日本有数の温泉地・九州へ旅行しませんか?

九州へ温泉旅行に出かけましょう。温泉大国である日本の中でも、特に有名な温泉地が多いのが九州です。どこへ行こうか迷ってしまう方に、今回は何度も行きたくなるイチオシの温泉を3件ご紹介します。

別府温泉の白池地獄

別府温泉の白池地獄

九州の温泉3選

  1. 日本一の湧出量!別府温泉(大分県)
  2. 美肌の湯!嬉野温泉(佐賀県)
  3. 阿蘇の名湯!黒川温泉(熊本県)

1.別府温泉(大分県)

別府温泉は、2つの火山と別府湾に挟まれた、別府市の扇状地一帯に湧出している温泉の総称です。「別府八湯」と呼ばれる、浜脇、観海寺、堀田、明礬、鉄輪、柴石、亀川の8ヶ所に大別されています。毎分8万リットル以上の湧出量は、日本一の規模を誇ります。

泉質は7種類が確認されており、多彩な温泉に浸かることができます。また、伝統的な砂湯や蒸し湯、泥湯といった入浴法を試してみるのもおすすめです。宿泊施設も豊富にあるので、何度訪れても満足できるでしょう。

別府駅から徒歩約10分でアクセスできます。

2.嬉野温泉(佐賀県)

嬉野温泉は、九州屈指の古湯です。古事記にも登場する神功皇后が、負傷した兵士の傷が入浴で治ったことを喜び「あな、うれしいの」と言ったことが、地名の由来だと伝えられています。

重曹を含む、ぬめりのある湯が特徴です。入浴後は肌がつるつるした感じになることから、日本三大美肌の湯の一つに数えられています。また、飲用にも適した湯を使って調理された「温泉湯どうふ」が名物です。温泉の成分が豆腐のたんぱく質を分解して、トロトロの食感に仕上がります。

武雄温泉駅からバスを使って約25分でアクセスできます。

3.黒川温泉(熊本県)

黒川温泉は、熊本と大分の県境の山間にある小さな温泉郷です。

硫黄泉や単純温泉など、全7種類の泉質の温泉が湧いています。小国杉で手作りされた入湯手形を購入すれば、田の原川沿いに点在する各旅館自慢の28の露天風呂のうち、3つを選んで入浴することができます。ぜひ、湯めぐりをお楽しみください。

阿蘇駅からバスを使って約50分で南小国町役場前に着いてから、タクシーを使って約10分でアクセスできます。また、熊本駅や博多駅からはバスを使って約3時間でアクセスできます。

別府温泉(大分県)

嬉野温泉(佐賀県)

黒川温泉(熊本県)

別府温泉へのアクセス

src=

■住所
 〒874-0920 大分県別府市北浜2丁目14-35
■電車でのアクセス
 JR日豊本線 別府駅より徒歩約5分
■自動車でのアクセス
 東九州自動車道 別府ICより約20分

別府温泉周辺の観光スポット

城島高原パーク (きじまこうげんぱーく)

日本初の木製コースター「ジュピター」をはじめ、様々なアトラクションで一日中楽しめる遊園地のほか、約100万坪の敷地内には優雅なホテルや18ホールの本格的なゴルフ場もある一大リゾートです。

  • 大分県別府市
  • 料金/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 営業時間/詳しくは公式サイトをご確認ください。 定休日:詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/大分県別府市城島高原123
  • お問い合わせ/0977-22-1165

別府地獄めぐり

全7ヶ所の地獄を見学する「地獄めぐり」は別府観光のハイライト。千年以上も昔より吹き上げる熱湯や熱泥や噴気は、近寄ることもできない場所として「地獄」と呼ばれてきました。

別府海浜砂湯

上人ヶ浜(しょうにんがはま)公園内にある、海を望みながら砂湯を楽しめる施設。じんわりと温かい砂の温もりと重さが心地良く、心身ともに寛ぐことができます。

地獄蒸し工房 鉄輪 (じごくむしこうぼう かんなわ)

温泉から噴出する高温の蒸気熱を利用した調理法で、別府では江戸時代から用いられていました。食材をざるに乗せ「地獄蒸し釜」と呼ばれる約100度の蒸気が噴出する釜の中に入れ蓋をするだけ。塩分を含む温泉蒸気で一気に蒸すため、食材本来の旨味が閉じ込められます。

  • 短縮営業中(10:00~17:00(ラストオーダー16:00))です。短縮営業の詳細につきましては公式サイトをご確認ください。(2021年3月23日現在の情報です)
  • 大分県別府市
  • 料金/地獄蒸し釜基本使用料(20分以内):地獄蒸し釜(小)400円/延長(10分又は端数を増す毎)200円、地獄蒸し釜(大)600円/延長(10分又は端数を増す毎)300円 ※食材は施設内でご購入いただけます。詳しくはスタッフへお問い合わせください。
  • 営業時間/9:00~20:00(ラストオーダー19:00) 
  • 定休日/毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)
  • アクセス/JR別府駅西口より亀の井バス(2・5・7・41番鉄輪行き)で約20分、鉄輪バス停下車、徒歩約2分
  • 所在地/大分県別府市風呂本5組
  • お問い合わせ/0977-66-3775

嬉野温泉へのアクセス

src=

■住所
 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2202-55
■電話番号
 0954-42-0336
■電車でのアクセス
 JR佐世保線 武雄温泉駅よりバスで約30分
 JR長崎本線 肥前鹿島駅よりバスで約30分
■自動車でのアクセス
 長崎自動車道 嬉野ICより約20分

嬉野温泉周辺の観光スポット

轟の滝公園 (とどろきのたきこうえん)

嬉野温泉街から20分程歩いた所にある、「轟の滝」を中心とする公園。滝は高さ約11m、滝壺の面積は約2500㎡で、流れ落ちる水の音が雷のように轟くことからこの名で呼ばれています。周辺には散策路があるため、湯上がりのお散歩におすすめです。

  • 佐賀県嬉野市
  • アクセス/JR佐世保線武雄温泉駅からJRバス嬉野温泉行き乗車、嬉野バスセンター下車徒歩約20分
  • 所在地/佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿丙163-1
  • お問い合わせ/0954-42-3310(嬉野市観光商工課)

嬉野・湯宿広場 (うれしのゆしゅくひろば)

嬉野温泉街のメインストリート・本通りの一角にある、無料の足湯スポット。通常の足湯に加え、箱を膝にかぶせ、ミスト状にした温泉水の蒸気で足を温めるという珍しい「足蒸し湯」も楽しめます。タオルは広場前の「三根芳春園」で購入可。

  • 佐賀県嬉野市
  • 料金/無料
  • 営業時間/足蒸し湯:9時~20時/足湯:8時~23時 ※年中無休
  • アクセス/嬉野バスセンターから徒歩で約5分
  • 所在地/佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2186-2
  • お問い合わせ/0954-43-0137(嬉野温泉観光協会)

黒川温泉へのアクセス

src=

■住所
 〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6594-3
■電話番号
 0967-44-0076
■電車でのアクセス
 JR阿蘇駅よりタクシーで約45分
 JR阿蘇駅より九州横断バスで約50分
 JR阿蘇駅よりバスで約1時間
■車でのアクセス
 大分自動車道 日田ICより約1時間30分

黒川温泉周辺の観光スポット

阿蘇五岳

中岳、高岳、烏帽子岳、杵島岳、根子岳の5つの山が約30万年前から10万年前の間の数回の噴火により大型カルデラが生まれ、その中で誕生した山々の総称が阿蘇五岳です。眺望抜群。北側外輪山から眺める五岳は、お釈迦様の寝姿に似ていることから「阿蘇の涅槃像」とも呼ばれています。

白川水源 (しらかわすいげん)

名水百選にも選出された白川水源は透明度が高く水質の良い水が毎分約60トンも湧出。約14度に保たれた湧水はやわらかな味わいです。

  • 熊本県阿蘇郡南阿蘇村
  • 料金/環境保全協力金として、高校生以上 100円・中学生以下 無料 (2019年10月16日現在の情報です)
  • 営業時間/8:00〜18:00(季節変動あり) 定休日:無休
  • アクセス/熊本ICからR57経由で長陽大橋右折、R325経由で約50分。または、益城熊本空港ICからR28経由で約50分。
  • 所在地/熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川2092-1
  • お問い合わせ/0967-67-2222

草千里

阿蘇を代表する風景の一つで、鳥帽子岳の中腹に広がる、直径約1kmの火口跡にできた草原。草原内では乗馬も楽しめます。

米塚

標高は高くありませんが、お椀を伏せたような形をした姿が美しい米塚。春から夏にかけて青々とした緑に覆われる姿は実に壮観です。

注目の特集