション」が札幌市街を彩ります。

夜が魅力的な都市、札幌の街でロマンチックなひと時をお過ごしください。

3.北九州市(福岡県)

日本三大夜景の第3位に入賞したのが、九州の玄関口、北九州市です。

小倉駅徒歩10分のところにある船着き場から、夜景観賞のクルーズ船が出発しています。洞海湾に近づくと、化学工場のプラント群が眩しい光を放ち、作業灯が水面を照らす、いかにも工場地帯の夜景らしい光景に出会えます。また、北九州市のシンボルとして愛されている若戸大橋のライトアップは、夜空に架かる橋の赤色が実に見事。付近には大正時代の洋館が点在しており、レトロな雰囲気を漂わせています。

工場と市街の夜景を眺めに、北九州へ出掛けてみませんか?

長崎市(長崎県)

札幌市(北海道)

北九州市(福岡県)

長崎の夜景ポイント1 稲佐山へのアクセス

src=

■住所
 〒852-8011 長崎県長崎市稲佐町364
■電話番号
 095-861-7742
■バスでのアクセス
 長崎バス [3・4系統] ロープウェイ前バス停よりロープウェイで5分
 長崎バス [5系統] 稲佐山バス停より徒歩3分
■駐車場
 あり(無料)

長崎の夜景ポイント2 鍋冠山へのアクセス

src=

■住所
 〒850-0924 長崎県長崎市出雲2-144-1
■電話番号
 095-829-1184
■バスでのアクセス
 長崎バス 二本松団地バス停より徒歩15分
■徒歩でのアクセス
 グラバー園第2ゲート付近より徒歩10分
■駐車場
 あり(無料)

長崎の夜景ポイント3 風頭公園へのアクセス

src=

■住所
 〒850-0802 長崎県長崎市伊良林3丁目4-510-6他
■電話番号
 095-829-1184
■バスでのアクセス
 長崎バス 風頭山バス停より徒歩5分
■駐車場
 なし

長崎市周辺の観光スポット

新地中華街 (しんちちゅうかがい)

かつて中国からの貿易品の倉庫を建てるためにできた街。美味しいものの食べ比べやお土産選びが楽しめます。

  • 長崎県長崎市
  • 営業時間/店舗により異なる※詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 定休日/不定休
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/長崎県長崎市新地町10番13号
  • お問い合わせ/095-822-6540(長崎新地中華街商店街振興組合)

出島 (でじま)

鎖国時代に国内で唯一ヨーロッパとの貿易拠点だった出島。現在その復元計画が進行中で、現在までに16棟が復元・公開されています。また、平成29年には出島表門橋が完成し、約130年ぶりに出島と長崎のまちがつながりました。迫力ある映像や貴重な資料の展示を通して、当時の生活や貿易について知ることができます。

  • 長崎県長崎市
  • 料金/一般520円、高校生200円、小中学生100円 ※団体割引あり (2019年10月29日現在の情報です)
  • 営業時間/8:00~21:00 ※最終入場20分前まで
  • 定休日/年中無休
  • アクセス/JR長崎駅から路面電車(崇福寺行乗車)利用5分、「出島」電停下車、徒歩すぐ
  • 所在地/長崎県長崎市出島町6-1
  • お問い合わせ/095-821-7200

札幌市の夜景ポイント1 藻岩山(もいわ山麓駅)へのアクセス

src=

■住所
 〒005-0041 北海道札幌市南区藻岩山1 もいわ山頂駅
■電車でのアクセス
 札幌市電 ロープウェイ入口駅よりシャトルバスで5分
■車でのアクセス
 JR札幌駅より約30分
■駐車場
 あり(無料)

札幌市の夜景ポイント2 大倉山へのアクセス

src=

■住所
 〒064-0958 北海道札幌市中央区宮の森1274
■電話番号
 011-641-8585
■バスでのアクセス
 JRバス 大倉山競技場入口バス停より徒歩10分
■車でのアクセス
 JR札幌駅より約30分
■駐車場
 あり(無料)

札幌市の夜景ポイント3 JRタワーへのアクセス

src=

■住所
 〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西2丁目
■電話番号
 011-209-5100
■電車でのアクセス
 JR札幌駅直結
■車でのアクセス
 札幌自動車道 札幌北ICより約5分
■駐車場
 あり(有料)

札幌市周辺の観光スポット

さっぽろテレビ塔 (さっぽろてれびとう)

地上90.38mの展望台からは眼下に札幌市街を、遠くに日本海や石狩平野をも望む情景が広がります。さっぽろホワイトイルミネーションや雪まつり期の、煌めく夜景も魅力的です。

札幌もいわ山ロープウェイ (さっぽろもいわやまろーぷうぇい)

雄大なパノラマ広がる標高531mの藻岩山。眼下には札幌市街を、遠くには山々が連なり石狩平野や石狩湾をも望むことができます。昼間の壮大な眺めはもちろん、日没後に輝きを増す夜景も見事。長崎と北九州共に「日本新三大夜景」に選ばれた札幌の美しさを堪能してください。

北九州市の夜景ポイント1 小倉渡場へのアクセス

src=

■住所
 〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-1
■電話番号
 093-331-0222(関門汽船)
■電車でのアクセス
 JR小倉駅より徒歩約10分
■車でのアクセス
 北九州都市高速道路 小倉駅北ICより約7分
■駐車場
 あり(有料)

北九州市周辺の観光スポット

門司港レトロ (もじこうれとろ)

1889年に開港。横浜や神戸に並ぶ国際貿易港として栄えました。今も当時の面影を残すレトロな建物が数多く建ち並んでいます。

  • 福岡県北九州市
  • アクセス/JR門司港駅すぐ
  • 所在地/福岡県北九州市門司区港町
  • お問い合わせ/093-321-4151

北九州市立いのちのたび博物館[自然史・歴史博物館] (きたきゅうしゅうしりついのちのたびはくぶつかん)

生命の進化の道筋と人の歴史を壮大なスケールで展示解説した西日本最大級の自然史・歴史博物館です。

  • 福岡県北九州市
  • 観覧料/(常設展)大人600円(480円)/高校生以上の学生360円(280円)/小・中学生240円(190円)※わらべの日[毎月第2日曜日]は無料/小学生未満無料 ※( )は30名以上の団体料金 (2019年8月19日現在の情報です)
  • 開館時間/9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日/年末年始、毎年6月下旬頃(害虫駆除)
  • アクセス/鹿児島本線『スペースワールド駅』下車、徒歩約5分
  • 所在地/福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1
  • お問い合わせ/093-681-1011

注目の特集