今年の夏は避暑地に旅行してみませんか?

近年の日本の夏は、最高気温が40℃を超えることも少なくありません。暑い日中は、部屋にいるだけで体力を消耗していまいます。夏を優雅に過ごしたいのなら、海もいいですが、今年は涼しい避暑地に旅行してみてはいかがでしょう?さわやかな空気につつまれて、ゆっくりとお過ごしください。

避暑地をおすすめする理由

  1. 涼しいので快適にレジャーを楽しめる

    「避暑地」とは、標高が高く「涼しい場所」のことを指します。例えば北海道の富良野であれば、8月の平均気温は20.9℃、山梨県の山中湖なら20.7℃です。真夏の暑さを忘れて、快適に屋外でのレジャーを楽しめます。宮崎県のパワースポット高千穂で、涼しく水遊びするのも一興です。

  2. 「何もしない」ぜいたくなひと時を過ごせる

    「何もしない」というのは、最もぜいたくな過ごし方の一つです。窓から入ってくる気持ち良い風を感じながら、ワイン片手に読書なんて、いかがでしょう?伊豆・箱根には温泉を備えた施設も多く、ゆったりとお湯に浸かって涼むなんて、最高のぜいたくだと思いませんか?

  3. 避暑地ならではの自然を楽しむ

    高原や湖など、避暑地には涼しさを感じさせる自然が豊富です。澄んだ空気やマイナスイオンがあなたを癒してくれるでしょう。六甲山、軽井沢など標高が高いところでは、夜は満天の星空を眺められます。またカナダのバンクーバーやフィンランド、日本とは季節が逆になる南半球のニュージーランドなど、「涼しさ」を求めて海外に出る旅もおすすめです。

おすすめプラン

富良野(北海道)

北海道屈指の避暑地。ラベンダー畑や青い池に訪れて、美しい景色を眺めながら涼んでください。

軽井沢(長野県)

涼し気な林の中で、サイクリングはいかがですか?東京駅から軽井沢駅まで新幹線で約70分です。

伊豆(静岡県)

伊豆高原、だるま山高原、西天城高原など多くの高原があります。東京から車で、約90分でアクセスできます。

箱根(神奈川県)

神奈川にある日本有数の温泉地です。標高が高くて清涼。美術館巡りや温泉でのんびりと過ごしてください。

六甲山(兵庫県)

神戸の避暑地。六甲高山植物園や六甲山牧場などのスポットがあります。ドライブもおすすめです。

高千穂峡(宮崎県)

宮崎の避暑地。ボートから眺める柱上の岩肌が特徴的です。九州で涼を感じたいのなら足を運んでみませんか?

注目の特集