効能豊かな温泉を堪能できる鳥取の宿

万翆楼(まんすいろう)は、鳥取県の真ん中に位置する、三朝(みささ)温泉に佇む温泉宿です。世界屈指のラジウム泉質を誇る名湯を自家源泉かけ流しの露天風呂と大浴場、貸切風呂で堪能できます。温泉に浸かるとリウマチ性疾患・痛風・高血圧症などに優れた効果があると言われているほか、湯気を吸うと老化や生活習慣病の予防に役立つとされています。効能豊かな温泉とこだわりの料理で、心も体も癒されます。

三朝薬師の湯 万翆楼 3つの魅力

  1. 世界屈指のラジウム温泉で心と身体を癒す
  2. 厳選食材を生かし手作りにこだわった料理
  3. 利用シーンや人数、目的に合わせて選べる客室

1.世界屈指のラジウム温泉で身体を癒す

「湯に浸かり、3日目の朝を迎える頃には病が消える」という由来を持つ、歴史ある三朝温泉。旅行はもちろん、療養目的の湯治としても親しまれており、浸かるだけでなく、飲泉や湯気を吸うことでも効果が期待できると言われています。

館内のお風呂は、3本の自家源泉かけ流しで大浴場と露天風呂を備えた「お薬師さま乃湯」と10名程度が入れる貸切風呂「真珠の湯」の2種類。お薬師さま乃湯は朝・晩で男女入替制となっており、湯めぐりを楽しめます。

2.食材を生かし手作りにこだわった料理

食事処は、純和風の個室料亭「花筏(はないかだ)」と黒を基調にした和モダンダイニング「翡翠桟敷(かわせみさじき)」の2ヶ所。

料理長が厳選した月替わりの料理をはじめ、一品一品すべて手作りの会席料理が楽しめます。お米にもこだわりがあり、2年連続で特A評価を獲得した三朝産の「きぬむすめ」を朝食と夕食で味わえます。

また冬には、日本海を代表する「松葉カニ」を楽しめるプランもあります。

3.人数や目的に合わせて選べる客室

客室タイプは、10畳の和室で部屋食も対応可能なスタンダードタイプの「華翠苑(かすいえん)」、有形文化財の三朝大橋を眼下に眺めるハイグレードな客室「高千穂」、三朝大橋・三徳河を一望でき、和室とリビングとベッドリームを備えた「プレミアムスイートルーム」、天然温泉かけ流しの半露天風呂付き客室「雅suite」の4つがあります。

旅行の利用シーンや人数、目的に合わせてお部屋を選べます。

三朝薬師の湯 万翆楼のおすすめプラン

三朝薬師の湯 万翆楼へのアクセス

src=

■住所
 〒682-0122 鳥取県東伯郡三朝町大字山田5
■電話番号
 0858-43-0511
■電車でのアクセス
 JR山陰本線 倉吉駅よりタクシーで約15分
■車でのアクセス
 中国自動車道 院生ICより約1時間
 中国自動車道 湯原ICより約50分
■送迎
 送迎(送り):あり
 送迎(迎え):あり(JR倉吉駅)
 ※駅到着に合わせ1名より迎え可、要事前連絡
■駐車場
 あり

三朝薬師の湯 万翆楼周辺の観光スポット

中国庭園燕趙園 (ちゅうごくていえんえんちょうえん)

鳥取県と中国河北省の友好のシンボルとして建設された日本最大級の中国庭園。毎日三回、本場の中国雑技ショーを開催しています。大好評のチャイナドレスレンタルはベビー用から女性用、男性用まで200着以上取り揃え。近隣には中国風の内装を施した道の駅や本格的な中華料理が楽しめるレストランもあります。日本にいながらも、“中国”をとことん感じられるスポットです。

  • 鳥取県東伯郡湯梨浜町
  • 入園料/個人:大人500円 小中学生200円/10名様以上:大人450円 小中学生180円/20名様以上:大人400円 小中学生160円 (2019年8月15日現在の情報です) ※道の駅の入園料金は無料です。
  • 開園時間/9:00〜17:00(16:30 最終入園)
  • 休園日/1、2月の第4火曜日(祝日の場合は翌日)
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/鳥取県東伯郡湯梨浜町引地565-1
  • お問い合わせ/0858-32-2180

打吹公園・ほどき紙 (うつぶきこうえんほどきがみ)

天女伝説の残る打吹公園の羽衣池に、叶えたい思いを『ほどき紙』にしたため、そっと水に浮かべます。紙が溶ければ過去も水に溶け、そこから新しい自分の始まりです。

  • 鳥取県倉吉市
  • 料金/ほどき紙:400円(2019年8月27日現在の情報です)
  • 販売所営業時間/赤瓦一号館(倉吉市新町1)9:00~17:00、倉吉白壁土蔵群観光案内所(倉吉市魚町2568)8:30~17:00
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/鳥取県倉吉市仲ノ町(打吹公園 羽衣池)
  • お問い合わせ/0858-22-1200(倉吉白壁土蔵群観光案内所)

倉吉線鉄道記念館 (くらよしせんてつどうきねんかん)

昭和60年3月に廃線となった旧国鉄倉吉線の打吹駅跡地にあり、記念館横には当時活躍したSL機関車の展示もあります。

  • 鳥取県倉吉市
  • 入館料/無料
  • 営業時間/9:00~17:00 ※年中無休
  • アクセス/バス利用:倉吉駅より市内線で約12分、赤瓦・白壁土蔵下車、徒歩約3分
  • 所在地/鳥取県倉吉市明治町1012-7
  • お問い合わせ/0858-26-1375(株式会社エバークリーン)

倉吉白壁土蔵群 (くらよししらかべどぞうぐん)

玉川沿いには江戸、明治期に建てられた赤い石州瓦に白い漆喰壁の建物が多く並び、当時の面影を見ることができます。

  • 鳥取県倉吉市
  • 料金/無料
  • 営業時間/24時間見学自由
  • アクセス/米子自動車道「湯原IC」「蒜山IC」より車で約40分/JR倉吉駅より路線バス市内線で約12分、赤瓦・白壁土蔵下車、徒歩約5分
  • 所在地/鳥取県倉吉市新町1丁目、東仲町、魚町、研屋町周辺
  • お問い合わせ/0858-24-5371(一般社団法人 倉吉観光マイス協会)

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る