ケアンズで遊ぶ

世界中から観光客が訪れるケアンズは、わずか500m四方にすっぽり入ってしまうほどの小さな街。でもいざ街を飛び出せば、真っ青な海、緑深い熱帯雨林、かわいい動物たちなど、オーストラリアならではの大自然に次々出会うことができるんです!

ケアンズに来たら、グレートバリアリーフ観光は外せません!
グレートバリアリーフは日本列島がすっぽり入るほどの大サンゴ礁群。
シュノーケリングやダイビングが楽しめる様々なスポットがあります。

一番ポピュラーなのはサンゴ礁で出来た島「グリーン島」への日帰りツアー。
シュノーケリングや底がガラスになっているグラスボトムボート、シーウォーカーなど、様々なアクティビティが楽しめます。
遠浅のビーチなので、小さなお子様も安心して遊ぶことができますよ。

空から見たグレート・バリア・リーフ

グレート・バリア・リーフをもっと満喫するならグリーン島に宿泊するのがオススメ!

グリーン島へはケアンズのリーフターミナルから船で約50分。
360度見渡す限り美しい青い海が広がり、ひとたび潜れば美しいサンゴ礁とカラフルな魚たちが出迎えてくれます。
日帰りツアー同様、島では様々なアクティビティが楽しめます。
お泊りは島内唯一のリゾートホテル「グリーン・アイランド・リゾート」。
木のぬくもりを感じられるヴィラタイプのホテルで、静かでのんびりとした滞在をお楽しみいただけます。
ケアンズで水平線に沈むサンセットを見られるのは、グリーン島に宿泊する人だけの特権。
夜は宿泊者だけが楽しめる「ナイトウォーク」へ出かけてみましょう。日本ではなかなか出会えない、満天の星空を眺めるチャンスです。
朝は鳥のさえずりを聞きながら、心地よく目覚めることができます。
日帰りツアー客が来る前の穏やかな島を散策するのもとても気持ちが良いです。

熱帯雨林

グレートバリアリーフと並ぶケアンズの
もう一つの世界遺産「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」。
1億数千年前から続いていると推定される、
地球最古の熱帯雨林です。
定番は高原の村「キュランダ」を訪れるツアー。せっかくキュランダへ向かうなら、
バスで行くのはもったいない!
「スカイレール」と「キュランダ高原列車」を利用しましょう。
スカイレールは熱帯雨林を見下ろす約60分の空の旅。
キュランダ高原列車は「世界の車窓から」のオープニングを10年間も飾った列車。
レトロな列車にゴトゴト揺られていると、バロン滝など数々の絶景が。
見つけると幸せになれるといわれている幸運の青い蝶々「ユリシス」も探してみましょう!

スタッフが行ってきました!

日帰りで行ける、キュランダ鉄道とスカイレールの旅の見どころをお教えします!

動物と遊ぶ

オーストラリアに来たら、ここにしかいない動物たちに会いに行きましょう!
やっぱり定番は「コアラ」。実は、コアラは触ることができる地域が指定されているのですが、ケアンズのあるクイーンズランド州はコアラにタッチができます。
キュランダ観光中に訪れる「レインフォレステーション」には小さな動物園があり、コアラへのタッチが可能。他にも放し飼いされているカンガルーやワラビーたちとふれあったり、餌付けもできます。

<他にもこんな動物たちが>
ウォンバット、ディンゴ、ポッサム、カモノハシ、タスマニアデビル、ヒクイドリ…

見る

移民が訪れるより先にオーストラリアに住んでいたのが先住民族アボリジニ。
ケアンズではアボリジニの一部族ジャプカイの風習や文化を気軽なテーマパークで知ることができます。

おすすめはディナーショー&ビュッフェディナー。
数万年前から伝わるダンスや音楽を楽しみながら、シェフこだわりのお料理をお召し上がりください。
ショーの後は陽気なアボリジニダンサーたちとの写真撮影もOK!

グルメ

オーストラリアといえば「オージービーフ」!
「シャングリラ・ザ・マリーナ・ケアンズ」にある「ザ・バックヤード」は、ケアンズらしい海沿いのレストラン。おしゃれでフォトジェニックな店内で新鮮なお肉やシーフードを味わいましょう♪
ちょっと変わったディナーを楽しみたいなら、「ダンディーズ・レストラン・オン・ザ・ウォーターフロント」がおすすめ。シーフードの他、ワニやカンガルーなど、オーストラリア特有の肉料理を味わえます。 他にもイタリアンやエスニック、中華、和食など、世界中から観光客が訪れる街ケアンズならではの豊富なレストランがあります。
がっつりお肉を食べたいなら「ブッシュファイヤー・フレーム・グリル」もおすすめ。肉汁したたる厳選されたオージービーフをシュラスコスタイルでいただくことができます。
(写真はイメージです)

おすすめツアー

初めてのオーストラリアシリーズ

その他のオーストラリアの都市へ行くツアー