日本最古の電波塔 名古屋テレビ塔

名古屋テレビ塔は日本初の集約電波鉄塔で、その高さは180mを誇ります。60年以上の歴史があり、国の登録有形文化財に指定されています。ここでは、久屋大通駅前にある名古屋テレビ塔の魅力を紹介します。※ただいまリニューアル工事中のため、2020年7月まで休業予定

名古屋テレビ塔の3つの魅力

  1. 名古屋テレビ塔の歴史を知る
  2. 変わらぬ名古屋のシンボル
  3. 展望室からの景色

1.名古屋テレビ塔の歴史を知る

建築機械がない1953年に始まった名古屋テレビ塔の建築は、すべての工事が手作業で行われたと記録されています。

つるはしやスコップを使って基礎工事を行い、コンクリートも手作業で練り、鉄骨も人力で上げたそうです。着工から7カ月で展望台まで工事が完了した、手造りのタワーと言えるでしょう。

また、2008年には名古屋初の「恋人の聖地」として認定されました。

2.変わらぬ名古屋のシンボル

2011年にアナログテレビ放送が終了して、その役目を終えてからも、名古屋テレビ塔は名古屋のシンボルであり続けています。

特に夜間は、ライトアップされた名古屋テレビ塔が、名古屋の街を一層彩ります。

また、オアシス21から見る光景がおすすめのフォトポイント。一定時間が経過する度にカラーを変えるオアシス21と名古屋テレビ塔の色のコントラストが画になります。

※2020年7月まで休業。

3.展望室からの景色

室内展望室スカイデッキや、屋外スカイバルコニーには、美しい夜景を見るために多くの人々が集まります。

名古屋テレビ塔は「日本夜景遺産」に選ばれており、名古屋市内はもちろん三河湾や知多半島、中央アルプスの山々も一望できます。

また、ビルの間に沈む夕日が印象的で、撮影スポットとして人気。ゆっくりと観賞できるようソファやベンチが設置されているので、ロマンチックなひと時を過ごせます。

おすすめツアー

※名古屋テレビ塔の入場料金は含まれません。

周辺の宿泊施設

※名古屋テレビ塔の入場料金は含まれません。

名古屋テレビ塔へのアクセス

src=

460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目6-15先
052-325-2951
■市営地下鉄 名城線・東山線「栄」下車
 3番または4番出口より 徒歩3分
■市営地下鉄 名城線・桜通線「久屋大通」駅下車
 4B出口より 徒歩1分

名古屋テレビ塔周辺の観光スポット

名古屋城 (なごやじょう)

1610年に徳川家康が豊臣方大名に命じて築城を開始し、1615年に本丸御殿が完成。清須から都市機能もろとも移転し、尾張徳川家の居城となりました。

  • 愛知県名古屋市中区
  • 料金/大人500円、中学生以下無料(2019年11月13日現在の情報です)
  • 営業時間/午前9時~午後4時30分 ただし、本丸御殿、西南隅櫓へのご入場は午後4時まで
  • 定休日/12月29日~31日、1月1日(イベントにより変動あり)
  • アクセス/地下鉄:名城線「市役所」下車7番出口より徒歩約5分、市バス:栄13号系統(栄~安井町西)「名古屋城正門前」下車すぐ、なごや観光ルートバス「メーグル」「名古屋城」下車すぐ。「名古屋城東・市役所」下車徒歩約6分、基幹2号系統「市役所」下車徒歩約5分、名鉄:瀬戸線「東大手」下車徒歩約15分、車:名古屋高速1号楠線「黒川」 出口から南へ約8分。名古屋高速都心環状線「丸の内」出口から北へ約5分
  • 所在地/愛知県名古屋市中区本丸
  • お問い合わせ/052-231-1700(名古屋城総合事務所)

名古屋城本丸御殿 (なごやじょうほんまるごてん)

近世城郭御殿の最高傑作といわれ国宝にも指定されていた本丸御殿は、空襲により焼失。平成21年より進められた復元工事が完了し、平成30年6月に完成公開されました。

  • 愛知県名古屋市中区
  • 料金/大人500円、中学生以下無料(2019年11月13日現在の情報です)
  • 営業時間/午前9時~午後4時30分 ただし、本丸御殿、西南隅櫓へのご入場は午後4時まで
  • 定休日/12月29日~31日、1月1日(イベントにより変動あり)
  • アクセス/地下鉄:名城線「市役所」下車7番出口より徒歩約5分、市バス:栄13号系統(栄~安井町西)「名古屋城正門前」下車すぐ、なごや観光ルートバス「メーグル」「名古屋城」下車すぐ。「名古屋城東・市役所」下車徒歩約6分、基幹2号系統「市役所」下車徒歩約5分、名鉄:瀬戸線「東大手」下車徒歩約15分、車:名古屋高速1号楠線「黒川」 出口から南へ約8分。名古屋高速都心環状線「丸の内」出口から北へ約5分
  • 所在地/愛知県名古屋市中区本丸
  • お問い合わせ/052-231-1700(名古屋城総合事務所)

大須観音 (おおすかんのん)

日本三大観音のひとつで、大須の地はこの大須観音の門前町が発祥です。

  • 愛知県名古屋市中区
  • 料金/無料
  • 営業時間/6時〜19時
  • 定休日/なし
  • アクセス/地下鉄鶴舞線大須観音駅2番出入口を出てすぐ、バス:「名古屋駅」からは「名鉄神宮前行き(18系統)」乗車、「栄」からは「金山行き(中巡回系統)」乗車、「金山」からは「栄行き(中巡回系統)」のバスに乗車、いずれも大須観音で下車
  • 所在地/愛知県名古屋市中区大須
  • お問い合わせ/052-231-6525(大須観音)

名古屋市科学館 (なごやしかがくかん)

内径35メートルもある「Brother Earth」は世界最大級のドーム。限りなく本物に近い星空を迫力ある映像・音楽とともに楽しめます。

  • 愛知県名古屋市中区
  • 料金/展示室とプラネタリウム:大人800円、大学・高校生(要・学生証)500円、小人(中学生以下)無料、展示室のみ :大人400円、大学・高校生(要・学生証)200円、小人(中学生以下)無料 (2019年11月13日現在の情報です)
  • 営業時間/開館午前9時30分〜閉館午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
  • 定休日/月曜日(祝日の場合は開館し、直後の平日を休館)、第3金曜日(祝日の場合は第4金曜日)、12月29日から1月3日 ※その他 臨時開館、休館日あり
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/愛知県名古屋市中区栄
  • お問い合わせ/052-201-4486(名古屋市科学館)

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集