渡嘉敷島には世界屈指のビーチがあります

渡嘉敷島は、那覇から約30kmの距離にある慶良間諸島の東端にある島です。沖縄本島の泊港から高速船なら約35分でアクセスできるので、本島から手軽に日帰り旅行もできます。島の至るところにビーチがあり、透明度の高い海があなたを待っています。

美しい阿波連ビーチ

美しい阿波連ビーチ

渡嘉敷島観光で海を堪能

  1. 渡嘉敷島が誇る阿波連ビーチ
  2. 静かに海を楽しむ渡嘉敷ビーチ
  3. 海のアクティビティを楽しむ

1.渡嘉敷島が誇る阿波連ビーチ

「阿波連(あれはん)ビーチ」は、渡嘉敷島の南西にあるビーチです。

弓型の白い砂浜が約800m続きます。海の透明度が非常に高いので、波打ち際から水中の熱帯魚の姿を見られるほどです。

ビーチから徒歩で行ける阿波連集落には飲食店や宿泊施設があります。

2.静かに海を楽しむ渡嘉志久ビーチ

渡嘉志久ビーチは渡嘉敷島の中央西側に位置する、島内で2番目に大きなビーチです。

多くの人は阿波連ビーチに向かうので、比較的静かな雰囲気があります。ビーチにはシャワーがありますが、近くのホテルのシャワーやロッカーを使用することもできます。

またこのビーチは、ウミガメが住み着いていることも有名です。

3.海のアクティビティ

渡嘉敷島では、SUP(スタンドアップパドルボード)やシュノーケリングができます。

渡嘉敷島の海は透明度が高く、近場にサンゴ礁が見られるポイントがあるので、体験ダイビングにも最適です。

運が良ければ、ウミガメと一緒に泳げるかもしれませんよ!

周辺の宿泊施設

渡嘉敷島へのアクセス

src=

■住所
 沖縄県島尻郡渡嘉敷村
■船でのアクセス
 那覇泊港よりフェリーで約70分、高速船で約35分
■島内の交通
 とかしき観光バスのほか、タクシー、レンタカー、レンタサイクルなど

阿波連ビーチの紹介

阿波連ビーチ

全長約800m、水深はなだらかに5mとなるビーチ。岸から30mもいけばサンゴ礁や熱帯魚を見ることができます。

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集