下地島でダイビングを楽しもう!

マリンアクティビティの名所として知られる下地島は、宮古諸島の一つです。パイロット訓練用飛行場として切り開かれ、今は下地島空港が島の大部分を占めています。下地島と伊良部島、宮古島は橋でつながっているので、宮古島からドライブがてら下地島を観光してはいかがでしょう?

下地島でダイビング!

下地島でダイビング!

下地島のおすすめ観光スポット

  1. 神秘的な通り池でダイビング
  2. 絶景ポイント 下地島空港17エンド
  3. 下地島と宮古島をつなぐ伊良部大橋

1.神秘的な通り池でダイビング

2019年3月からは成田―下地島の直行便が就航しています。

「通り池」は人魚の伝説が残る神秘的な池。外洋から通り池へのダイビングは、海外のダイバーも魅了する憧れのコースです。

水深18mに空いた巨大な横穴を抜けると、水温の違う水が接してできる「サーモクライン」と呼ばれる境界線により、水の色が変化していく様子を楽しめます。

2.下地島空港17エンド

下地島空港の滑走路の脇にあるエリアは、「17エンド」と呼ばれています。

北を0度としたときに滑走路が170度を向いていることから名付けられました。

真っ青の海と赤い誘導灯のコントラストが鮮やか。そしてまっすぐ伸びる滑走路も写真映えするポイントとして人気があります。

3.下地島と宮古島をつなぐ伊良部大橋

2015年に開通した伊良部大橋は、無料で渡れる橋として日本最長の3540mを誇ります。

「3540」という数字には「さんごのしま」という語呂が隠されているそうです。この橋ができて以降、陸路での観光がしやすくなり、宮古島を訪れた人が下地島にも足を延ばすようになりました。

橋の端の高い位置からの眺めは素晴らしいもので、何度訪れても感動できます。

おすすめプラン(宮古島)

宮古島の宿泊施設

下地島へのアクセス

src=

■住所
 沖縄県宮古島市伊良部
■飛行機でのアクセス
 成田空港より下地島空港まで約3時間40分
 関西空港より下地島空港まで約2時間20分
■車でのアクセス
 宮古空港より約25分
■島内の交通
 宮古協栄バス、中央交通バスが運行
 ほかにタクシー、レンタカー、レンタサイクルがあり

通り池の紹介

通り池

下地島の西海岸にあるダイバー憧れのスポット。コバルトブルーの池が2つあり、光によって色彩が変わる池を背景に記念撮影する人も多くいます。

下地島周辺(宮古島)の観光スポット

宮古島海中公園 (みやこじまかいちゅうこうえん)

宮古島の豊かな海洋資源とふれあえる公園。目玉の海中観察施設は24個のアクアパネルで構成され大海とつながっています。

  • 沖縄県宮古島市平良
  • 観覧料/大人:一般1,000円、団体800円、中人(高校生):一般800円、団体640円、小人(小中学生):一般500円、団体400円、6歳未満無料(2019年10月16日現在の情報です)
  • 営業時間/10:00~18:00 (最終入園17:30)
  • 定休日/年中無休(台風等の海況悪化の場合安全を考慮し休園の場合がございます)
  • アクセス/宮古空港より車で約25分、宮古マリンターミナルより車で約15分
  • 所在地/沖縄県宮古島市平良狩俣2511-1
  • お問い合わせ/0980-74-6335

雪塩製塩所

雪塩ができるまでの工程や雪塩の使い方のガイド、又、宮古島の事も教えてくれます。雪塩ソフトクリームは濃厚な味わいの中に雪塩のほどよい塩味。その他10種類の塩のトッピングも自由にお楽しみいただけます。

泡盛と沖縄料理 郷家 (あわもりとおきなわりょうりごうや)

木を基調とした店内は、約130名収容の広さ。三線ライブを聴きながら宮古島の食材を使用した創作沖縄料理をお楽しみいただけます。

  • 沖縄県宮古島市平良
  • 営業時間/17:30~22:30[ラストオーダー/フード 21:30、ドリンク 22:00]
  • 定休日/不定休
  • アクセス/宮古空港から車で約15分
  • 所在地/沖縄県宮古島市平良字西里570-2
  • お問い合わせ/0980-74-2358

島の駅 みやこ みやこそば ちょうじ屋 (しまのえきみやこみやこそばちょうじや)

コクのあるあっさりめのスープが自慢の宮古そばのお店です。
人気の宮古そばをどうぞ召し上がれ!

  • 沖縄県宮古島市平良
  • 営業時間/10:00~16:00
  • 定休日/年中無休
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/沖縄県宮古島市平良字久貝870-1
  • お問い合わせ/0980-79-5151

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集