初めての方もリピーターも、誰でも楽しめる定番リゾート ハワイ。イチ押しのホテルや人気のツアーをご紹介。おすすめの観光地、人気のアクティビティ情報も満載!きっとあたなにぴったりのツアーが見つかります。

テーマから探す

人気のツアー

ホテルから選ぶ

観光地・離島

人気のアクティビティ

出発日・日数からツアーを探す

新着ツアー情報

日数違いのツアーのご用意もあります。「詳細を見る」をご覧ください。

よくあるご質問

ハワイの基本情報

言語

英語、ハワイ語
日本語が通じる場所もあります。

時差

マイナス19時間(日本時間で午前12時ならハワイでは前日の午前5時)
サマータイムはありません。

フライト時間

日本からホノルルへは約7時間30分。
ホノルルからハワイ島へは約45分です。

通貨と両替

通貨は米ドルです。
ご到着後、現地の空港、銀行、ホテル、ショッピングセンターなどでも両替できます。クレジットカードはほとんどのホテル、レストランで使うことができます。

気候と服装

年間を通じて温暖なため夏服で過ごせます。
朝晩が冷えたり、室内でも冷房が効いていることがあるので羽織るものがあると便利です。ディナークルーズや夜景・星空観賞などへお出かけの際も同様です。
山頂など高所では気温が0度になる場合がありますので防寒着が必要です。
日差しが強いので、屋外に長時間いるような場合には日焼け止め、帽子、サングラス、ラッシュガードなどを持参しましょう。
海水温は平均23度程度で、一年中海に入ることができます。

電圧とプラグ

グアムの電圧は100~120V・60Hzです。海外旅行対応の電化製品であれば使用可能です。
プラグは2穴または3穴ですが、日本の電化製品はそのまま利用できます。

チップ

アメリカ本土と同様、チップの習慣があります。金額の目安は以下です。
レストランで食事をしたとき…料金の15~20%
ルームサービスを頼んだ時…料金の10~15%
タクシーに乗車したとき…料金の15%
ホテルのポーター、ベルボーイに荷物を運んでもらったとき…荷物1つにつき1ドル程度。

タバコ・アルコール

喫煙・飲酒は21歳以上が可能です。21歳未満は購入することも禁止されていますのでご注意ください。
屋内および公共の場での喫煙は禁止されています。喫煙される際は所定の喫煙スペースにてお願いいたします。(違反時は罰金が科せられる場合があります。)
またビーチ、公園など公共の場での飲酒も法律により禁止されています。

ビザ

日本国籍の方が観光目的で渡航する場合、90日以内の滞在はビザ不要ですが、電子渡航認証システム(ESTA)での認証が義務づけられています。
ESTAはWEBサイトから申請できます。

運転免許

ハワイでレンタカーを借りる場合、国際免許証は必須ではありません。日本の有効な運転免許証を必ずお持ちください。
ただし事故や速度違反を起こした場合は国際免許証の提示が求められますので、国際免許証を取得しておくことをお勧めします。

その他ご注意

●歩きスマホ…ハワイでは道路横断中にスマホ等電子機器類の画面を見ながら歩くことが、法律により禁止されています。
●お子様の留守番…ハワイでは12歳以下の子どもを、子どもだけで放置することは禁止されています。車の中で5分以上子どもだけで待たせることもNGです。

ハワイの観光情報

現地ハワイオフィスからのハワイとっておき情報

家族で楽しめるホノルル動物園へ

2021.6.19

ワイキキの東側、カピオラニ公園にも隣接するホノルル動物園は、家族で楽しむことができるので市民に人気。

平日の開園時間を目指して行ってみたところ、多くのファミリーの皆さんなどが並んで入園待ちの長い列ができていました!

入り口には、入園される方へのCOVID-19についての注意事項と併せて、このウィルスは動物にもうつる危険性のあるというサイン。
特にネコ科や霊長類の動物のエリアでは厳重に注意してくださいとのこと。COVID-19は動物にも影響を与えるかもしれないということに、ちょっと驚きました。
入園料は大人が$19で、3歳から12歳の子供が$11、3歳以下は無料となっています。

入ってすぐのエリアは鳥類。色とりどりの綺麗な鳥たちが、たくさんの木々に囲まれて暮らしています。
ガイドに記載されている動物を探すのも動物園での楽しみ。鳥のエリアでも、全部の鳥を探すことはできませんでしたが、たっぷり楽しめました。

その先にはおサルさんのエリアがあります。サルといってもいろいろな種類があるのですが、ホノルル動物園では、左の写真のメガネザルや右の写真のクモザル、そしてオランウータンなどを見ることができます。

おサルさんのエリアの奥の爬虫類のエリアは新しくなっており、前回までの暗い、怖いイメージとは違い、とても開放的で、親しみやすい展示になっていました。
天井には布がかかっていて、日陰を作ってあり、風通りもよくとても快適でした。

オオサンショウウオ(両生類)のおうちの入り口には、英語表記もそのまま書いてあり、思わず写真を撮ってしまいました。

そして動物園といえば人気のゾウさんは、爬虫類館の先のエリアで見ることができました。

キリンさんは、その先のアフリカのサバンナの動物のエリアで見ることができました。

動物たちと遊べる子供エリアは閉まっており、他にも工事中のエリアもありましたが、一休みできるプランテーション・カフェは営業しています。

散策していて、のども乾いたので、アイスティーやレモネードなどの飲みながら一休み。

放し飼いになっているクジャクが、ふらりとやってきたのを見ながらのんびり過ごせました。

蝶のウォールアートもあり、皆ここで記念撮影をしてました。インスタ映え間違いなしですね。

今回はお目当てだった今年の3月に生まれたナマケモノの赤ちゃんは、残念ながら見ることができなかったので、また訪れて、チャレンジしたいです。

ホノルル動物園は、工事中の個所も多いのですが、とても開放的で、のんびりと過ごすことのできる、とってもいい場所、ハワイに来て動物たちと時間を過ごすのも、いい思い出になりますよ。

なお2021年6月時点での入園時間は、午前10時から午後3時まで。午後4時までには、動物園をでることとなっています。

その他ハワイ情報

オプショナルツアー手配サービスサイト「ホリデイアロハ・エンジョイハワイ」、ハワイの情報サイト「ホリデイアロハ」