「おきなわワールド」には沖縄の魅力が凝縮されています!

「おきなわワールド」は、沖縄本島の南部にあるテーマパークです。首里城下町を再現したエリアは、築100年以上の古民家を移築して作られました。「紅型工房」では、500年の歴史を誇る伝統的な染色を体験できます。「玉泉洞」や「ハブ博物公園」に行くのもおすすめ。那覇市から車を使って約30分でアクセスできます。

「おきなわワールド」の観光ポイント

  1. 迫力の「スーパーエイサー」を堪能する

    「エイサー」とは本来、先祖を供養するための集団舞踊。つまり沖縄の盆踊りです。「おきなわワールド」では人気のパフォーマンスとして連日公演しています。大迫力の大太鼓や、琉球衣装での舞踊、アクロバティックな動きなど見所はたくさん。20分ほどの公演が毎日4回行われています。

  2. パーラーも完備!「熱帯フルーツ園」

    「熱帯フルーツ園」では、マンゴーやパパイヤ、パイナップルをはじめとした約100種類450本の熱帯果樹を栽培しています。季節ごとの珍しい花や果実を観賞してみましょう。また園内のパーラーでは、ヤシの実の一部を切り取って飲む「ヤシの実ジュース」を味わうことができます。

  3. ヘビ好きにはたまらない!「ハブ博物公園」

    元々「ハブ博物公園」は、30年以上前にハブの被害を減らすため、ハブの研究施設から派生して設立されました。人気の「ハブショー」は毎日5回開催されています。またハブ以外の動物も10種類以上展示されており、特に体重50㎏を超える大迫力のアルダブラゾウガメは特に必見です。

周辺の宿泊施設

注目の特集