東北の温泉を厳選して紹介

日本人にとって、温泉は旅の目的の定番。特に自然豊かな土地の露天風呂に浸かると、心も身体も癒される感じがしませんか?ここでは東北にある自然豊かなおすすめの温泉を3件紹介します。

夏の青森・浅虫温泉

夏の青森・浅虫温泉

自然豊かな東北の温泉3選

  1. 本州最北部!浅虫温泉(青森県)
  2. 奥州三名湯の一つ!飯坂温泉(福島県)
  3. 冬には樹氷も!蔵王温泉(山形県)

1.浅虫温泉(青森県)

陸奥湾に面する浅虫温泉は、平安時代に浄土宗の開祖・法然が、温泉で傷を癒す鹿を発見し、村人に伝えたのが開湯の始まりだと伝えられています。また、津軽藩藩主や画家の棟方志功、文豪の太宰治などが湯治に訪れた記録が残っています。

温泉街には宿泊施設が約10軒、宿泊をしなくても入浴できる温泉が約2ヶ所あります。

東北の中でも最北部に位置する浅虫温泉へは、青森駅から電車を使って約20分。広大な陸奥湾を眺めながら、ゆったりとくつろぐことができます。特に夕日はおすすめ!

2.飯坂温泉(福島県)

福島市にある飯坂温泉は奥州三名湯の一つで、2世紀ごろに日本武尊が病を癒し、江戸時代には松尾芭蕉が訪れたと伝えられています。

飯坂温泉には、宿泊施設が約40軒、宿泊をしなくても入浴できる温泉が約9ヶ所、足湯が約3ヶ所あります。

最古の「鯖湖湯」をはじめ、数々の温泉を湯めぐりを楽しむことができます。地元民に愛される、熱めのお湯にぜひ浸かってみてください。

3.蔵王温泉(山形県)

江戸時代に蔵王への登山口として参拝者で賑わった蔵王温泉は、スキー場がオープンした昭和以降、東北を代表する山岳リゾートとして多くの観光客が訪れています。

温泉街には、宿泊施設が約75軒、宿泊しなくても入浴できる温泉が約8ヶ所あります。

特徴的な強酸性の湯は、殺菌効果で皮膚を清潔に保ち、アトピーの改善などに効果が期待できます。冬に雪景色を見ながら温泉に浸かれば、東北の旅情を感じられるでしょう。

浅虫温泉(青森県)

飯坂温泉(福島県)

蔵王温泉(山形県)

浅虫温泉へのアクセス

src=

■住所
 〒039-3501 青森県青森市大字浅虫蛍谷70
■電車でのアクセス
 青い森鉄道 浅虫温泉駅より徒歩約5分
■自動車でのアクセス
 青森自動車道 青森東ICより約15分
 東北自動車道 青森ICより約50分
■青森空港からのアクセス 
 タクシーで約40分

浅虫温泉周辺の観光スポット

浅虫水族館 (あさむしすいぞくかん)

青森県内の水産資源をはじめとした、多様な水生動物などを飼育展示。長さ15mのトンネル水槽は、まるで海の中にいるようです。人気のイルカパフォーマンスは毎日開催されています。

  • 青森県青森市
  • 料金/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 営業時間/9:00~17:00(入館は16:30まで)※ゴールデンウィーク、お盆の期間は延長の場合があります。
  • 休館日/年中無休
  • アクセス/新青森駅〜(JR奥羽本線 6分)〜青森駅〜(青い森鉄道線 25分)〜浅虫温泉駅下車。浅虫温泉駅より徒歩約10分
  • 所在地/青森県青森市浅虫字馬場山1-25
  • お問い合わせ/017-752-3377

飯坂温泉へのアクセス

src=

■住所
 〒960-0201 福島県福島市飯坂町湯沢
■電話番号
 024-542-4241
■電車でのアクセス
 福島交通飯坂線 飯坂温泉駅より徒歩約5分
■車でのアクセス
 東北自動車道 福島飯坂ICより約15分

飯坂温泉周辺の観光スポット

花見山公園 (はなみやまこうえん)

多くの観光客やカメラマンで賑わう花の名所。4月にはサクラやレンギョウ、ハナモモなどの艶やかな競演が見られます。

  • 福島県福島市渡利
  • お問い合わせ/024-522-3265(福島市観光案内所)

蔵王温泉へのアクセス

src=

■住所
 〒990-2301 山形県山形市蔵王
■電車でのアクセス
 JR山形駅よりバスで約40分
■車でのアクセス
 山形自動車道 山形蔵王ICより約30分
 東北中央自動車道 山形上山ICより約20分

蔵王温泉周辺の観光スポット

蔵王ロープウェイ  (ざおうろーぷうぇい)

蔵王山麓駅と地蔵山頂駅を結ぶ、蔵王満喫にはかかせないアクティビティの拠点です。四季折々360度の大パノラマが広がります。

注目の特集