おきなわワールドには沖縄の魅力が凝縮されています!

おきなわワールドは、沖縄本島の南部にあるテーマパークです。首里城下町を再現したエリアは、築100年以上の古民家を移築して作られました。那覇市から約30分でアクセスできます。

おきなわワールドの観光ポイント

  1. 迫力のスーパーエイサーを堪能する
  2. パーラーも完備!熱帯フルーツ園
  3. ヘビ好きにはたまらない!?ハブ博物公園

1.迫力のスーパーエイサー

エイサーとは本来、先祖を供養するための集団舞踊。つまり沖縄の盆踊りです。

おきなわワールドでは、人気のパフォーマンスとして連日公演しています。

大迫力の大太鼓や琉球衣装での舞踊、アクロバティックな動きなど見どころはたくさん。20分ほどの公演が毎日4回行われています。

2.パーラーも完備!熱帯フルーツ園

熱帯フルーツ園では、マンゴーやパパイヤ、パイナップルをはじめとした約100種類450本の熱帯果樹を栽培しています。

季節ごとの珍しい花や果実を観賞してみましょう。

また園内のパーラーでは、ヤシの実の一部を切り取って飲む「ヤシの実ジュース」を味わうことができます。

3.ハブ博物公園

元々「ハブ博物公園」は、30年以上前にハブの被害を減らすため、ハブの研究施設から派生して設立されました。

人気の「ハブショー」は毎日5回開催されています。

またハブ以外の動物も10種類以上展示されており、特に体重50㎏を超える大迫力のアルダブラゾウガメは特に必見です。

周辺の宿泊施設

おきなわワールド周辺の観光スポット

おきなわワールド文化王国・玉泉洞

沖縄の歴史・文化・自然をまるごと体感できる観光名所。約30万年の年月をかけて造り上げた全長約5㎞の玉泉洞をはじめ、首里城下町を再現した「琉球王国城下町」では工芸体験ができます。アトラクション「エイサー群舞」や「ハブのショー」も大人気!

ニライ橋・カナイ橋

国道331号線を走ると見えてくる大きな橋。ニライカナイ橋と呼ばれることもあります。橋から見渡す景色はとても美しく、近くをドライブするなら必ず立ち寄りたいスポット。

斎場御嶽

斎場御嶽とは琉球開びゃくの神アマミキヨが造ったとされる七御嶽のひとつであり、琉球開びゃく伝説にもあらわれる琉球王国最高の聖地です。琉球国王や聞得大君の聖地巡拝の参拝地として現在も多くの人々から崇拝されています。

浜辺の茶屋

満潮時には一面の青い海と足元から聞こえてくる波の音に癒され、干潮時には広大な干潟が出現する浜辺の茶屋。刻々と変化する景色と絶品メニューでもてなします。

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集