自然あふれる伊豆大島への旅

伊豆大島は、東京から一番近い島。竹橋から出ている高速ジェット船なら約1時間40分でアクセスできます。実は伊豆大島は、海底からそびえる活火山の陸上部分。噴火の中で生き抜く動植物の姿を見られる場として「ジオパーク」に認定されています。この魅力的な島に旅行してみませんか?

伊豆大島元町港と元町

伊豆大島元町港と元町

伊豆大島観光 3つの魅力

  1. 大自然の息吹を感じるスポット
  2. 伊豆大島 椿花ガーデン
  3. 多彩なビーチ

1.大自然の息吹を感じるスポット

伊豆大島の中央に広がる「裏砂漠」は、黒い砂で覆われた日本唯一の砂漠(写真)。たび重なる噴火により、火山灰が積み重なって形成されました。夏場は黒い大地と青い海とのコントラストが美しいです。

「三原山」は、伊豆大島のシンボル的存在と言える標高758mの活火山。山頂口から火口の展望台までのハイキングルートが整備されています。直径400mの火口を一周する「お鉢めぐり」は大迫力。天気の良い日は富士山や利島も望めます。7合目には「三原山温泉」があり、ハイキング後の日帰り入浴も可能。

2.伊豆大島 椿花ガーデン

島内には、「国際優秀椿園」として認定された椿園が3ヶ所もあります。その中の一つ「椿花ガーデン」は、約15万㎢の広大な自然林を持つ観光スポット。椿はもちろん、アジサイを中心とした季節の花々を楽しめます。

園内には富士山を見わたせる芝広場のほかに、ゴーカートやパターゴルフ場、うさぎと触れ合える「うさぎの森」などの施設があります。オリジナルのスイーツは、焼きたての牛乳煎餅と饅頭が好評。入港地からバスに乗れば、7分でアクセスできます。

3.多彩なビーチ

伊豆大島では、本州にない透明度のビーチが待っています。

トウシキ海水浴場は島の南端にある遊泳場。地元の子供たちにも人気がある岩場のビーチで、まるで秘境に紛れ込んだような気分を味わえます。東北部にある「秋の浜海水浴場」はダイバーにおすすめのスポット。こちらも岩場のため海の透明度が高く、魚の様子を思う存分眺められます。

岡田港の近くにある日の出浜海水浴場(サンビーチ日の出)は波の静かなビーチ。お子さまの水遊びにも適しています。

伊豆大島観光におすすめのツアー

伊豆大島の宿泊施設

伊豆大島へのアクセス

src=

■住所
 東京都大島町
■船でのアクセス
 竹芝客船ターミナル(東京都)より
 高速ジェット船で1時間45分
 竹芝客船ターミナル(東京都)より客船(夜行便)で約6時間
 熱海港(静岡県)より高速ジェット船で45分
■飛行機でのアクセス
 調布飛行場(東京都)より25分
■島内の交通
 路線バス、レンタカー、レンタバイク、レンタサイクル

椿花ガーデンへのアクセス

src=

■住所
 〒100-0101 東京都大島町元町津倍付41-1
■電話番号
 04992-2-2543
■バスでのアクセス
 大島バス 椿花ガーデンバス停より徒歩すぐ
■駐車場
 あり

伊豆大島の観光スポット

千波地層切断面 (せんばちそうせつだんめん)

三原山の噴火で降り積もった火山灰などが幾重にも重なってできた、長さ800メートルにわたる地層断面。

  • 東京都大島町
  • アクセス/元町港から東海汽船バスセミナー入口行きで約20分、「地層断面」下車すぐ、または車で約15分
  • 所在地/東京都大島町野増字
  • お問い合わせ/04992-2-2177(一般社団法人 大島観光協会)

海鮮茶屋 寿し光 (かいせんちゃや すしこう)

大島名物の青とうがらしを効かせたタレに漬けこんだ、白身魚のにぎり寿司(べっこう寿司)は自慢の一品。お寿司以外のメニューも豊富なのでファミリーにもおすすめです。

三原山 (みはらやま)

標高758mの活火山。1986年以来火山活動が沈静化しているので火口周辺まで近づくことができます。直径300mの噴火口を一周する「おはち巡りコース」は大自然が生んだ絶景を間近で観られるのでおすすめです。

  • 東京都大島町
  • アクセス/元町港から(三原山ライン・登山バス・三原山山頂口行き)約36分、「三原山山頂口」バス停下車すぐ
  • 所在地/東京都大島町
  • お問い合わせ/04992-2-2177(一般社団法人 大島観光協会)

波浮の港・筆島 (はぶのみなと・ふでじま)

数十万年以上前の古い火山の中心にあった硬い岩が、周りを波に削られて尖った形になりました。

  • 東京都大島町波浮港
  • アクセス/大島波浮港ライン「大島町陸上競技場」下車、徒歩約17分。「元町港」~「大島町陸上競技場」所要時間42分。岡田港からの場合は元町港で乗り換え、所要時間約70分
  • 所在地/東京都大島町波浮港
  • お問い合わせ/04992-2-2177(一般社団法人 大島観光協会)

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集